イメージ画像

徒弟制度再来 1/2

【2011年2月28日の朝礼でのスピーチより】

□□□□
先日、母校の専門学校で学生相手に1時間ほど講義をしてきました。100人以上の学生が集まってくれて、社会人になるにあたっての心構えとか就職に役立つと思われるような話をしましたが、1時間では時間が足りず思っていたことの半分も離せませんでした。
以下は学生向けに話そうとして用意したネタですが、話せなかったのでここで公開します。

□□□■
社会は需給バランスで動いています。貨幣の価値、株価、商品の価格、就職率など。そしてその社会は、いまやグローバルつまり世界規模でシームレスにつながっているのです。

□□■□
日本がまだバブル全盛だった頃は人材不足、というかGDP(付加価値)の増加分に対して人材の供給量が変わらなかった(日本人学生の新卒は毎年100万人くらい)ために求人倍率はとても高くなりました。当時は入社してくれたら海外旅行にご招待とか、入社式を有名なディスコで開催したりなどと、新卒学生に対して大サービスをしていました。

しかし、それも今は昔です。ちょっと例えばなしをします。

□□■■
あなたが腕のいい寿司職人だとしよう。
あなたの店には就職希望の若者がしょっちゅうやってきます。あなたの店が雑誌で紹介されているのを見て自分も寿司職人になりたいと思ったそうです。

□■□□
しかし、そのほとんどはまともに料理の勉強もしていない、それどころか魚の名前も包丁の握り方も米の炊き方も知らない。たまに面白そうな奴だと思って雇ってみるが、店にいてもただぼーっと見ているだけで自分から動こうとしない。何かを指示するとそれなりにこなすが、洗い物とかゴミ捨てなど単純な仕事に限られる。

□■□■
「酒の在庫を確認して切らさないようにお前が管理しろ」などと言う漠然とした指示をするともういけない。いつになったらやるのかと思ってみていても全く何もせず、結局品切れとなる。問いただすと、どうやって在庫を確認すればよいのかわかりませんとの返事。

□■■□
店のメニューを渡して、ここに書いてある銘柄の酒が裏の倉庫にあるから一覧表にして、足りなくなりそうな銘柄があったら事前に注文するんだ。と説明してやります。

□■■■
しばらくすると、今度は「残りがどのくらいになったら注文すればいいんですか?」と聞きに来ます。1日の平均来客数やそのうち何割くらいの客が酒を頼むのか、それを考慮すると、注文してから配達までの時間差も考えてこれこれこのくらいと、丁寧に教えてやります。

■□□□
またまたしばらくして、「足りなくなったとき何本注文すればいいんですか?」と聞きに来ます。「はい、n本です」と答えられるような簡単なことではありません。酒は冬場の方が売れるから多めにストックしておく必要があるし、吟醸酒の場合、夏場は余り長く貯蔵しておくと味が悪くなるので加減しなければなりません。

■□□■
こうしたことを一々言葉で説明するのは大変なことですが、相手は「教えてくれなければできません」という態度です。親方であるあなたは、「そんなことはもう店に1ヶ月もいるんだから大体わかるだろう」とキレます。

■□■□
それでも、時間のあるときには必要な知識を一つ一つ説明してやります。例えば仕入れに関して。魚河岸はどこが運営していて、仲買人の役割やどういった客が買いに来るのか、一つ説明するとわからないことがますます増えるので、その分質問が増えます。2時間もかけてじっくりと説明しているのに、新人はメモすら取りません。「俺は別に世間話している訳じゃない、このくそ忙しい中2時間もしゃべらせておいて、お前は社会科見学の小学生か?」と心の中で叫びます。

■□■■
ある週末、常連の上客がやってきてお気に入りの酒を注文される。ところがその酒がないという。例の新人に問いただすと、この間注文しようとしたら酒屋が休みでした。と、まるで酒屋が休みだったのが悪いかのように言い訳する。腹が立って腹が立ってしょうがないあなたに怒鳴られた新人、翌日から来なくなりました。

■■□□
以上はただの作り話ですが、こんな状況が実際であります。

さて、それでも世の中の景気がまだ良くて、あなたのお店が繁盛しているうちは、こんな若者でも何とか育ててやろうと手取り足取り教えてやります。それはすなわち自分の時間を彼に投資していることになりますので、その間は店の仕事はおろそかにならざるを得ません。

