イメージ画像

サイパン島慰霊法要

□□□□
今日からまた、毎年夏恒例のサイパン島慰霊法要へ行ってきます。
この慰霊法要は、天台宗の栢木寛照師が主宰する三宝莚によって毎年実施されており、今年は第31回目となります。私自身はこの慰霊法要には第7回から参加しているのでもうすでに20年以上になります。

□□□■
さてこの慰霊法要では、第2次大戦で戦死した多くの軍人、民間人を慰霊するために激戦や玉砕のあった場所において法要を行います。また、先の大戦で多くの尊い命が失われたということ、そうした犠牲の上に現代の我々の平和な社会が成り立っているという事実を若い世代に知らしめようと、新聞で公募した中高生40名ほどを同行します。こうした費用はすべて三宝莚が負担しています。

□□■□
サイパンはグアムやロタなどを含むマリアナ諸島の一部で、元々チャモロ人の住む島であったが16世紀にスペインの統治下におかれました。その後、アメリカとスペインの戦争(米西戦争)によりスペインが敗れると、島はドイツに売却されましたが、第一次大戦でドイツが負けたことにより戦勝国である日本の委任統治領となりました。戦前はサトウキビ栽培などの製糖産業が発展し多くの日本人が移り住み、ガラパンには日本人街も出現し、戦時中は現地人4千人に対して日本人および日本の植民地の台湾人、朝鮮人を含めた人口は3万人だったということです。

□□■■
しかし、日本軍司令部の置かれていたサイパンは、終戦の前年1944年6月に上陸したアメリカ軍の激しい攻撃を受け日本軍は7月7日に全滅し、多くの日本人が集団自決や崖から投身自殺を図り、民間人も含めて日本人約5万5000人が亡くなりました。(毎日新聞より)
このとき玉砕のために多くの民間人が海へ飛び降りた崖をバンザイクリフ(天皇陛下万歳と叫んで飛び降りたので)、同様に高い山の絶壁からも多くの人が身を投げた崖がスーイサイドクリフ(自殺の崖)と呼ばれています。毎年この2か所と、アメリカ軍の艦砲射撃により穴だらけになっている日本軍の司令部跡で慰霊法要を執り行います。

□■□□
悲惨な戦争から65年が過ぎましたが、サイパンに行くと今でも打ち捨てられた戦車や高射砲を見ることができますし、浅い海の底には日本の戦闘機が沈んでいるのを見ることもできます。また、山肌にはまだ多くの艦砲射撃の跡が残されており、まだまだ戦争の傷跡が生々しく残っているのであります。

□■□■
そうした場所を青少年とともに毎年訪れるのが、サイパン島慰霊法要です。私は事前準備があるので本隊よりも1日早く今夜出発して、1週間滞在してきます。

タグ

休み

海の日で休み

タグ

胃カメラ

最近どうも胸焼けすることが多く、気になったので近所のクリニックへ行きました。そして今朝、久しぶりに胃カメラを飲んだ。これで2回目、前回は口から飲んだが、今回は鼻からのやつにチャレンジしました。

全体で1時間もかからずに終了したが、看護婦さんの前振りが面白かった。待合室で待っていると、彼女が私の前へ来てなんか深刻な顔つきで話しかけてくるので何事かと思うと、これから始めるから中へ入れと言うことらしい。「どうぞこちらへ」と一言で済むのに患者を妙に不安にさせる。

その後もまた、「いまから麻酔の薬を鼻に注入します」とか「スティックを鼻に挿入します」などと、一回一回、噛んで含めるような深刻な言い方をするので、少しびびってしまう。こういうことは、作業をしながら事務的にチャッチャッと説明してくれた方が安心です。先日乗ったディズニーシーの「タワーオブテラー」の前振りを思い出しました。

このアトラクション、とにかく大げさ。設定が凝っているのは分かるが、ちょっと行き過ぎじゃないのと思う。「ウドン」とか何とか言うアフリカの偶像が悪さするというお話しが大半で、肝心の乗り物の方はあっという間に終わってしまう。今回の胃カメラも似たテイストを感じさせます。

