【2011年10月24日の朝礼でのスピーチより】

□□□□

ユニクロがニューヨーク5番街に新店舗を開店したというニュースで、現地の外国人スタッフが街行く人にポケットティッシュを配って宣伝しているのを見ました。

日本式のPRですが、ポケットティッシュ配りという宣伝手法はグローバルで見るととてもユニークで効果的だと思います。ただ、日本ではあまりにもありきたりで受け取らない人も多いのが現状。携帯の液晶クリーナーを配ってくれれば喜んでもらってくれると思うのですがいかがでしょう。

□□□■

外国人が日本に来ると驚くというか喜ぶサービスは色々あるようです。たとえば飲食店で出てくるおしぼりサービス。何でも手づかみで食べて、ベトベトになった手は紙ナプキンで拭いただけで平気な顔をしているアメリカ人には考え付かないサービスでしょう。きれい好きな日本人ならではのサービスです。

□□■□

書店で本を買ったりしたときに、袋に入れた後で口をテープで留めますが、その際に後ではがしやすいようにテープの端を折り返してくれるのもお金はかからないけれどもきめの細かいサービスです。

□□■■

日本では当たり前と思っていることでも、外国人から見ると感心されるサービスというのは、すなわちビジネスのネタになると思います。皆さんも身の回りを探してみてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll to Top