■■□■
魚をさばくにしても、新人にやらせた仕事など客に出せるわけもなく、仕入値の高い高級魚が賄いの食事に回されることになります。こうした時間や品物の提供は金額に直すと結構な出費となります。また、何年もかけて折角育てたと思ったら、さっさと他の店に移るものもいます。一度、何で辞めるんだと聞いたことがありますが、「自分でやっていく自信がついたので辞めます」と言われたときには全身の力が抜けます。

■■■□
しかし、今のように不景気になり、同業者がばたばたつぶれていくと言う中で、ものになるかどうかわからない新人にあれこれ手をかける余裕はありません。勢いほったらかしになりますので、新人は長続きしませんが、不況なだけに次から次から応募者はやってきます。つまり、需給バランスが逆転したのです。そうなると、昔のように「仕事は体で覚えろ」、「先輩の仕事を盗め」ということになります。

■■■■
まあ、「一を聞いて十を知る」とまでは言いませんが、説明すればそれなりに吸収してくれてそれがそのまま行動に結びつくような人材なら良いですが、残念ながら、少子化、ゆとり教育、核家族化、コミュニティとの断絶といった、若者を涵養してくれる環境が劇的に悪化している中、教育する方が根負けします。

タグ

直角靴下

【2011年2月21日の朝礼でのスピーチより】

□□□□
最近、ちょっと変わった靴下が話題になりました。

□□□■
普通の靴下はすねの部分と足先の部分が120度くらいの角度で“く”の字型になっていますが、この靴下はその角度が直角に折れ曲がっているのです。初めてこの靴下を見たとき、まるで童話に出てくるおばあさんが履いているような、何とも滑稽な感じがしました。あの5本指ソックスを見たときと同じような違和感です。

□□■□
しかし、これがよく売れていて、販売している「無印良品」によると2006年の発売以来4年で1400万足を売ったそうです。考えてみると足の角度は普段は歩いているときも立っているときも90度でありますから、この形の方が理にかなっているわけです。実際にこの靴下は足によくフィッ卜して、かかとの部分もずれにくいそうです。

□□■■
ではなぜこれまで120度の靴下しか無かったかというと、機械で大量生産するときに90度に曲げることが技術的に困難だったからだそうです。私は、従来のあの角度は人の休に合うように、それなりに考えて作られているのだとばかり思っていましたが、なんと、ただ単に製造側の都合でああなっていたのでした。

□■□□
直角靴下を見て違和感を覚えたのは、これまでずっと120度の靴下を見続けてきたため、それが普通だと思い込んでいたからでした。本当は90度の方がピッタリ合うのに、これまでの120度で別段おかしいとも何とも思いませんでした。使う側すら不便と感じていないことであっても、それをより快適にする工夫をしたときにヒット商品となるのですね。ちょっと「目から鱗」でした。

□■□■
冒頭で、この靴下が「童話に出てくるおばあさんが履いているような」と言いましたが、メーカーが最初にこの靴下を考え付いたのは、チェコ在住のおばあさんが手編みで作った直角靴下を発見したことがきっかけだったそうです。まさに童話のような世界から生まれたヒットでした。

蛇足:
クリーニングに出すと割れてしまうワイシャツのボタン、あれ何とかならないのでしょうか。熱に強くて弾力性のある素材なんていくらでもあるように思うのですが

タグ

善光寺と広拯院

【2011年2月14日の朝礼でのスピーチより】

□□□□
9日から2泊3日で長野の善光寺へ行ってきました。
長年参加している文化交流事業でサイパンからの子供たちが来日しており、善光寺の隣にある城山小学校にお世話になっているので、そのお手伝いをしてきました。

□□□■
久しぶりに長野新幹線に乗りましたが、平日の夜ということでどうせ空いているだろうと高をくくっていると、発車20分前なのにホームはすでに長蛇の列。反対側の上越新幹線も長野行以上に混んでいます。発車直前まで待合室で待っていようと思っていたのを考え直して列に並び、どうにか娘と二人分の席は確保しましたが、デッキには立ったままの乗客がかなりいる状態でした。そうした客はスーツを着た会社員風の男性がほとんどで、見ていると高崎や軽井沢で結構降りて行くので、通勤で新幹線を利用する人がかなり多いということがわかりました。

