イメージ画像

気をつけよう取り込み詐欺

【2010年6月28日の朝礼でのスピーチより】

□□□□
皆さんは取り込み詐欺という言葉を知っていますか?
これは、詐欺を行う側の企業が近日中に倒産するとわかっているにもかかわらず多額の商品を被害者側企業から掛けで購入するものです。納品された商品はさっさと現金化してしまい、支払期日の前に倒産させるなどしてドロンするというものです。

□□□■
私は幸い被害にあったことはありませんが、2度ほど商談を持ちかけられ、これは怪しいなと思うケースがありました。2回とも似たような話だったのでどちらがどうだったかよく覚えていませんが、話の流れはこんな感じです。

□□■□
ある日、見ず知らずの会社から電話がかかってきます。そして、ホームページを見たとか電話帳を見たとか言って仕事の依頼の話が来ます。うちはソフト開発会
社なので、具体的な開発案件があるように見せかけてきます。唐突な話ではありますが、規模も大きな仕事のようなので、こちらも商売なのでまずは話を聞きに
先方へ話を聞きに行くことにします。

□□■■
相手の会社はホームページもしっかりしており、会社の住所も都心の一等地にあるようです。この時点でかなり安心してしまいます。

□■□□
さて、先方の会社へ出向いてみるとなかなかおしゃれなオフィスビルですがちょっと引っかかる点がありました。それは後で話すとして、案件そのものは非常に
具体的で、仕様書もしっかりしたものが出来上がっておりました。ざっと10人月から20人月くらいのボリュームで、内心この仕事をぜひ取りたいなと思って
きます。

□■□■
案件のヒアリングがおおむね終わったところで、相手が「ちょっとお願いがあるのですが」と切り出します。「実はこの案件では最終的にPCを100台ほど納
品することになっているのですが、いつもの商社を通していると納期的に厳しいので、まずはテストで最低限必要となる10台を御社で調達してもらえませんで
しょうか」。ほらほら、話がきな臭くなってきました。

□■■□
もちろん、代金はソフト開発の費用に上乗せしてよいというのですが、PC10台は早急に必要なので来週中に何とかして欲しいなどと要求してきます。この仕事が取れるならばPC10台くらいどうってことはないのですが、どうも怪しいのでその日は回答せずに戻ってきました。

□■■■
何が私を躊躇させたかというと、話がうますぎるうえに先にPCを10台よこせというのは、どう考えても取り込み詐欺だと思ったからです。さらに私の警戒心
を掻き立てたのは、相手のオフィスビルの雰囲気でした。そこは確かにおしゃれなオフィスビルではありましたし、受付嬢もちゃんといて打ち合わせをしたのも
立派な会議室でした。

■□□□
しかし、そのオフィスビルはどうも複数の会社それもかなり多数の会社が同居しているような感じで、受付の女性はそれらの会社の単なる代行のようでした。お
そらく打ち合わせスペースはそれらの会社の共用スペースとなっており、1時間いくらで借りるような仕組みになっているのでしょう。

■□□■
彼らが実際の執務スペースに私を入れてくれて、そこには多くの従業員が確かに働いているというのを確認できていたらそんなには疑わなかったと思いますが、
全体を総合してみるとやはり怪しい。よって、その話は断ることにしました。その後、その会社がどうなったかは知りませんが、明らかに取り込み詐欺だったの
でしょう。

■□■□
そのあとも同じようなケースで商談を持ちかけられましたが、1度目の時と全く同じような状況でした。先方のオフィスに入ってみると受付嬢がにこやかに座っ
ており、あのレンタルオフィス独特のいかがわしさを醸し出していました。ああ、これはまただな。と思い、今度は深入りせずにさっさと引き揚げました。

■□■■
きっと最初はPC10台などとハードルを低くしておいて、それに乗っかってくるような相手だったらそれカモが来たとばかりにさらに100台、200台と購入させられるのでしょう。

■■□□
最近は不況のわりにはあまりこうした事例を聞きませんが、取り込み詐欺の手口というのは覚えておいた方がよいでしょう。詐欺師というのは、相手が欲しがっているものを巧妙にちらつかせてくるものです。

タグ

引越し

【2010年6月21日の朝礼でのスピーチより】

□□□□
先週引越しをしました。考えてみると親元を離れて暮らすようになったのが15歳からでした。また、部屋を借りたりマンションを買ったりして色々な家で暮ら
しましたが、これまでは1フロアでの生活しかしていませんでした。つまり、フラットな住環境で平面的な移動しか必要としない生活だったのです。

