イメージ画像

休み

私が休暇のため、マンデースピーチはお休みです。

タグ

休み

春分の日(振替)のため、マンデースピーチはお休みです。

タグ

ハローワークの問題

【2010年3月15日の朝礼でのスピーチより】

□□□□
昨年、Webデザイナーの募集をハローワークに出しました。窓口では丁寧に対応していただきましたが、募集を通じて、ハローワークの運用システムには問題がたくさんあるように思えました。

【窓口へ来い】
□□□■
まず、募集するのにいちいち窓口へ行かなければならないのはどうかと思います。弊社の場合、既に数年前に事業所の登録をしているのですから、新規募集は
ネットから簡単にできるようにして欲しいものです。今回は、窓口へ2回出向きました。一日目は用紙をもらいに、二日目は提出しに。この辺を簡便にできるよ
うにしないと多くの求人情報は集まらないと思います。(初回はハローワークに出向きましたが、弊社の所管ハローワークの場合、連絡すると職員の方が用紙を
持参して直接きてくれたので、2回目以降はこのやり方で済ましています)
高校生の採用についてはハローワークを通さなければなりませんが、これについては説明会をやるからいついつにどこそこへ来なさいという案内が毎年来ます。なんか呼びつけるのが好きですね。

【ここはロシアか?】
□□■□
ハローワークは地域ごとに拠点が分かれていますが、縦割りのにおいがぷんぷんします。応募してきた人がその後どうなったかを問い合わせてくる結果の確認
シートをFAXで送ってきますので、記入してまたFAXで送り返す仕組みになっています。今時FAXというのもどうかと思いますが、それはさておき、困っ
たのは事業所毎にフォーマットが違っていることです。

□□■■
例えば、ハローワーク川崎は「採否確認についてのお願い」というタイトルで採用したか不採用だったかを書き込む欄があります。最後に引き続き募集するかど
うかの意思確認で「募集の継続:継続する・継続しない」という欄があります。これがハローワーク大森になると、「応募結果確認のお願い」というタイトルに
変わります。しかも、川崎はA4縦なのに対して大森はA4横です。そして募集継続の意思確認の欄は「求人取消し:する・しない」となっています。

□■□□
採用を継続する場合、川崎フォーマットの「継続する」という回答に慣れていると、大森のフォーマットでもつい「する」の方に○を付けてしまいそうになります。しかし、こちらの「する」は求人取消しを「する」ですから、採用を継続「しない」という意味になります。
このように基本運用は一緒でも、それぞれの事業所で勝手に書式を作っているので、利用者にはとても不便なことになります。
ロシアで病院へ行った日本人駐在記者が、検査はあっちで申込めとか、診察は向こうへ行って再度登録しろとか言われ、全く別の業者がただ一カ所に集まって医
療行為をしているだけだという話を聞いたが、それとよく似ています。(職安というのはなんか共産主義国の雰囲気がありますね)

【昭和の営業マン】
□■□■
ハローワークの窓口では仕事を探しに来た人に対して、弊社の条件に合う人を紹介してくれます。これがまた問題ですが、窓口の担当者からリアルタイムに直接
電話が来ます。「今、求職者の方が見えていますが、まだ募集しておりますか?」といった具合。「こっちも忙しいんだから、勝手にエントリーしてよ」と言い
たいところです。もちろん、職員の人たちは一生懸命働いているし、とても丁寧親切であることは記しておきます。つまり、働いている人ではなくしくみが悪い
のです。

□■■□
お付き合いのある会社の営業マンで、メールは一切使わず、大した用でもないのに電話してくる人がいます。そういう方は、アポなしで突然訪問してきたりもし
ます。昔は町工場のオヤジがふらっとやってきた営業マンを相手に気分転換兼ねて長々と世間話をしたのかも知れませんが、今はそういうノリの時代ではありま
せん。そういう牧歌的な仕事の仕方で食べていけるのなら私もその方が良いとは思いますが、これははなはだ迷惑です。職安はいまだに昭和のノリで仕事をして
いるのでしょう。

【誰だこれ?】
□■■■
紹介を受けると、それから1ヶ月ほどして先に話した「採否確認」シートがFAXされてきます。しかし、そこに記載されている応募者の名前を見ても全く覚え
がありません。おそらく、窓口に来て紹介は受けたけれども弊社に対してはなんのアプローチもしてこなかった人だと思います。それはいいけれど、その数が多
すぎます。紹介を受ける人数と、実際に応募してくる人は2割程度で連絡のない人がほとんどです。

■□□□
たとえば紹介日が6月24日となっている「採否確認」シートが一ヶ月以上たった8月6日に送られてきました。それらが送られてくる度に「誰だこれ?」と思
いながらExcelに記録した応募者シートを見て名前が載ってないのを確認し、不採用の欄に「応募してきませんでした」という項目にチェックを入れて
FAXを返送しなければなりません。この不況下に募集を出している企業に対して、ワークロードをかけ過ぎではないでしょうか。おそらく失業保険をもらいた
くて窓口に来ただけで、紹介されても鼻から応募する気のない人が多いのでしょうが、職員の人と企業に対してこのような労力を強いていることを認識してもら
いたいものです。

