イメージ画像

お寺の集客力

【11月30日の朝礼でのスピーチより】

□□□□
29日の日曜日、比叡山から栢木寛照師が東京に来られたので、一家引き連れてお昼をご一緒しました。色々とよもやま話をしていた中、長野の善光寺に年間お参りに来る参拝客数が600万人と聞いて驚きました。単純に365で割ると1日当たり1万6千人余りです。しかも、今年は7年に一度の御本尊の御開帳で、4、5月の2か月で750万人も参拝されたとか。

□□□■
1万6千人というのは、プロ野球の1球場のキャパに相当します。栃木の佐野にできたアウトレットモールが年間540万人ということですから、それを上回る人々が善光寺参りをしているのです。

□□■□
近年、地方の衰退が顕著になり、県庁所在地であっても商店街はシャッター通りと化し、駅前も閑散としているような状況が伝えられる中、このような集客力は出色のものがあります。長野県は、善光寺のおかげでかなり潤っているはずです。

□□■■
前日の28日には近所の品川・海雲寺で千躰荒神祭があったので、娘たちを連れてお参りしてきました。地元でこのようなお祭りがあることは知らなかったのですが、いってみると大勢の参拝客で賑わっており、青物横丁の駅から旧東海道を通る参道は大混雑でした。

□■□□
しかし、気になることがあります。それは、参拝客のほとんどが高齢者であるということです。大勢のお年寄りで賑わうその様子はまるで巣鴨のとげぬき地蔵のようです。沿道に出ている露店も佃煮、ワカメ、おしんこ、唐辛子など、お年寄りをターゲットにしたものばかりで、お祭りと聞いて大喜びでついてきた7歳の娘は、家に帰りつくと「綿菓子も売ってないしチョコバナナもないからちっとも面白くなかった、もう絶対いかない」と口を尖がらせていました。

□■□■
一晩で35万人が参拝するという池上本門寺の御会式も、そうはいいながらも私が子供のころに比べるとその参拝者の数には陰りが見える気がします。以前は駅前から山上の本堂まで人波をかき分けてたどり着くのに大変苦労したものですが、近年は割と簡単に到達できてしまうようになり少し拍子抜けします。

□■■□
東京ディズニーランド+ディズニーシーの2008年の年間来場者数は2,700万人ということです。こちらの方は、年々来場者数は増加の一途をたどっており、その集客力には驚きます。ディズニーランドは、かつて遊びに来た若い人たちがいずれ親になり、今度は子供を連れて遊びに来るという世代間の継承がうまくいっているのが一つの成功要因でしょう。

□■■■
しかし、神社仏閣の参拝客にはなかなか世代間の承継が果たされていない気がします。よって、お客はどんどん高齢化し集客力はどんどん落ち込んでしまうので、いずれは消滅してしまうかもしれません。お寺や神社の縁起やお祭りの意味などを孫たちに伝えていたおじいちゃんおばあちゃんが、少子化、核家族化などにより伝える相手がいなくなってきているのでしょう。

■□□□
お寺も今後はきちんとマーケティングを行い、若い世代の親や子供たちにもアピールするように方策を考えないと生き残っていけない時代が来るかもしれません。

タグ

休み

勤労感謝の日のため、マンデースピーチはお休みです。

タグ

休み

業務で朝一番で客先に出かけたので、マンデースピーチはお休みです。

タグ

移動しない若者

【11月9日の朝礼でのスピーチより】

□□□□
日本がまだ元気だった80年代、今では懐かしく思い出されます。

□□□■
私が社会人になった頃、時は1980年初頭。そのころの若者の話題といえば、ブームになりつつあったDCファッション(デザイナーズ・キャラクターズファッション)や、排ガス規制の制約からようやく抜け出して元気を盛り返してきた国産車、音楽では70年代、80年代洋楽黄金時代に並んでYMOのようなテクノサウンドがありました。

□□■□
そのころ、社会人になり給料をもらうようになると、まずは自分の部屋を借りて独立する。そして余裕があれば車を手に入れるというのが一般的でした。当時私の給料は額面13万程度、手取りは10万円。これで1K(6畳と4.5畳の台所と風呂)のアパートの家賃が35,000円でしたから、残業で稼がないと生活できない状況でした。それにもかかわらず中古とはいえ車を買ったので、月極駐車場代の5,000円を支払うのがとても大変だったことを覚えています。

□□■■
そのころは高性能なツインカムエンジンやターボを搭載したスポーツカーが登場したころですが、私はとてもそのような新車は買えないので、友人から10万円でコロナを譲ってもらい、2年くらい乗ってからようやくスポーツカーと呼べるセリカLB2000を(もちろん中古)30万円で購入しました。

□■□□
当時ガソリンの価格が150円以上しましたので、今よりよっぽど高額でした。今でも当時の記録(車計簿)を持っておりますが、燃費の悪さに笑ってしまいます。それを見ると、1984年の2月5日の燃費が5.9Km/l、2月20日が4.8Km/l、2月26日がなんと3.79Km/lでした。寒い冬は思い切りチョークを効かせるので、暖気運転だけでガソリンを1リットルくらい使ったのではないでしょうか。薄給の身にはこたえる価格です。

