イメージ画像

善因善果

□□□□
少し面白い出来事があったのでその話。

□□□■
昨夜、家族で食事に出かける際に隣の駅までバスで行った。下の娘は母親と座りたがるので、妻と二女、長女と私でそれぞれ二人掛けのいすに座った。食事も終わり、そろそろ帰ろうかという時間になり、バスがまだあるか時刻表を携帯で調べた。JRで帰っても1駅であり、時間も大して変わらない。すると、ちょうど5分後に最終バスが出るということがわかり、急いで会計をしてバス停へ向かった。

□□■□
下の娘は食事中に寝てしまったので私が抱っこして帰らなければならないので、家の前まで行ってくれるバスに間に合ったのは幸いだった。バス停に着いて間もなく、ほとんど乗客を乗せていないバスがやってきた。

□□■■
今度は妻と長女が二人掛けの席に座り、その後ろの座席に二女を抱っこした私が座ろうとしたところ、座席の上に何やら小さな黒い革の小物が置かれているのが目に入った。瞬間、「これは誰かの忘れものだな、運転手に渡してやろう」と思いつつそれをよく見ると、なんと、私が長年使い慣れたキーケースだった。今日も確かにポケットに入れて持ち歩いていたはずだった。「え、何で?」と不思議に思ったが、よく考えてみるとその席は出かけてくるときに座った席と同じ位置だった。

□■□□
つまり、来る時に私がポケットから落としたキーケースが、そのまま座席の上に置かれた状態で誰にも拾われずに2時間ほど巡回し、再び同じバスの同じ席に座った持ち主に拾われたということなのである。不思議な偶然と幸運な出来事に私も妻も驚いた。

□■□■
そこで昼間の出来事を思い出した。
土曜日で梅雨の晴れ間(といってもどんよりと曇っていたが)に恵まれたので、近くの公園へ二人の娘を連れて行った。すると、公園の入口で落し物を見つけた。ベビーカーに取り付けて使う、毛布などを挟むためのクリップで、ミッキーマウスか何かのキャラクターがついたものだった。これは2つ対で使うもので、うちも子供が小さかった時は同様の商品を使っていたし、落として買いなおしたこともあった。しかし、近くを見回してもベビーカーらしきものは見当たらないので、人や自転車に踏みつけられないように低い柵の上の乗せておいた。

□■■□
しばらく子供と遊んでいるうちに、奥の方でベビーカーを傍らに置いてブランコに乗っている母子を見つけた。父親らしき人もその横にいた。この公園は結構広くて、入口からはこの家族が見えなかったのである。落とし主かどうか確かめようとそのベビーカーの方へ娘と一緒に近づくと、その母親は私たちがブランコを使うために来たと思ったらしく、さっと気持ちよく譲ってくれた。そこで、「このクリップが入口の所に落ちていましたよ」と教えてあげると、すぐに気付いた様子で私に礼を言うと父親と一緒に急いでそれを取りに戻って行った。

□■■■
遠くてよく見えなかったが、無事に落し物を見つけたようだった。ベビーカーのクリップなどはちっぽけなものであるが、それでも無くすと痛いものである。特にキャラクターものの商品だとそれなりに値も張る。自分も失くした経験があるのでよくわかる。他人事ながら、「見つかって良かったね」という思いだった。

■□□□
そんなことがあった日の夜に、この不思議な偶然である。大袈裟かもしれないが、「善因善果」という言葉を思いだした。善い行いをすれば善い結果が返ってくるという仏教の教えで、反対の言葉に「悪因悪果」というのがある。もちろん、何か良いことをしたからといってすぐに結果が得られるわけではないし、そうした結果を期待するのも誤りであろう。しかし、昨日の出来事は、単に運がよかったということではなく、「善因善果」ということをぼんやりと認識していた私に、誰かが強く教えようとするメッセージだったように感じる。

■□□■
最近世を騒がせている食品偽装、あるいは人材派遣、英会話教室など色々な会社が社会から非難を受け、金太郎飴のように同じようなキャラクターの社長が出てきて、カメラに向かって謝罪をする姿がテレビに映し出される。社会を欺いて利益を上げ、社員を苦しめて業績を伸ばして短いわが世の春を謳歌しても、後に残るのは虚しさだけである。こうしたケースが「悪因悪果」である。私が籍を置いた比叡山の開祖伝教大師も「因無くして果を得る、是の処(ことわ)り有ること無し」とおっしゃっている。経営者であれば、世の中に害毒を流して自分一人の人生を物質的に豊かにしようとするよりも、自分が死した後に人材を残すというような考え方になってもらいたいものである。