【非効率・無駄だけれど丁寧】
■□□■
今回の募集では、募集要項にこちらの記載ミスがあって電話で訂正をお願いしたことが2回ほどありました。職員の皆さんはとても丁寧に対応してくれて、口頭
で修正内容を言うと電話の向こうでパソコンに打ち込んでいる音が聞こえます。修正が終わり、「電話で済ませるのも楽かも」と思ったりしますが、その数日
後、ご丁寧に郵送されてきた修正済みの募集要項を見て複雑な思いに駆られます。ちょっと電話番号を間違えただけで、わざわざ書類を印刷して郵送してくるこ
のコストは誰が負担するのだろうか。Web上で勝手に直せるようにしてくれればこんなことしなくていいのに。職員は一生懸命だし、まじめにやっているのだ
けれど、とても無駄な作業に時間を使っている。

【さて、私なら】
■□■□
システム屋として、見ていられない点がたくさんあるハローワークの運用システム。改善するとしたら、まずは応募者のエントリーシステムを構築します。募集
する企業の方は、法務局あたりに基本情報があるはずだから、そちらのデータベースとリンクさせて簡単に応募の手続きがネットでできるようにします。
紙によるやりとりは極力排除し、Webサイトとメールでやりとりします。また、事業所毎に異なるフォーマットはこれを駆逐し、全国統一の書式に改めます。
応募者は必ずエントリーし、一元管理されたしくみに沿って企業にコンタクトをとります。そうすれば、応募者がいつ何処に応募してその結果どうなったかを自動的にトレースできます。
日本の就業人口は6500万人ほどとか。そのうち2割の人がエントリーするとして、1300万人。その程度の情報ならRAC構成のOracleで普通に組めば問題ない(かな?)。
サーバが1億、システム開発費が1億、その他既存システムとの統合などに3億、合計5億円もあれば解決するように思います。端末やプリンターは既に各ハ
ローワークにPCがあるでしょうからクライアントの費用は0円です。これを総務省クラウドにでも載せればセキュリティも問題なし。と簡単にはいかないもの
でしょうか。(シンガポールならすぐにやってるね)

■□■■
こうした合理化により発生した余剰人員は、積極的に企業へ出かけて、「求人のご用はありませんか?」と聞いて回ってもらえばいい。職員はハンディ端末を
持って会社を回り、そのまま端末からエントリーする、つまり御用聞き営業である。こうすれば、求人数は飛躍的に伸びると思うのですがいかがでしょうか。

タグ

病院のシステム

【2010年3月8日の朝礼でのスピーチより】

□□□□
1月のある日、今年になって初めて東邦医大へ行った。この病院へは、不整脈に効く漢方薬を処方してもらうために定期的に通っており、すでに3年くらいになる。当初は毎月通っていたが、最近は2カ月に一回のペースとなっている。

□□□■
いつものように診療室に入り先生から問診を受ける。特に変わったこともないので5分くらいのやりとりである。その間、先生はパソコン上でカルテの画面を表
示して患者の話を聞きながらデータを打ち込んでいく。いまどきの先生はパソコンの操作もできなければならない。以前にこの病院で高齢の先生の診察を受けた
時、先生が傍らにいる看護師にいちいち操作方法を聞きながら一生懸命入力していたのを見て、病院の仕組みをシステム化するのもいいが、一律でキーボード入
力を強いるのもいかがなものかと思ったことがあった。

□□■□
今の主治医の先生は私よりも若く、きっと学生のころからパソコンに親しんでいたのであろう、いつも手際よく操作をしている。画面を盗み見るとウィンドウの
タイトルバーにNepXXXXとやらの文字が見える。私がパソコン上に視線をやっているのに気づいたのか、病院のシステムの話題になる。

□□■■
この先生が以前に勤めていた病院では、A社のシステムを利用していたらしいが、今の病院ではB社のものを使っているという。A社のシステムはデータ入力の途中で落ちてしまうことがあり大変だったらしいが、今のシステムはそのようなことはなく、とても快適だという。

□■□□
なるほど、昔、電子カルテの導入が盛んだったころ、国の補助金を追い風にずいぶん導入が進んだようだが、そうした政策がらみのシステム導入だとシステムそのものがまだ枯れておらず、いろいろと不具合もあったのだろうなと想像がつく。