□■□■
ですから、ガソリンスタンドに行っても10リッターだけ売ってもらうということもありましたし、Emptyぎりぎりまで給油しないので何度もガス欠になってしまいました。だから、私の車にはポリタンクが積んであり、いざという時は最寄りのスタンドまで走っていって、ガソリンをポリタンクに入れてもらうのでした。ガソリンが赤い色をしているのを知っているのは俺たちくらいかなと友人と笑いあっておりました。

□■■□
勤めていた会社には、車よりもファッションというタイプの同僚もいました。彼の部屋でマージャンをしている時に、ふと壁にかかっているおしゃれなジャケットが気になったのでどこのブランドか聞いてみると、J.Pressというブランドだそうです。そして値段を聞いてたまげました。10万円もしたそうです。「10万円もするの?、札束を張り付けて作ってあるようなもんじゃないか」と言ったのを覚えています。

□■■■
しかし、我が身を振り返れば燃費の悪い中古車でガソリンばらまいて走っているわけですから、他人のことはとやかく言えません。何に金をかけるかというのはその人の価値観の問題ですが、いずれにしろ、このころはバブル前の消費志向が高まっていた時期で、皆、分不相応な買い物をしていたものでした。

■□□□
それから25年が経過し、ガソリンは100円前後、食費もさほど値上がりしていないと思います。吉野家の牛丼並盛は1980年ごろ350円だったと思いますが、今でも380円です。デパートではスーツが1万円程度で買えますし、居酒屋もクーポンなどを使えば一人2千円くらいで飲み食いできてしまいます。25年前、ビデオデッキを20万円くらいで買った記憶があります。今、家電品は驚くほど高性能で低価格になっております。生活必需品は、ものによっては25年前と同じかそれより安いというものがたくさんあります。

■□□■
順当に値上がりしているのは、多少の乱高下はあるにしても不動産価格、つまり戸建て住宅やマンション、それに伴って賃貸住宅の家賃などでしょう。ユニクロや100円ショップなどの登場により、生活に必要な衣食住のうち、衣食にはそれほどお金がかからなくなってきています。ガソリン価格が25年前とそれほど変わらないのは、円高が大きく影響しています。1985年のプラザ合意までこのころは1ドル240円程度、それから現在の90円まで上がってきたので、ガソリンを含む輸入品はその分安くなるわけです。当時バーボンのジャックダニエルズが1本8,500円もしました。そんな高い酒をステージでがぶ飲みするStonesのキースリチャーズを見て、「やっぱり大スターは金持ちだ」と勘違いしたものです。衣食住のうち、衣食は輸入品により低価格化しているのに対し、土地は輸入するわけにいかないので住の部分が安くならないのでしょう。

■□■□
生活コストが下がった分、若い人が車を買ったりファッションにお金を使ったりするかというと、どうもそうではないようです。それは、少子化により親と同居する人が増えたということ、携帯電話、メールといったコミュニケーション手段が登場したことにより、部屋にこもっていても、そこそこ人とコミュニケーションがとれるということが大きな要因でしょうか。

■□■■
かつては、若い人が異性との新たな出会いを見つけるには、車でスキー場やサーフィンに出掛けて行ったり、バンドをやったりテニスサークルに入るなどして初めて成り立つものでしたが、今やネットを使って知らない同士が簡単に知り合いになれてしまいます。わざわざ時間と金をかけなくても結構楽しく過ごせてしまうのです。

■■□□
昔はコミュニケーション手段が限られていたので、もっぱら人は移動することが求められました。だからかっこいい車を無理して買ったのです。移動するということは、外に出て人前に出るということですから、ファッションにも気を使います。そうしたことから、若い人は、車(バイク)、洋服、レジャー道具(スキー、サーフィン、テニス)などに多くのお金を使いました。今のようにネットがありませんから、情報収集手段として本もたくさん買われたことでしょう。

■■□■
しかし、移動する必要がなくなり、「移動しない」若者たちは、ネット上でコミュニケーションをとり近場の仲間と家食で済ませてしまうので、年収200万円以下でもそこそこ生活が楽しめるようになってしまいました。これは成熟した国家の良い現象として肯定的に受け取ってよいのかどうか難しいところですが、無理に上を狙わず、まったり無難に過ごす人が増えているのは事実のようです。

■■■□
戦後60年が過ぎ、経済的に閉塞感に包まれた日本。大企業がみっちりと隙間なく市場を押さえてしまっている現代では、高度経済成長期のように市場に空席がたくさんあり、頑張れば早い者勝ちでその席を獲得できた時代とはすっかり違ってきてしまっています。そのような中で自らリスクをとりアグレッシブに上を目指そうという人が出てこなくなるのも致し方ありません。

■■■■
「移動しない」ということは、単に地理的に動かないという意味の他に、自分の今いるポジションから上を目指して移動する(這い上がる)こともあきらめてしまっているという意味も含んでいます。こうして格差が固定化し、デフレは進んでいくのでしょうか。

