【2010年5月31日の朝礼でのスピーチより】

□□□□
2010年5月28日は日本でこれまで発売延期になっていたiPadが売り出される日です。
iPadに興味はありましたが、あわてて買う必要もないのでいずれ手に入れられればと思っていたので予約もしないでいたのですが、急に仕事で必要となり購入しなければならなくなりました。

□□□■
その時点ですでに27日、発売の前日となっていました。夕飯を食べながらカミさんに、明日からiPadが発売となるので、町でたまたま売っているのを見たら購入しておいてと伝えておきました。

□□■□
翌28日、昼過ぎにカミさんから電話が来ました。「池袋のヤマダ電機で売ってるよ」とのこと。人は並んでいるけれどもせいぜい20人程度で、店員に聞いて
も手続きに30分くらいかかるが入手は可能だという話。続いて送られてきた写メールには、iPadのWi-Fi、3Gの全種類で在庫がありますとの店の看
板が映っていました。「なんだ、いつでも買えそうだし慌てることはないな」と思い、どの機種にするかも決めていなかったのとカミさんに任せて話がややこし
くなるのも嫌なので明日でいいやと買わずに置きました。テレビで派手に行列が映し出されていましたが、やらせだったのかなと感じていました。

□□■■
翌29日、11時ころに子供を連れてのんびりと大井町駅前のヤマダ電機に散歩がてらに出かけたところ、iPad売り場はなにやら閑散とした様子。店員に聞
くとすでに在庫はなく、予約なら受け付けるという。予約すると次回入荷はいつごろ?と聞くと、「7月になります」との答え。「しまった!」。やっぱり品薄
だった。やっぱりあの人気はやらせではなく、昨日のうちに在庫が完売してしまったようです。こうなると、昨日のうちにカミさんに買っておいてもらえばよ
かったと急に後悔し始めます。

□■□□
さて、無いものは無いでしょうがない、あきらめようと思いましたが、そう思いつつもどこかで売っていないかとネットを検索しましたが、どうもこれという情
報はありません。この日は、間近に迫った自宅の引越しのために川崎のニトリに行くことになっていたので、途中で川崎駅前の家電量販店をのぞいてみることに
しました。川崎ラゾーナ内にあるビックカメラでは既に売り切れですと言われ、そのままヨドバシへ。売り場に行くと店員が、「3Gなら多少在庫はあります」
とのこと。ちょっと心が動いたが、3GタイプにはWi-Fi機能が無いので、電話契約を解除したらネットワークが使えなくなるということで断念。店員さん
も、皆さんそういうことでWi-Fiをご希望なのでどうしてもWi-Fiの方が品薄ですと教えてくれました。

□■□■
カミさんと子供を連れてニトリへ。すると、店の隣にケーズデンキが新規オープンしているではありませんか。これぞまさに天の配剤。昨日ネットで調べたとき
に、iPad取り扱いの量販店の中にケーズデンキも含まれていたことを思い出しました。これこそ穴場と思い、子供を連れて店内へ。新規オープンの目玉商品
などには目もくれず、一目散にPC売り場へ行くものの、そこには「当店ではiPadの取り扱いはしておりません。」との看板が貼られておりました。がっか
りしながらもオープン記念のスタンプラリーで店内を子供と一緒に回り、おもちゃと風船をもらって子供だけは大喜びでした。癪なので目玉商品のワゴンを見渡すと、2GのUSBメモリが500円程度で売られており、おひとり様1つ限りと書かれていたのできっと安いのだろうと思い、1つ購入して一応戦利品を獲得
しました。

