イメージ画像

下働きと徴兵制を考える 2/2

【2010年4月26日の朝礼でのスピーチより】

□□□□
まあ、強制的に兵役を課す徴兵制はいまどき不可能でしょうが、もう少し違った形で若い人を鍛える場があってもよいのではと思っています。今の日本では学生
を評価する基準が学校の成績だけになっており、学業に興味が無かったり勉強が苦手だったりする学生はどうしても受験競争、就職競争に負けてしまいます。そ
うした学生でも、志願して自衛隊で下働きするとか、社会のためにボランティア活動をするとかいう体験をすれば、一定の単位を貰って就職に有利になるという
制度があればよいと思います。

□□□■
私はもちろん軍隊生活をしたことはありませんが、高校生の3年間を比叡山の寺で小僧としてこき使われ、ときには鉄拳制裁を受けながら生活した経験から、若
い人は一度くらい底辺の生活や人の嫌がる下働きを経験すべきであると思っています。私は小僧の時にごみや糞尿を処分することや、人の死体を担いだりもしま
した。三度三度の食事を作るのはあたりまえ、それも自分で木を切り出してまきを作り、かまどで飯を炊いたのです。そうした経験をすると、公共心というもの
が育ちます。

□□■□
親から食事を与えられ小遣いをもらい、なんとなく無目的に暮らしていると時として十代のエネルギーはおかしな方へ向いてしまい、学校のガラスを割ったりす
ることがかっこいいと勘違いしたり、自分を庇護してくれている親や家族を憎しみの対象としたりするようになるのです。勉強が好きで、充実した学生生活を送
れる人は幸せですが、学校での生活がなじめない人は、他に行く場が無くて苦しみます。そんな人は、社会のために最貧国といわれるような国へ行って、水くみや道路直しでも手伝えばいいのです。そうすれば、何の価値もないと思っていた自分が他人の役に立てるということを知り、勉強がすべてではないという多様な
価値観を身につけることもできるはずです。

□□■■
日本と韓国を比較したときに、日本には「徴兵制」がないから若者がだらしないなどと単純に考えているわけではありませんが、このままでは自分の国も自分で守れない、自分の家族を食わせることもまともにできない、そんな日本人が増え続けていくように思います。

□■□□
しかしながら、最近の韓国では兵役も以前と比べて随分とマイルドになっているようです。新聞(産経新聞22.4.17)によると、世論を意識して厳しさよ
りも楽しい軍隊生活をPRしているとのこと。この間沈没した軍艦では、兵隊たちが携帯電話を使って家族やガールフレンドと比較的自由に通話をしていたそう
です。軍務についている兵隊がこのように外部と勝手にコミュニケーションをとるというのは世界的な軍人の常識では考えられないとのことです。韓国のそうし
た「ゆるみ」というのは、日本にとっては巻き返しのチャンスとなるのかもしれません。敵失をチャンスと見るのは情けない限りですが。

タグ

下働きと徴兵制を考える 1/2

【2010年4月19日の朝礼でのスピーチより】

□□□□
私が参加しているNPOの定例会議で、エレクトロニクス産業において韓国が日本を圧倒しているという話題が出ました。日本のエレクトロニクス製品が世界を
席巻していたのはすでに過去の話で、液晶テレビでも白物家電でも世界シェアでみると日本はすっかり韓国にやられてしまっています。

□□□■
薄型テレビでは韓国のサムスンが23%で首位、ソニーが2位で12%ですが同じく韓国のLGがソニーと同じ12%で3位、液晶パネルはサムスンが29%で
首位、LGが24%で2位、シャープはわずか10%で5位、半導体はインテルが14%で首位、サムスンが8%で3位、東芝が5%で3位、携帯電話に至って
は、5位以内にはかろうじてソニーエリクソンが5%で4位となっている状態です。(大和証券)

□□■□
かつての日本の強さを忘れられない人は、韓国製品は日本の技術を盗んだだけだとか、ものまねだとか言ったりしますが、独自技術がいくら優れていてもシェアが取れないということは、販売戦略や国を挙げた支援体制などにおいて後れを取ってしまっているということでしょう。