□□□■
6歳までは蒲田の2DKの2軒長屋で暮らしていましたから、こちらも平面での生活。その後、2階建ての家で中学まで生活したのを最後に複数階の建物での生活はしてこなかったわけです。

□□■□
そして今回移り住んだのは3階構造のマンションです。実に32年ぶりに階段のある家での生活で、とても新鮮な感じがします。しかし何かと階段の上り下りが
多いのでかなり足腰に負担を感じます。誰かが玄関に来れば階段を降り、新聞を取りに行くにも階段、風呂に入るにも階段、子供部屋の様子を見に行くにも階段です。毎日がヒンズースクワットの連続です。

□□■■
小学生のころ、近所にM君という友達がいて、当時としても珍しく平屋の家に住んでいました。広大な土地にちょこんと平屋の家があったので、2階建ての家に
住んでいた私からは、なんだか貧相な家に住んでいてかわいそうだなと思ったものです。しかし、M君が「うちの父ちゃんが、『2階建ての家に住んでいる奴は貧乏人だ』と言っていた」と何かの折に聞かされました。私は、どっちが貧乏人だか、2階建ての家を建てられないから負け惜しみを言っているだけだろうと思っていました。

□■□□
しかし、今考えてみるとM君の家は東京にしては珍しく100坪ほどの広さがあり、たくさんの木々が茂っており私たちにとって絶好の遊び場所でした。木登り
をしたり離れの物置に忍び込んで遊んだりしたものです。しかし子供の私たちには土地の価値というものがわかりませんでした。後年、彼の家は横浜に移り、元
の家があった場所にはマンションが1棟建ちました。そんな場所に1世帯が平屋の家に住んでいたのですから、何とぜいたくだったのでしょう。彼のお父さんの
言うとおりだったといのが今になって分かります。

□■□■
さて、毎日何回もヒンズースクワットを繰り返す暮らしが始まり10日ほどになりましたが、酒を飲んで酔っているときには階段の上り下りは特にきつく感じます。子供のころ2階建ての家に住んでいたときには、階段など何の苦にもならなかったのですが、この年になると結構大変です。しかし、ヘルスメーターの数値
を見ると、引越してからみるみる体重と体脂肪率が減ってきています。これは一つの恩恵でしょうか。

タグ

休み

所用のため、マンデースピーチはお休みです。

タグ

日本の蟻族

【2010年6月7日の朝礼でのスピーチより】

□□□□
昨年10月、中国の厦門市公安局が政府サイトに掲載した求人広告が物議を醸したそうです。なぜならば、公安局職員食堂の「野菜洗い係」一人を募集するの
に、「大卒以上の学歴」を要求しているからです。中国ではここ数年、大卒者の就職が困難で、深刻な社会問題となっている。その例として、ある葬儀屋からの
5人の人員募集に500人の大卒が殺到したとか、蘇州市の公共トイレの清掃係募集に大卒が多く応募してきたといった話があります。(2009年11月19
日産経新聞の記事より)

□□□■
ちなみに、蟻族とは、大卒でありながらまともな就職口が見つからず、狭い部屋で自炊しながらやっと食いつないでいる若者のことです。

□□■□
ちょっと前の日本なら、「やっぱり中国には我々の想像を絶する話があるね」と嘲笑のネタになったかも知れませんが、リーマンショック後の不況で失業者が増え、新卒の就職戦線も大氷河期を迎えている今の日本には、彼の国を笑っていられる立場にはありません。

□□■■
わが社でも、ある大手企業からの引き合いで1名の技術者が支援業務のため面接を受けました。なんでも50名ほど面接してその中から1名を採用するという狭
き門らしく、その時は以前に当該業務に携わったことがあるという他社の社員が合格しました。うちの社員は次点だったそうです。

□■□□
それから数カ月してその会社から、うちの次点だった社員を別プロジェクトで採用したいということで契約をすることになりました。面接の際にあれこれと高度
なスキルを要求されたので、果たしてどれほど難易度の高い仕事をするのかと思いきや、Visual
BasicやExcelのマクロをいじるていどの作業で、業務知識といえるようなものを吸収できる場でもありませんでした。

□■□■
このような現場に上昇志向の強い優秀な社員を置いておくと腐ってしまうので、3か月が経過した最初の契約期間満了のタイミングで早々に引き戻しました。

□■■□
リーマンショック以前は技術者不足で引く手あまただったものが、現在では技術者あまりで、必要以上のスキルを持った人が採用できるので、まさに「野菜洗い係」を採用するのにハイスキルを求めるという状況にあります。「蟻族」は中国だけの話ではなくなっています。

タグ

このページの先頭へ