結局、口よりも鼻の方が楽だという風に聞いていたのですが、鼻からのどを通るあたりで激しく咳き込み涙がこぼれたので、私には前回の口からの方が楽だったように感じました。胃の方も十二指腸も何ともなかったので、とにかくは一安心です。

タグ

2009年7月15日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑記

子供の金銭感覚(子供時代の教訓その2)

□□□□
さて、自分が子供のころを振り返ると、自分の小遣いをどう使うか考えるようになったのはやはり小学校3年くらいからだろうか。毎月いくらという決まった額の小遣いをもらい、10円が10枚で100円、100円が10枚で千円というとても高い金額になるんだ、ということが理解できたころだったように思う。

□□□■
私の子供のころの金銭感覚は、近所の駄菓子屋やお祭りに出店してくるテキ屋のおっさんたちに鍛えられた。通っていた小学校の隣が池上本門寺という大きなお寺で、年に一度のお祭りには日本中の出店が集まったかと思うくらい盛大なものだった。また、そうしたお祭りではないときでも日曜日には山門の中に数件、常連の出店が出ていた。

□□■□
一番手前がウナギ釣り、その次が品の良い老夫婦がやっていた実演販売のべっ甲飴売り、その隣がうんと優しいじっちゃんのおもちゃ屋、一番向こうがベニヤ板の台の上で砂糖菓子を型抜きしてうまくできると賞金がもらえるという店、何屋というのかな。

□□■■
お金がなくても、そこら辺をのぞき見しているだけで楽しかった。べっ甲飴を銅の鉄板の上に絵を描くように見事に形にしていく手際の良さ。普段は相撲の軍配のような形の小物を作っているが、ときどき孔雀などの大物を作る。でもそれはごくたまにしかやらないので、いつ作るのだろうかと焦れながら見守った。

□■□□
おもちゃ売りのおじさんは子供好きで、いつも歌を歌っていた。それが「♪見せてやりたい鉄の兜の弾の跡ー」という、軍歌だかなんだか、戦争で歌ったような歌なのがおもしろい。何かを買うといつもおまけしてくれた。

□■□■
こう書くと、何だかいい人たちばかりのように聞こえるかもしれないが、そんなに甘くない。一番手前のウナギ釣りのおっさんは、いかにもその筋という感じでちょっと怖かった。何かの時に調子に乗って「おっさん、針が落ちているよ」などと言ったら、最初は無視され、二度目にまた言ったら「うるせえっ!」と怒鳴られた。

□■■□
このウナギ釣り、子供相手にあこぎな商売をしていた。ゼムクリップを立体的にしたような針に、いかにも切れやすそうな糸をつけた竿で釣るのだが、ウナギのような大きな獲物を釣るには無理がある。それでも、たまに名人級の腕を持った子がチャレンジして釣れそうになることがある。すると、今まさに引き上げようとしたその瞬間、このおっさんが「ほらっまた釣れた!!」と突然大きな声を出し、同時に手を叩いて脅かすのである。びっくりして手元が狂って獲物をばらすのを期待しているのだろうが、子供相手にこんななことをするのである。

□■■■
また、奥の砂糖菓子の型抜きも油断できない。うまく型が抜けたかどうかの判定が厳しかったりする。型は色々な種類があり、難しいものだと500円、簡単な形だと50円とかにわかれている。私も簡単なひょうたん型だったかにトライして一度だけうまくできたようなことがあった。そーっと壊さないようにおじさんのところへ持っていくと、「これは濡らしてあるからダメだ」と却下された。手が汗ばんで湿ってしまったのだが、そんなのは仕様がないことだと思うが許してくれない。こうした商売は言葉通りの「子供だまし」であるが、そういう中で自分のお金と時間を何に投資すべきか、ということを子供なりに判断しながら遊ぶのである。

■□□□
しかし、もっと強烈な経験をしたこともある。先に話した本門寺の年に1回のお祭りである「お会式」の時のこと。私は小学4年くらいだったと思う。その日は3日間のお祭りの最終日で、いかに盛大なお祭りもさすがに人も少なくなり出店もほとんどが片づけて消えていた。そんな中、本門寺の境内ではまだまばらに出店が残っていた。