□□■■
NPOの定例会で、なぜ韓国はそれほど競争力を持っているのかという点について、誰かが言いました。「それは徴兵制があるからだ」と。これは、私のも常々
思っていることでしたので、まさにわが意を得たりという意見でした。つまり、韓国では18歳になると2年ほどの兵役が義務付けられており、軍隊で厳しく鍛
えられることにより国防意識や愛国精神などが醸成されて人間的に一本筋が通った大人になって社会に戻ってくるということです。

□■□□
こうした若者たちが猛烈な勢いで韓国の産業を発展させていくのに対し、日本ではゆとり教育とか個性を大切になどと学校でも家庭でも甘やかされて育っているので、とても韓国の若者に対して太刀打ちできないというのが、大方の意見でした。

□■□■
「徴兵制度」というと、とても危険なもののようにとらえられがちであり、仮に「日本にも徴兵制を導入しろ」などというと、すぐに右翼だとか戦争を肯定して
いるなどと非難されそうですし、政治家がこのように発言したらあっという間に政治生命が終わるでしょう。しかし、若い人がある期間、肉体的にも精神的にも
厳しく訓練される経験をするということは、悪いことではないはずです。兵隊に行くというとすぐに人を殺しに行くなどと短絡的にとらえられがちですが、現代
社会においては軍隊とは、決して殺人集団ではないと思います。

□■■□
軍隊の役割としては他国と一戦交えるなどということよりも、国内外の被災地への救援活動や、後進国での平和維持活動など、人々の生命を守るために活動して
いることのほうが主要な任務であるといえます。そうした環境の中で働くことにより、自分の力が人々の助けになり、ひいては自国が他の国の人々から尊敬され
ることになり、自分自身が国を守っているのだという自負と自信を得ることができる可能性があります。

□■■■
中にはこのような組織になじめず、ただ悲惨な体験として軍隊恐怖症になる人もいるかもしれませんが、学校でいじめにあい自閉症になったり自殺する子供たちがたくさんいることを考えると、軍隊生活がことさら人をダメにするとは言い切れないように思います。

タグ

アレがないから症候群

【2010年4月12日の朝礼でのスピーチより】

□□□□
この仕事をしていると、組合や会社を運営しているお客さんから、メーリングリストやホームページを作りたいという話をいただくことがあります。
新しい取り組みに燃えているこうしたお客さんからは、期待と意気込みが感じられます。しかし、実際にシステムが出来上がり、環境が整ってしまうと、そのとたんに利用しなくなるということを何度か経験しました。

□□□■
メーリングリストや掲示板ができても、ほとんど利用しない。ホームページを開設してもほとんど更新しない。何となく見えてくるのは、ある何かを持っていな
いうちは、それがないからアレができない、コレができないと不満を訴えていたのに、いざそれが手に入ると、「いや、思っていたのと違うから」、「時間がな
いから」と別の課題を持ち出してしまうのです。

□□■□
これは私にも身に覚えがあることで、批判するつもりはありません。私の書棚には、これを読めばきっと役に立つと思って買っておきながら、ほとんど目を通し
ていない本がたくさん並んでいます。目新しいおもちゃを見つけて親にさんざんねだって買ってもらったのに、翌日にはもう飽きてしまうという様子に似ていま
す。私には幼い子供が二人いるので慣れっこですが。

□□■■
良くコンな言い訳を聞きます。
・規約が決まっていないから活動できない
・ノウハウがないからチャレンジできない
・こんな時代に生まれて不幸だ

□■□□
病院に行くとやたら自分の病気を自慢する人がいます。何回手術したか、これまでに何針縫ったか、どれだけ重篤だったかなどを競うのです。健康な人間からし
てみると異様な世界です。おそらく塀の中、つまり刑務所では「オレは通算10年くらい込んだ」とか、「オレは強盗殺人未遂」、「オレなんかは二人殺した」
とか物騒な自慢が交わされているのではないでしょうか。

□■□■
人間は、自分が持っていないものを見つけ出すのが得意です。そして、自分の欠点や達成できていない目標は、あれが無いから、これが無いからと理由付けをするものです。
日頃、金さえあれば幸せになれるのに、といっている人が仮に宝くじで1億円を当てたとしても、恐らく幸せにはなれないばかりでなく、とんでもない不幸を背負い込むかも知れません。なぜなら、元々幸せになる心構えができていなかったからです。