タグ

ゼロベース思考(第4回)

*** テーマはなにか ***

ゼロベースで発想すること自体は大切ですが、前提としてまずテーマはなにかということを思い出さなければなりません。時としてこのテーマが置き去りにされるので大きな齟齬が生じます。ある企業では、コンパスと称して会社の理念を携帯に便利なカード型にして社員に持たせています。これは、会社の理念つまりテーマは何であるかということを常に社員に意識させ、自分の今とっている行動がそのテーマに沿っているのかどうかをチェックできるようにしているのです。つまりテーマは自分がどこへ向かえばよいかを示す羅針盤、コンパスなのです。こういうコンパスは、税金を使ってもいいから社会保険庁の役人に持たせたいものです。

仕事をしているときに、ときどきその仕事のテーマは何かを思い出す癖をつけましょう。そして、今自分がやっていることはそのテーマに近付いているのか遠回りしているのかに気づくことが肝心です。

*** 事例―テーマ最優先の秀吉 ***

秀吉が天下を取る前、祐筆に手紙を書かせているときの話。口頭で文書の内容を伝えているときに、祐筆がとまどったように少しお待ちくださいと秀吉の話を遮ったそうです。どうしたのかと尋ねると、祐筆は「恥ずかしながら今のところでだいご(醍醐)の文字を失念してしまいました。すぐに思い出しますからしばらくお時間をください」と言ったそうです。それに対して秀吉は、「そんな時間などあるか、構わぬから大五とでも書いておけ」とえらい剣幕で怒鳴りつけたので仕方なくその祐筆は「大五」と書くしかなかったそうです。

しばらくしてその祐筆がひどく落ち込んだ様子をしているのを見た秀吉が、どうかしたのかと尋ねると、あの手紙が後世に残って醍醐と書くべきところを大五などと書いたことがのちの人々に晒されるかと思うと情けなくて食事ものどを通りません。とその胸中を述べたのです。しかし秀吉はそんなことかと大笑いして、「今の戦乱の世の中で、たかがその程度の過ちをだれが気にも留めるものか」と笑い飛ばしたそうです。

*** 事例―女性の身支度 ***

よく若い女性がデートに遅れる理由として、着ていく服を選ぶのに時間がかかってしまうということを聞きます。ここでは待ち合わせた時間に彼氏と会うというテーマよりも、自分がどう見られるかということにテーマが移ってしまっているわけです。まあ、若いうちはそれでもかわいいねで済むかもしれませんが、年を取ってからもそれでは単にルーズな人と見られてしまうでしょう。

私が今も一緒に暮らしている、とてもよく知っている女性との思い出話です。二人で旅行に行こうとした日の朝、寝過したのであわてて支度をはじめて家を飛び出しました。私も前の晩から一緒にいたのでよく覚えています。すでに指定席を購入しているのでその電車を逃すことはできません。家から駅まであわてて走って行きました。私は二日酔い気味でつらかったことを覚えています。

しかし、駅までもう少しというところでなぜか彼女は近くのコンビニにお茶を買いに飛び込んでしまったのです。レジを待つ彼女はかなり焦っていましたが、それを見た私はもっと焦ってしまいました。何故今お茶なんだ? ようやく店から出た彼女と駅のホームへ走りこむと、その電車は間一髪でホームを走り出してしまった後でした。結局その日の旅行はおじゃんとなり、彼女はその日一日不機嫌でしたが、私には彼女の不思議な行動が理解できませんでした。おそらく彼女の頭の中には、お茶を買ってから電車に乗るという手順が強固に出来上がっていて、そのシーケンスどおりに行動してしまったのでしょう。

*** 事例―主婦の買物 ***

一般的に家庭の主婦はチラシを見て1円でも安い店で買いますね。商品Aはこちらの店で、商品Bはあちらの店で、という具合にいくつもの店をはしごしますが、男の場合は多少安く物を買うということよりも時間を大切に思う傾向があるようです。そんなに違わないんならここで買ってしまえというのが男の考え方でしょうか。

*** 事例―テーマのずれ ***

先日オークションにはまっている妻が言っていました。女性の買い手は1円でも安くしたいからなんたら便で送れとか面倒くさいことを言うが、男の買い手はたいがいYahooゆうパックで構わないと言ってくれるから楽なんだそうです。女性は1円でも安く買いたいというのがテーマで、男性は欲しいものを手に入れたいというのがテーマだからでしょう。