タグ

顧客のニーズに応える

【11月1日の朝礼でのスピーチより】

□□□□
ファストフードやチェーンのカフェなどでは他店との差別化を図るために様々な工夫を凝らしています。そうした中、顧客の好みに合わせて様々なオプションを選択できるようにしている店があります。選択の幅が広がるということは、顧客からするとそれだけリッチな気分になれるわけです。

□□□■
しかしその反面、あまりにも色々なオプションを用意されると面倒くさいと感じる私のような横着な客がいることも事実です。私は元来、食事や着るものはありもので済ませるタイプで、モノをあれこれ見て時間を過ごすのは時間の浪費と感じてしまいます。これは子供のころからの性格です。小さい頃、母親と洋品店に行くのが大嫌いでした。あれを着てみろ、これはどうだといわれるのが苦痛で、一刻も早くその場から逃げだしたくなるのでした。今でもデパートの洋服売り場に30分もいると吐きそうになります。

□□■□
この性格は父親譲りのようで、昔、母と一緒に買い物に出かけた際、洋服選びに夢中になっていた母がふと気付くと父がいなくなっていたそうです。どこへ行ったのかと探してみてもどこにも姿が見えません。結局一人で家へ帰ってしまっていたそうです。

□□■■
そんな私ですから、注文がややこしいお店は嫌いです。カミさんはサブウェイが大好きですが、私は一人では絶対に行きません。のっけからパンの種類をどれにするか聞かれた日には、「普通でいいよっ」といいたくなります。しかしパンの種類に普通はないから始末に負えません。スタバもそうです。私はコーヒーは飲まないので「紅茶はありますか」と聞くと、テーブル上に置いてあるのとは別のメニューを見せられて選択を迫られました。聞いたことのない名称や用語が並んでいるので一瞬パニックになります。レモンティー、ミルクティー、ロイヤルミルクティーあたりが私のボキャブラリーの限界です。

□■□□
注文を決めてほっとしたのもつかの間、「サイズはいかがいたしましょうか」と追い打ちをかけてきます。大・中とか、S/M/Lならわかりますが、グランなんとか、だのトールだの、これまでの人生で聞いたこともないような用語がつかわれます。店の側が勝手に決めた変な固有名詞を客に押し付けるのはどうかと思いますね。
私は理系なので、どのサイズだと容量がいくらで1CC当たりの単価がいくらになり、どのサイズが一番お得で、自分の滞在時間や胃袋の容量とマッチするかという難しい考察に入ってしまいがちです。後ろで人が並んでいたりすると気が気ではありません。そうしたことがパッと見てわかる一覧表が必要です。こうしたやりとりは、まるで圧迫面接を受けているようなストレスを感じます。

□■□■
ずっと以前、「男は黙ってサッポロビール」というキャッチフレーズが流行りましたが、昔の男は無口がカッコイイとされたものです。渋い男の代表であるゴルゴ13(あるいは高倉健)が、店のカウンターでトッピングやサイズなどをあれこれ店員に伝えているのが絵になるでしょうか。飲み物は「ナマ!」、食事は「いつもの」と簡単に済ませられることが、私のような男にとってはかけがえもなくありがたいのです。

□■■□
だから、高級なフレンチレストラン(めったに行くことはありませんが)などで、ワインを注文した時の「テイスティング」というやつも困ります。一応儀式なのでその作法に従いますが、ちょっと注がれたワインを口にして、そのあと何を言うべきかで悩みます。何がしか感想を述べなければならないかとは思いますが、「すっきりしていますね」などと心にもないことを言ってしまうと、後でその自分の言葉を反芻して自己嫌悪に陥るのです。「勝手に飲むから黙ってワインボトルを置いといてくれ。腐っていたり酸化していたりしたらちゃんと伝えるから放っといてくれ」というのが本心です。

□■■■
すし屋では、私はほとんど好き嫌いはありませんから「お任せ」で適当に出してくれるのが一番助かります。お昼ならメニューにあれこれ書いてあっても「日替わりランチ」があれば何も考えずにそれを注文します。

■□□□
客にあれこれ指定させる洋物飲食店は、ぜひ「吉野家」を見習っていただきたい。普通の客は「並」か「特盛」という分かりやすい選択肢から選べばよく、余計なことに悩まなくてすみます。そして常連というか通になれば、「つゆだく」だか「しるだく」だの「ねぎ増し?」だとか、その道で、ある程度知見を積んだ人に許されるオプションを指定できるのです。

■□□■
黙っていればすっと標準的なものを提供し、こだわりの客にはそれなりに応えてあげる、これこそが顧客に対するサービスではないでしょうか。客からいちいち要望をヒアリングする洋物飲食店と、黙ってお任せの日本の飲食店、この文化の違いは、単一民族で同じ言語を話す島国日本と、陸続きで言語も多様な欧米のコミュニケーションに対するスタンスの違いから来ているのでしょう。でも、それをそのまま日本に持ち込み、おしゃれで新鮮な感覚として提供するのはわかりますが、何の工夫もなければいずれ飽きられることでしょう。

タグ

このページの先頭へ