イメージ画像

堂入り

□□□□
去る10月21日、比叡山で星野圓道師という32歳の若い修行僧が「堂入り」という行を満行したというニュースが新聞やテレビで報道されました。星野師と面識はありませんが、その名前からすると私の小僧時代の先輩だった光永覚道師のお弟子さんだろうと思います。

□□□■
「堂入り」とは12年がかりで行う千日回峰行の中に組み込まれているイベント(わかりやすいようにあえてこう表現します)の一つで、9日間の間お堂にこもり、飲食および睡眠を一切とらず、ひたすら不動真言(ナウマクサマンダバサラナンセンダンマカロシャナソワタヤウンタラタカンマン)を唱える(その回数は十万回)というものです。普通の人間がいきなりこんなことをしたらおそらく命を落とすでしょうが、千日かけて行うこの荒行ではそれを実行できるようになってしまうのだから、人間の能力のすごさとしか言いようがありません。

□□■□
千日回峰行は私の師匠の内海俊照師が戦後8人目(その師匠の叡南覚照師は3人目)、その後に酒井氏、光永覚道師、私が小僧時代一緒に過ごした先輩の上原行照師が11人目、一人置いて今回の星野氏ということになり、60年間でわずか13人しかこの行を修めた人はいないのです。

□□■■
もう30年ほども前となりますが、私の師匠の内海俊照師が「堂入り」をされた時のことを思い出しました。もしかすると命を落とすかもしれないという危機感とピリピリした緊張感が寺全体に漲っていました。「堂入り」前には大勢の僧侶が集まり、それまで見たことのないような御馳走をふるまわれます。おそらくこれが生き葬式といわれる別れの儀式だと思います。生還できるかどうかわからないので「堂入り」前に生きたまま葬儀を行うというものです。

□■□□
当時学校に通っていた小僧は、学校へ出かける前、および戻ったとき師匠に挨拶するのが日課でした。師匠がいる居間の襖の前で正座して「失礼いたします」と声をかけ、返事があってから襖をあける。そして朝は「学校へ行かせていただきます」、戻ったら「ただいま帰りました」とご挨拶する。もちろん、食事の前には皆でそろって「お食事頂戴いたします」風呂に入るときは「お風呂頂戴いたします」と、何事につけて報告をすることを義務付けられていました。

□■□■
この習慣は、師匠が堂入り中も行われました。といっても私の覚えている限り登校前の挨拶だけだったと思いますが。いつもの居間ではなく、師匠がこもっているお堂の一室でご挨拶をします。すると、日々弱っていく師匠の様子を否応なく目にすることになります。後半はほとんど声が聞き取れず、そばに付いていた小僧頭が伝言のように師匠の言葉を私たちに伝えました。その様子を見ているうちに、もしかしたら本当に命を落としてしまうのではないかとみなが感じていたと思います。登校の挨拶の時に師匠が私たちに何を言ったかは覚えていませんが、しっかり勉強してこいといったようなことを言われていたような気がします。本当なら師匠に対して「頑張ってください」などと励ましの言葉をかけるのが普通かもしれませんが、比叡山での師匠と弟子の関係では、そのようなことを言えば「生意気なことを言うな」と一喝されるに決まっているので、我々はただ頭を垂れるのみでした。

□■■□
堂入りが最終日を迎え、「出堂」というお堂を出る儀式が完了したときは、その様子を見守りにきた大勢の信者さんたちと一緒にその無事を喜んだものでした。行き合う信者さんに心から「ありがとうございました」と挨拶したことを覚えています。

タグ

休み

社内行事により休み。

タグ

企業理念3 – 企業風土

今年入社した新人向けに会社の経営理念(その3-企業風土)についてお話します。内容は2005年10月27日に話したものと同じです。

■□■

これだけではブログとしてつまらないので、話題として寺での食事について述べます。

企業風土の中で述べているように、何といっても三度三度食事ができることはこの上なく幸せで感謝すべきことであります。比叡山では毎回食事の前に「食前観(しょくぜんかん)」、食事の後に「食前観(しょくごかん)」という言葉を皆で暗誦します。