□□■□
長野からはタクシーで宿泊先の福生院さんへ。このお寺は宿坊といって参拝客などを宿泊させる設備が整っており、善光寺に連なる院や坊の中でも最も山門に近い場所にあります。ここの住職、村上光田大僧正は私の師匠の師匠のお弟子さんなので、坊さんの世界でいうと大おじさんに当たります。

□□■■
ちょうどこの時期、善光寺では長野灯明まつりというイベントが開催されていました。現地に行くまではこの祭りのことは全く知らなかったのですが、とても盛大に開催され、多くの参拝客でにぎわっていて驚きました。以前に来たのはもう10年以上も前なので、だいぶ印象が違いました。このイベントは今年で8回目だそうですが、長野オリンピックから何年も経ち、関連予算も少なくなってきており運営はなかなか厳しいようです。そういえば、善光寺から歩いて10分ほどの長野電鉄権堂駅前あたりを歩きましたが、10年前に比べて随分と寂れているような感じがありました。

 

zenkouji

灯明まつりの善光寺夜景

 

□■□□
10日は子供たちを引率してきたサイパン市長と一緒に城山小学校を訪ね、クラスで生徒たちと一緒に過ごしているサイパンの子供たちの様子を見て回り、教頭先生と会談したり、新聞社の取材を受けたりなどしました。

□■□■
翌11日は車で下伊那郡阿智村というところにある「信濃比叡 広拯院」へ出かけ、「火渡護摩供」に参加し、サイパン市長には鏡割りをやっていただきました。鏡割りの意味を英語で伝えるのはなかなか難しく、ちゃんと伝わったかどうか怪しかったのですが、楽しんでもらえたようです。とはいえ、現地は大雪でスキー場のようになっており、坂道ではつるつる滑って転ぶ人が続出。この厳しい寒さには、1年中30度以上の気候のサイパンから来た市長も随分と辛かったとは思いますが、終始にこやかに護摩供養や火渡りの儀式をご覧になっていらっしゃいました。

□■■□
ただ、同じ長野県でも長野市内から下伊那までは、中央道が雪でチェーン規制がひかれたせいもあり3時間以上もかかってしまい、同県の広さを実感しました。

□■■■
「火渡護摩供」は柴燈護摩(さいとうごま)という野外で行う護摩供養で、どんどやきのようなものです。実際に護摩木と一緒に古いお札なども一緒に燃やします。執り行うのは福生院の村上大僧正と山伏姿の僧侶らで、この日は雪が降り続く中での幻想的なものとなりました。ただ、終了後に餅を配られて護摩の残り火で焼いて食べるというのはちょっと驚きでした。私が比叡山にいたときに護摩というのはとても神聖なもので、灰といえども粗末には扱えませんでしたから、とても気がひけました。

 

koujouin-1

雪の中を歩く行者達

koujouin-2

柴燈護摩

 

■□□□
今は東京から長野まで新幹線で2時間足らず、便によっては85分で行けてしまうのでとても便利です。善光寺も大勢の参拝客、観光客で賑わっていました。地方の衰退が叫ばれる中、地方の活力を見せてもらって喜ばしいことですが、権堂駅あたりの寂れ方が気になります。日光輪王寺内で住職をしている知人が以前に言っていたことを思い出します。日光も、東北新幹線ができるなど交通が便利になり確かに参拝客は増えるけれども、日帰りでも来られるので宿泊してくれない。つまり地元の旅館などにとってはかなり深刻だということでした。

■□□■
高速な交通機関ができて人々が簡単にあちこち旅ができるようになりました。また、インターネットなどの情報技術が発達して世界中の人と瞬時にコミュニケーションがとれる時代となりました。昭和30年代生まれの私にとっては、少年時代は夢だったことがどんどん実現しております。移動も通信も簡単にできるようになればバラ色の未来になると私などは単純に思っておりましたが、どうもそうでもない面も見えてきるこの頃です。