□■■□
人生はマラソン競技のようなものですが、スタートして走り出すよりも、「よーいどんの合図がかからないから走れないんだ」といっていつまでも行動を起こさ
ない人がいます。自分で走り出すきっかけを作る、つまり自分に「よーいどん」を言ってあげないと、だれも「よーいどん」を言ってはくれないものです。何か
のせいにして行動を起こさない人、愚痴だけを言っている人は、実際は自分自身で何もしないことを決め込んでいるのです。ですから、アレがない、コレがない
といって立ち止まっている人に、じゃあ手伝ってあげるよといってその障害を取り除いてあげたり、得たいと思っているものを与えてあげても、かえって恨まれ
るのがオチです。

□■■■
昔ある会社でSEとして働いていたときにこのようなことがありました。
後輩にWさんという女の子がいました。まだ22、3歳くらいのちょっとヤンキー系のお姉さんでしたが、とても愛嬌のある素直な子でした。その彼女とは別の
プロジェクトでしたが、席が近かったので何かとよく話しをする仲の良い関係でした。あるとき、彼女が元請会社との打合せから戻ってくるなり、ふくれっ面で
不平不満をぶちまけておりました。聞いてみると、仕様がいつまでも決まらないとか、約束した資料を出してくれないとかで、この業界では良くあることでし
た。

■□□□
それを聞いて、私は彼女の困っている状態を何とか解決してやりたいと思ってしまったのです。(よせばいいのに)
そこで、一体何が問題で、優先順位はどうなっていて、いつまでに何がないとどうなるのかと言ったことをヒアリングしました。そうすると、さっきまでエキサ
イトしていた彼女のテンションが見る見る落ちていったのです。さっきまで息巻いていたのは何だったのだと思いつつも、さらに話を進めました。

■□□■
ヒアリングの結果、まずはある資料が今週中に手に入ればよいと言うことが分かりました。私はその元請けの担当者とは親しかったので、今から電話して頼んで
あげると申し出ると、何故か彼女は激しく首を振って「そこまでしなくていいです」と懇願してきた。私は、「何を言っているんだ、これがないと困るんだ
ろ?」とそんな彼女のことは無視して電話しました。電話している間中、彼女は別の同僚になにやら訴えており、そのうちに泣きだしました。電話が終わると、
彼女は泣きべそ顔で「ありがとうございました」と他人行儀に私に礼を言いましたが、どう見ても感謝している顔ではありません。それ以来、彼女は以前のよう
に私に寄ってこなくなりました。彼女にとって私はとても余計なことをしてしまったようです。

■□■□
ちょっと前に男の脳と女の脳は構造が違いというような本を読んでなるほどと思いました。その本によると、男は問題解決志向で、女性は問題共有志向であると
いうようなことが述べられております。つまり、あのとき彼女は問題を解決して欲しいわけではなく、自分の境遇を誰かに話したかっただけだと言うことです。
これは別に男女の違いがどうこうというより、TPOの問題でしょう。会社で仕事をしているときは問題解決志向、喫煙室で雑談しているときは問題共有志向、
そんな感じでしょうか。私には女心が分かっていなかっただけと言うことです。

■□■■
人は、あれがないこれがないと愚痴るのが好きなのです。グチをこぼしていることを、問題を抱えて困っている人と勘違いして手をさしのべないようにしましょう。
井戸端会議で、旦那の稼ぎが悪いとか子供のできが悪いとか姑の意地が悪いとか、そのようなレベルの話には、ただ単に大変だねーと聞いてあげるのが良いようです。

でも、「人生にリハーサルはない」ので、不格好でも何でもとにかく走りだしましょう。

タグ

家族旅行

家族旅行

□□□□
先週は子供が春休みなのでお休みをいただいて家族で沖縄旅行に行ってきました。一昨年の11月に社員旅行で行きましたので、2回目の沖縄です。前回と同様
那覇に滞在したのでだいぶ勝手は分かっており、スムーズに過ごせました。滞在中の三日間は少し風が冷たいものの晴天に恵まれ、子供たちも大喜びでした。