□■□■
診療を終えて自動精算機に向かうと、機械が入れ替わっていた。それまでは次回の予約票と領収書が二回に分けて出てくるので少し時間がかかったが、今度のは
予約票と領収書が一枚の紙に印刷されて出てくるので待ち時間が少ない。以前は、最初に領収書が出てきた後、「引き続き領収書が印刷されるのでしばらくお待
ちください」というメッセージが画面に表示された。人間の心理として、紙が一枚出てきたらそれで操作は終了したと考えがちであり、そのまま予約票を受け取
らずに立ち去ってしまう人が多かったのかもしれない。私がこうしたシステムを設計するとしたら、やはり一回で済ませる方向で考えたであろう。

□■■□
この年末年始を挟んで東邦医大の自動精算システムはリプレースされたらしい。患者からすると待ち時間が短縮され便利になったのでめでたしである。しかし、
新しい自動精算機に慣れていない患者が多いので、病院の職員が2、3人つきっきりで操作の補助をしている。新しいシステムに切り替えて使い勝手が良くなる
としても、運用が追いつくまでしばらくこうしたイニシャルコストがかかるのは痛しかゆしである。こういうことがあるので、現状よりも良いシステムがあって
もなかなか乗り換えるという判断を下すのは難しいが、あえてそれにトライした姿勢は立派である。それに比べて...

□■■■
公共のシステムというのはなかなか思うように改善されない。住基ネットにしてもいまだにまともに運用できていないし、「パスポート電子申請」もほとんど利
用されないまま停止となった。今でこそETCの利用は80%と一般的になったが、そうなるまでに10年もかかっている。対してシンガポールでは日本の技術
を導入してあっという間に普及させてしまった。日本の行政の、変化に対する感度の鈍さとのろさは恐竜並みではないだろうか、世界の政治、経済は急激に変化
しているのに、このようなことでは本当に絶滅してしまう。私が最近痛感しているのはハローワークの非効率的な運用である。(次回に続く)

タグ

体と心をいたわる

【2010年3月1日の朝礼でのスピーチより】

□□□□
気管支炎になってしまいました。この3週間、せきが止まらずおかしいと思っていたのですが、そのうち治るだろうと医者にも行かずに済ませていましたが、ど
うも様子がただの風邪ではなさそうでした。ちょうど二人の娘も風邪をひいたので一緒に診てもらおうと、1年ぶりにかかりつけの耳鼻科に行ったら、先生から
「娘さんよりお父さんのほうが深刻だよ」といわれ、注射を打たれた上、2日後にその後の様子を電話で伝えるよう言われました。そういえば妻の友人もつい最
近肺炎になり、1カ月ほど入院したということでしたが、風邪だと思って侮ってはいけないものだと思いました。

□□□■
私は花粉症以外にはこれといって医者の世話になることもなく、体は人より丈夫だと思っておりましたし、元来、病は気からというように、ちょっとした風邪く
らいで病院へ行くなどというのは恥だとすら思っていたので、大概は我慢してすごしてしまいます。しかし、今回の自分の症状は、亡くなる前の父のそれにそっ
くりだったので、ちょっと心配になり医者に行くことにしました。

□□■□
父が亡くなったのは丁度8年前で、時期も今頃でした。正月ころに風邪をひき始め、どうも長引くと思っていたらそのうちに肺炎となり、見る見るうちに衰えて
行きました。それまでは、体は頑丈で食欲もあり、快食快眠を絵にかいたような生活ぶりでした。亡くなる直前まで現役で働いていましたし、自分では100ま
では生きるだろうと言っていたのに、あっさりと逝ってしまいました。

□□■■
自分の体に自信がある人のほうが、かえって自分の体を痛めていることに気がつかず、気づいたら手遅れいということがよくあるようです。そういえば、父は樺太出身で予科練で鍛えられてきた大正生まれの男ですから、日ごろから心身のことで弱音など吐かないタイプでした。

□■□□
私にしても、そのような父に育てられ、挙句に比叡山で3年間小僧をさせられるという経験までしたので、それなりの艱難辛苦に耐えてきたという自負がありま
す。冬になり周りで人々が寒い寒いと言っていても「比叡山の冬は本当に寒かった、それに比べればこんなもの寒いうちにも入らん。」とバカにしていました。
比叡山では、霜焼けで手は倍に膨れ上がるし、真冬でも靴下も履かずに一日中暖をとることもせず作務に従事していたのですから。しかし、それに比べれば東京
の冬など屁でもないと、わざと薄着で過ごしたり、暖房も付けずにいたりと、今思えばやせ我慢をしていたのかもしれません。

□■□■
いくら昔そのような生活をしていたといっても、それは10代半ばのころのことです。今のように暖衣飽食の生活にどっぷりつかり、年齢も50に近くなってきているのにいつまでも気持ちだけ昔のようにあろうとしてやせ我慢していても、体のほうはついてこられません。

□■■□
人間にとっての心と体は、良い人生を生きるための道具ですから、その道具を粗末にしてはいけません。自分の心をいたわり、体をいたわるということは、自分
を甘やかすということではなく、自らを幸福にし、周りの人々をも幸福にしていくための重要なメンテナンスと思わなくてはならないでしょう。

タグ

このページの先頭へ