タグ

大相撲の八百長問題

【2011年2月7日の朝礼でのスピーチより】

□□□□
大相撲が八百長問題で存亡の危機に立っています。この前の野球賭博よりも致命傷になるかもしれません。しかし、野球賭博は犯罪であるのに対して八百長は法に触れる行為ではありません。それなのになぜこれほど大騒ぎになるのでしょうか。

□□□■
今回の八百長騒ぎは、私のように40代以上の人々の中には、なぜそんなに騒ぐのか違和感を覚えている人が多いのではないでしょうか。ちょうど巷間でブームとなっているタイガーマスク、昭和40年代に小学生だった私などはこの世代です。そのころは馬場と猪木がヒーローで、老若男女問わずリングで繰りひろげられる死闘に大興奮したものです。小学生時分、遊びに行った母親の実家で祖母の部屋をのぞくと、そこには一人でテレビにかじりつきプロレス中継を見て「やれ!」、「そこだ!」とこぶしを握り締めて叫んでいる祖母がいました。見てはいけない物を見た気がしたものです。

□□■□
馬場や猪木が活躍していたそのころのプロレスは、もちろん真剣勝負もあったでしょうが多くは事前にシナリオが決められているプロレスショーでした。反則技を使う卑怯な外人レスラーに対して、最初は劣勢だった日本人レスラーが最後には逆転勝利する。そんな水戸黄門のようなシナリオで、視聴者は皆すっきりした気分で翌日の仕事に励む高度成長期。良い時代でした。そういえば、休日のゴールデンアワーはプロレス中継が多かったような気がします。

□□■■
しかし、そんなプロレスが八百長だなどと問題視されることはありませんでした。あるプロレスファンが、試合会場に早く着いたのでその辺をぶらぶらしていて、会場となる体育館の裏へ回ると宿敵同士のはずの馬場とブッチャーがキャッチボールをしていた、という笑い話もあります。小学校に上がった子供が、サンタクロースを半ば変だなと思いながらも「まあ、プレゼントがもらえるからそういうことにしておこう」と折り合いをつけるようなものでしょう。

□■□□
相撲というのは元々は能のように神前に供える神事が起源といわれています。その起源は古事記にも登場するほど古いものです。ですから礼とか型というものが重要になります。また、江戸時代には相撲観戦が娯楽となり巡業という形で地方を回ることになります。一か所で開催しているばかりだと、観客が動員できないのであちこちに出張するわけで、サーカスと同じです。そうすると、巡業先が地元である力士にとってはどうしてもいいところを見せたくなります。故郷に錦を飾るというやつです。そこで、星の貸し借りが生まれるわけです。名古屋出身の力士は、名古屋場所では福岡出身の力士に勝たせてもらい、その代わりに九州場所では負けてやります。これだけなら別段不道徳な行為とはいえませんね。

□■□■
相撲を観戦する主役は神様であり、力士は礼儀と伝統を重んじて日々精進する。人間である一般観衆は取り組みだけを見て勝った負けたと騒いでいますが、相撲は日々の稽古も含んだ普段の生活そのものが重要であり、神事を司る神主や巫女のようなものと言ってもよいかもしれません。だから相撲は伝統芸能です。

□■■□
相撲はそうして2千年余りにわたり連綿と存在してきたのですが、どうしたわけか時代の方が変わってしまったのです。グローバリズム、透明性、コンプライアンス、などという言葉が重視され、見えない物や影の部分の存在を許さなくなってきています。それと同時に外国人力士が活躍するようになり、伝統芸能である相撲が国技に祭り上げられ、無理やりスポーツにさせられてしまったのが今に至る問題の根源でしょう。

□■■■
我々世代にとっては、相撲というのは裏社会と密接につながっているというのが常識でした。タニマチと言われる地元の有力者はその筋の人が多かったようです。芸術やスポーツを支えるのは洋の東西を問わずパトロンとなる資産家ですが、そうしたパトロンは必ずしも公明正大に商売をしてきたとは限りません。裏の世界で稼いだ金を力士や芸能人のために使うのは、宣伝を兼ねた彼らのCSR活動なのかもしれません。映画「ゴッドファーザー」でも、彼と同じイタリア系の歌手をバックアップするシーンがありますが、この歌手はフランクシナトラがモデルだそうです。