□□□■
前回の社員旅行の時は11月だったのでさほど人出は多くなかったのですが、今回は春休みということでしょうか、初日、日曜の夜の国際通りのレストランはど
こも満席で、予約もせずに出かけたので店を見つけるのに一苦労でした。子供はおなかがすいたと言って騒ぐし、最初に断られた店がステーキ屋だったので、子供はすっかりステーキを食べる気になっており、選択肢が絞り込まれてなかなか店が見つけられませんでした。店の客引きのお兄さんと交渉して、ようやく20
分待ちで店に入り、目的のステーキが出てきたときには、下の娘は空腹のまますでに深い眠りに入っておりました。

親は苦労してあれこれ見せてやろうと、地元の料理が食べられる民謡居酒屋とか、ちゅら海水族館とか予定を組みますが、5歳と8歳の子供にとっては、そんな
ものよりホテルのプールで泳いだり、水族館よりもその横にあるフィールドアスレチック公園で遊ぶことのほうがよっぽど楽しいようです。

□□■□
子供にとっては、飛行機に乗ること、泳ぐこと、アイスを食べること、おもちゃを買ってもらうことが第一で、沖縄という地に対して何の思いも驚きもないよう
です。牧志公設市場で沖縄そばを食べさせようと思いましたが、下の娘は市場に入るなり鼻をつまんで臭いだの気持ち悪いだの言って、結局何も食べませんでし
た。こんな子に育てたつもりはないのですが、残念です。子供は早く市場から出たがったので、市場の2階の食堂に一人取り残された私は、ひっきりなしに客が
並んでいる中、食べ残しの沖縄そば、焼きそば、ガーリック炒飯を一人で黙々と食べる羽目になりました。

□□■■
初日に行ったステーキ屋では、下の娘が早々に眠ってしまったので、国際通りで買い物などをしたいという上の子たちと別れ、私だけ娘を連れてタクシーでホテ
ルに帰りました。そのとき、タクシーの運転手が話してくれましたが、最近は定年退職したシニアの人が移住してくるケースが増えているということでした。気
候が暖かいということに加え、沖縄では花粉症に悩まされることが無いというのも理由の一つだそうです。私も花粉症持ちで、前週は寝ていて鼻が詰まり、誰か
に首を絞められ窒息死する夢を見たものですが、たしかに滞在中は花粉症の症状は出ませんでした。また、うれしいことに沖縄から帰ってきて1週間経ちます
が、かなり症状が抑えられているように感じます。5,6年前に北海道へ行ったときも、花粉症シーズン真っただ中でしたが、北海道滞在中は花粉症の症状が治
まり、帰京後もかなり緩和されたことを覚えています。花粉症のシーズン中に、2、3日花粉の無い土地で過ごすとことは、かなり効果的なのかもしれません。

□■□□
一緒に旅行に行った母が、子供たちに対して私たち親が世話を焼きすぎるということにあきれていましたが、確かに自分の子供のころからみると娘たちは幸せです。私が子供のころは、家族で旅行に行くなどということは数えるほどしかありませんでしたし、遊園地などへ連れて行ってもらったこともありません。それな
のに、娘たちは東京に帰ったら翌日は映画に連れて行ってもらい、金曜日はディズニーランドのホテルでミッキーと一緒に食事だそうです。こんなに色々イベン
トがあると、有難みもないでしょうし、後で思い出してもミッキーと一緒にゴーヤチャンプルを食べたという変な記憶が(チャンプルの意味はごちゃ混ぜという
意味なので、まさに記憶がチャンプルして)残ってしまうでしょう。

□■□■
ホテルでのミッキーとの食事について後からカミさんに子供たちの様子を聞きました。ミッキーやミニーが現れると、最初は喜んでいたようですが、あまりに頻繁にやってくるので、下の娘などは、「また来たよ」といってすっかり飽きていたようです。ディズニーランドの中ではめったに出会えないので、ミッキーを見
つけると皆大騒ぎしますが、それも希少性があるからでしょう。もっとも、私はネズミの出るレストランで食事などしたくありませんが。

□■■□
いずれにしろ、豊かになりすぎてそれに慣れてしまうというのも、子供たちにとって良いこととは言えないように思います。

タグ

このページの先頭へ