―食前観―
我、今幸いにして仏祖の加護と衆生の恩恵によりてこの清き食を受く
謹みて食の来意を尋ねて味の濃淡を問わず
謹みてその功徳を念じて品の多少を選らばじ

―食後観―
我、今この清き食を終りて心豊かに力身に満つ
願わくばこの心身を捧げて己が業にいそしみ
誓って四恩に報い奉らん

平易な言葉なので、お経と違って内容はわかりわすいと思います、まさに「食」というもののありがたさを表しています。「食」を得られたことの喜びと感謝と、それに報いるための決意を述べているわけです。この「食」を「職」に置き換えると私たちの会社の企業理念と一致します。

しかし私も生身の人間ですから、実際に寺で生活しているとそうとも言えないこともあります。普段のおかずは、たいがいヒジキや切干大根、おからなどが中心です。おからは1日経つとかなり腐臭がして、食べるのがつらかったですね。だから、申し訳ないけれど今では好んでヒジキ、切干大根、おからなどは食べたいと思いません。

学校へ持っていく弁当は自分たちで作りますが、いわゆるドカベンにご飯をみっちりつめて、おかず箱の中にはこれまたヒジキがみっちり詰まっているといった具合です。ヒジキも人参、油揚げ、豆などが入っていればまだしも、一面真っ黒にヒジキだけがおかず箱に敷き詰められているので、それを覗き見た同級生にひどく気の毒がられておかずをわけてくれたりしました。

台所の土間には大きなかまどがあり、窯に入れた白米をこのかまどを使ってマキで炊きます。ちなみにかまどのことは普段はオクドサンと親しみを込めて呼ばれ、なぜかオクドサンの上に包丁などの刃物を置くことはタブーでした。
マキで炊いたご飯ということでお客からは喜ばれますが、我々が口にするのは前日の残りだったりすることもままあり、夏場などはすぐに悪くなり、においが発生します。しかし、先輩がたからは「コメは腐ってもあたらへん」といわれ、みそ汁などをかけて腐臭が気にならないようにして食したものです。

さすがにこれはきついと思ったのはお堂からの「お下がり」です。お堂には食事をお供えしますが、毎日護摩をたくのでお香や護摩木の燃えた煙などが充満し、それらのにおいがお供えにしみ込みます。お堂から下げられたお供え、つまり「お下がり」は捨てることなく我々が食すのですが、お香の香りがしみ込んだ食事はとても強烈な味わいで、一気に食欲が失せるとともにこみあげてくるものがありました。特に、高野豆腐は性質上香りを存分に吸収するので、この世のものとは思えないその味を、一生忘れることはないでしょう。

タグ

最近気に入ったもの – Firefox+ツール類

タブブラウザのFirefoxを使うようになってだいぶ経ちますが、Firefoxをただ初期インストール状態で使うのではなく、さまざまアドインを組み込んで仕事に役立てることができます。

そこで大いに助かっているのがWeb DeveloperFirebug(日本語版はこちら)です。

HTMLにちょっと修正をしたら全体のレイアウトが微妙にずれたりすることがあります。たとえばそれがテーブルのレイアウトに関連するときは、Web Developerでテーブルのアウトラインを表示してどのようにレイアウトされているのかをガイドラインで表示してくれます。
さらに、各要素がCSSでどのような設定となり、それを変更したらどうなるかはFirebugで簡単に確認できます。

これらは機能のほんの一部ですし、私自身まだ使いこなせているわけではありませんが大変に便利なツールです。FirebugはJavascriptのデバッグにも大いに役立ちます。

こういったツールが無償で使える今の時代に感謝します。

タグ

最近気に入ったもの – はじめに

ここのところ社内のスピーチでは以前に話したものを繰り返しているので、すこし別の切り口で書いてみます。

日頃仕事をしていると、ソフトウェアやPC用品、文房具などで「これはいい」と思うようなものを見つけることがあります。そこで、以下の理由からこれらをブログで紹介してみます。

・せっかく見つけたものを人にも紹介したい
・もっと良いものがあれば教えてほしい
・時間がたつと自分自身がその存在を忘れてしまうので備忘録として

タグ

企業理念2 – 個人の尊重と利益

今年入社した新人向けに会社の経営理念(その2-個人の尊重と利益)についてお話します。内容は2005年10月11日に話したものと同じです。

タグ

このページの先頭へ