■□□■
すると、たこ焼き屋のあんちゃんが声をかけてきた。「もう店を閉める、最後だからうんとサービスするので一皿買ってくれ」というのである。そのように好意を前面に出されると断れないのが今でも変わらない私の性格である。「いつもより多く入れてやるからな」と言うと確かに1.5倍くらいの量を皿に盛ってくれた。なんだか得した気分になってそれを持って徒歩5分ほどにある自分の家に帰った。

■□■□
母親に得意そうにその話をして、たこ焼きを食べ始めたらなんだかおかしい。肝心のタコが入っていない、それどころか中身は空洞なのである。やな予感はしたが、「まあ、たまにはそういうのもあるさ」と思い直して、次のに手をつけるとそれも空っぽ。母親はあきれて、「ばかだねお前は、だまされたんだよ、気持ち悪いから捨てなさい」と言った。私は悔しいやら情けないやら、そうかと言ってあの店に戻って文句を言う勇気もないし、どうせ今頃はいなくなっているだろうしと、泣き寝入りするしかなかった。

■□■■
これなど、子供だましを超えて詐欺である。後味の悪いいやな思い出ではあるが、とても教訓になっているのも確かである。こうして子供もたくましくなっていくのである。

タグ

子供の金銭感覚(子供時代の教訓その1)

□□□□
そろそろ夏祭りのシーズン。先日も品川でお祭りがあり子供を連れて遊びに行った。子どもはとにかく店で何かを買いたがる。それも、親から見てどうしてこんなものをというようなくだらないものばかりに目がいく。

□□□■
上の子が小学2年で、ようやく3ケタの足し算引き算ができる頃なのだが、どうもまだお金の計算がわかっていないようだ。下の子は4歳なのでなおさらのこと数字は全くわからない。こうした二人に、一人500円ずつとお金を渡して大切に使えと諭しても、馬耳東風。最初に目にしたかき氷屋でまず200円使う、しかも二人で分け合えばいいのにどうしても自分の分がほしいと言って別々に買う。そして、その隣で売っているラムネを見るとまた欲しくなって、どうせ一口でげっぷとなるのに買わないと気がすまない。

□□■□
次に目先は当てモノに向かう。輪投げやひもを引っ張るくじなどが代表的だが、たいがい300円なのでかき氷を買ってしまった彼女らにはラストチャンスとなる。そして300円払ってトライするもののスカを引く。下の子などは輪投げの輪が、商品を置いてある台にすらまともに届かず、どうしようもない景品をもらうだけとなる。

□□■■
なけなしの300円がたった1枚のつまらない絵葉書に化けてしまい、それを手にして呆然とする長女を見ていると不憫ではあるが、こうした経験がお金の大切さを知るための良い機会だと思って別にとがめはしない。お金を奪われて、がっかりし、心を痛めるという経験をしてほしいのだが、心を痛めるのは親ばかり、いつまでたっても同じことを繰り返す子供たちを見ていると、「もしかしてバカなんじゃないか?」(笑)と思って暗然たる気持ちになる。

□■□□
それでも、先日は最後に金魚すくいをやりたかった長女は、妹に綿菓子が食べたいとせがまれ、さんざん迷った挙句に二人のお金を合わせて綿菓子を買うことにしたので、それなりに成長しているのかもしれない。

□■□■
今の子供は6ポケッツとかいって、両親の他におじいちゃんおばあちゃん×2というスポンサーが付いているし、少子化のせいもありおこずかいに困ることはない。外へ出るとすぐに「のどが渇いたからジュース欲しいー」と騒ぐ。私が子供たちを連れて散歩する時は極力そんなものは買わない。近くの公園へ寄って、水道の水を飲ませようとする。最初のうちは激しい抵抗を見せた二女も最近はようやく私といるときは、簡単にジュースは買ってもらえないと悟ったらしく、公園で東京のおいしい水道水を飲むようになった。公園の水道の蛇口が多少不潔でもかまわない、私が子供のころは平気で直に口をつけて飲んでいたものだ。

タグ

このページの先頭へ