□■■□
30日の日曜日、長女が合唱の発表会の日なので、朝9時半に五反田へ連れて行かなければなりません。彼女はリハーサルがあるので私はいったん家に戻ること
にしていました。渋谷息のバスに乗れば10分程度で着く距離ですが、今日は荏原神社のお祭りでバスはいつものルートを迂回して運行しています。カミさんが
言うには仙台坂のバス停に臨時停車するはずだからということで、バスを待ちましたがそれが間違いで乗りそびれ、時間が無いのでタクシーで連れて行きまし
た。どうもバスがいつも通りではないので、どうやって帰ろうかと思案、JRを使えば今からだと大井町に丁度10時ころ、つまりヤマダ電機のオープン時間に着きそうです。なので、もう一度店をのぞいて予約だけでもすべえと電車に乗りました。

□■■■
駅前のヤマダ電機はオープン直後でまだ客もまばら、4階のPC売り場でiPadの窓口へ向かいます。店員に、予約したいけれど、予約した後でたまたまどこ
かの店で売っているのを見つけて購入しちゃった場合、キャンセルは効くのかどうか尋ねました。この時点で私の頭は予約のことしかありませんでした。しかし、店員がどの機種をご希望ですか?と聞くので、Wi-Fiの16Gですけど。と答えながら、「ああ、Wi-Fiは品薄でして、”今年中”は難しいです
ね」とかいうのではないかと予想していたら、意外な答えが。「丁度先ほどご予約のお客様からキャンセルが入りまして、1台でしたらご用意できます」とのこと。

■□□□
「Wi-Fiの場合でも本人確認など登録作業が必要でして、お待ちになっているお客さまもいらっしゃいますので30分から1時間ほどお時間がかかると思い
ますがよろしいでしょうか?」と聞かれましたが、今日中に手に入るのなら何も依存はありません。即座に「お願いします。」と答えました。

■□□■
こうして、ようやくというか、すんなりiPadが入手できたわけですが、その手続きにはちょっと疑問を感じます。やたらと同意事項の確認が多く、サインや
運転免許証などによる本人確認が必要で、30分くらいかかってしまいます。もちろん、3Gタイプならば携帯電話の購入と同じことなので、それなりに時間が
かかるのは分かりますが、Wi-Fiならば買い物かごに入れてレジで代金を払って終わりでよいと思うのですが。

■□■□
これらの持って回った面倒な手続きは、なんだかApple教に入信し、スティーブジョブズを教祖として崇めますかという誓約を、聖書に手を載せながら宣誓
させられているような気分でした。厳かな儀式を行い、「お前は世界を変えるツールを使う準備ができているのか」?、「そのありがたみを理解し、感謝してい
ますか?」、「ならば汝にこれを与えよう(売ってやろう)」と言われているようでした。

■□■■
もしかすると、このように手続きに時間をかけることによりiPadを求める人の行列がいつまでも続くことで宣伝効果を狙っているのではと勘繰りたくなりま
す。Windows95の発売の時(古い話ですが)に、こんなことをやっていたら大変なことになっていたでしょうが、AppleはiPadをコーンフレー
クのようにかごに入れてさっさと持ち帰られるのを避けたいようです。

■■□□
家に帰ってなんとなく勘で家のPCにUSB接続して使い始めようと思いましたが、iTunesでApple
IDを登録しないといけないようです。登録には自分のメールアドレスを使うのですが、個人利用の場合はいいでしょうが、私の場合は会社で使うので困りまし
た。自分のメールアドレスを入力するとそれはすでに登録されていますとなる。そこでそのまま自分のアカウントで登録を進めると、自分のPCのiTunes
コンテンツがiPadに同期され始めました。志ん生師匠の名演がそのまま会社で使うiPadに入っていくのを見て「ああ、やめて」と思いましたが、どうや
ればまっさらなIDで利用し始められるのかわかりません。

■■□■
iPad、電源を入れた後どうやってスタートするのかまったくわかりませんでした。画面は表示されるものの、下の方にあるボタンアイコンを押してもウンと
もスンとも言わず、しばらくするとスリープしてしまいます。翌日、会社でMac使いに教えてもらってガックリ。そのボタンは押すのではなく横にスライドす
るのでした。Macを使っていない人間からするとこんなことでも悩みます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll to Top