■□□□
相撲というのは「ごっつあん」体質と言われるように、スポンサーからの物心両面での支援がなければ成り立ちません。収益の柱が興業(工業ではなく)なので、いかに観客を動員するか、ハコを抑えるか、タニマチ達の顔をつぶさないように彼らの調整を図るか。など、どうしても裏社会とつながることが避けられませんでした。そうした中でトラブルも起きます。戦前の話ですが、山口組の田岡一雄元組長が若いころに力士同士のもめ事に介入して宝川(たからがわ)という力士を切りつけて引退に追い込んだということもありました。野球賭博もそうした関係から、かなり古くから常態化していたのではないでしょうか。

■□□■
今(といってもこの数十年)になって相撲はスポーツだから真剣勝負しろとか、男女平等だから女も土俵に上げろとか、世界に門を開き外国人も参加させろとかいうのは、長い伝統を持つ相撲界にとっては甚だ迷惑な話でしょう。相撲協会の理事たちも難しい顔をして不祥事を起こした力士を裁いていますが、彼ら自身が若いころはどうだったのか、そのころはそれが常識として暗黙の認知を受けていたということから複雑な心境なのではないでしょうか。

■□■□
昨日のテレビ報道で石原都知事が単純明快に述べていました。「あんなもん昔からあたり前としてあった」という発言は、今の若い人には違和感があるかもしれませんが、昔を知る人には常識です。なぜ今になって騒ぐんだというのが我々世代の感覚です。

■□■■
どうも日本人が全体的に「些細なことに我慢のできない国民」になってきているような気がします。政治家に対してわずか1円の使い道まで明らかにしろとか、小沢一郎のいわゆるカネ問題で国会が大騒ぎするなど、もっと他に重要な事柄があるはずなのにと思うのです。些細な問題というのは構図が簡単で理解しやすいから人々の関心を持ちやすいのでしょうが、かつて日米安保で大騒ぎしたのと比べて、何とスケールが小さいのでしょうか。相撲がGDPに与える影響など知れています。今の子供たちは別に相撲など見ませんから教育的意味合いもありません。そんな相撲の世界で起きた、たかが勝ちや負けを調整したという程度の話は、三面記事の隅っこにでも載ればよいという程度の問題です。

■■□□
ただ、相撲の世界が賭博や八百長まみれで良いとは思えませんし、公益法人として税金を免除されるからにはそれなりに自浄努力していく必要はあるでしょう。色々と問題があるなかで、新弟子に対するいじめというのも深刻です。幕下と十両では天と地ほどの差があるのも、モティベーションを高める効果がある半面、勘違いした上下関係を醸成することになります。たまたま体格に恵まれていて精神が子供なままの十両力士が、幕下の付け人に傍若無人にふるまい、それを容認する相撲界の体質は、結局は相撲自体の衰退につながります。今の日本の若い人はそんな世界で耐えていこうとは思いませんから、新弟子に応募する人がいなくなるのは当然です。

■■□■
十年以上前、福岡出張で中洲のカラオケバーでそこの女の子に聞いた話です。九州場所の最中、髷を結った十両以上の力士と付け人のグループが店にやってきたそうです。そのうち酔いが回って悪ふざけが始まります。この十両力士、やおら羽織の前をはだけると、水割りの入ったグラスに自分の陰嚢を浸しました。何をするのかと見ていると、今度はそのグラスを付け人に突き出し「これを飲め」と強要したそうで、あまりにひどい光景だったとその女の子は憤慨して語っていました。そのような行為がまかり通るのですから、一般社会とはいかに常識がずれているかということです。

■■■□
昨年の夏、かつての名横綱大鵬の実家がある川湯温泉に行ってきました。さびれた感じの温泉街の道路わきに「大鵬の生家はこちら」というような看板がありましたが、大鵬と聞いても誰のことか知らないという世代が増えており、おそらく訪れる人もわずかでしょう。すぐそばの神社に、立派な土俵が残っていたのが往時をしのばせます。そろそろ、これまでの大相撲というものが変わっていかなくてはならないときに来ているのかもしれません。

タグ

このページの先頭へ