例えば、同じ車を所有するということをとっても、それが通勤手段として考えている人と、車をいじるのが好きだという人では自ずと違ってきます。車を通勤手段として使うのであれば、故障が少なくて燃費の良い車を求めますが、車いじりが好きな人にとっては故障しない車は魅力的ではないかもしれません。後者は、時々思いもよらない故障が発生して、それに対処することが楽しいという人です。犬好きと猫好きの違いのようなものです。

*** 言うは易く ***

ゼロベースについて長々と書きましたが、自分がそれを出来ているのかといわれると自信がありません。私もハマりやすく、視野狭窄に陥りがちなのでこの話は自戒の念をこめて書いています。

日本人の女性漫画家が外国人の旦那を面白おかしく描いて話題になっているマンガを読みました。その中に、仕事が忙しくて家の中を整理する時間がないと言っている旦那が、たまたま壊れたFAXを修理しようとして4時間もいじくっていたという話があります。普段はとても思慮深い彼ですが、やはりハマりやすい性格なのでしょう。西洋人だから論理思考であるとは言い切れないようです。

タグ

ゼロベース思考(第3回)

ゼロベース思考(第3回)

【事例―私のケース】

先週、会社のWebサイトを手直ししていて、少しはまりそうになりました。メニューの部分がグラフィック化されていて、グラフィックソフトFireWorksでボタンを修正したのですが、どうもボタンによって思ったより1ドットずれることがあり、なかなか解決しません。色々と試す選択肢はあるのですが、ちょっと考えなおしてみました。

会社のWebサイトをメンテナンスする本来のテーマ(課題)は次のようになります。
(1)会社のWebサイトを通じて多くの情報をより早く提供すること
(2)利用者にとって使いやすくわかりやすいサイトとすること
(3)SEO上も効果のあるサイトとすること

これらのテーマの中には、「私がFireWorks使いになる」というものは含まれていません。FireWorksやDreamWeaverを使った高度なテクニックを身につけるということは、技術者にとってかなり魅力的なことではあります。しかし、本来のテーマを思い起こすことにより、メニューの部分をグラフィックにする必要性がないのではないかと気がつきました。

多少凝った3D的なボタンを配置するよりも、シンプルにテキストベースで作成した方が、自分のみならず誰にとってもメンテが楽だし、表示速度も若干速いはずです。特にコンテンツのサイズが少ないということは携帯電話やスマートフォンで参照する場合は重要です。小難しい技を駆使して自己満足的な世界に浸るよりも、課題をクリアする近道を探るというのが大切です。

【事例―TVで見たクリエイター】

先日見たテレビで、新進気鋭の日本人クリエイターを特集していました。彼はWeb上で様々な斬新なアイディアを実現し、世界でも注目される売れっ子クリエイターです。その番組で彼のオフィスが紹介されて少し驚きました。そのようなクリエイターならば、オシャレな街にいかにもという格好いいオフィスを構えているのかと思いきや、どこかの雑居ビルの地下の小さな部屋を事務所としていたのです。

番組中からが語ったところによると、打ち合わせをする際は近くの公園へ行ったり喫茶店を会議室代わりにしたりして、あちこち放浪しながら仕事をするのだそうです。そうすることにより、新しいアイディアが浮かぶとのことでした。これなどは、場所や時間をさまざまに変えてミーティングを行うことにより、参加者の気持ちもリフレッシュされて毎回新しい気持ちで会議に臨めるのでしょう。

私が以前勤めていた上場している中堅ソフトハウスでは、色々な定例会議というのに出席させられました。主任会議、リーダー会議、プロジェクト会議、何とか委員会などなど。それらは毎週決まった曜日の決まった時間に同じ会議室で開催されるので、どうしてもマンネリになります。内容も進捗の遅れはだれの責任であるとか、いついつまでに工程表を書き直せだとか、いわゆる物書き的な、官僚的な、文系的な考え方と作業を強制されているようで、まったくクリエイティブな気持ちにはなりませんでした。

またテレビの話ですが、一昨日のNHKで私が子供のころにギャグ漫画家として一世を風靡した赤塚不二夫の特集をやっていて思わず見てしまいました。彼もクリエイターである上に、プロダクション方式でマンガをビジネスにした先駆者です。その彼がやはり漫画のネタ出しの会議として使うのが喫茶店だったり公園だったり、時にはキャバレーへ繰り出してそこでミーティングをしたそうです。

毎週何本もの連載を抱えていると、そのプレッシャーは計りしれませんが、期待通りに常識を覆すギャグを繰り出した裏には、ゼロベースでアイディアを出せる環境を作り出し、常識をひっくり返して世間をあっと言わせてやろうという発想があったからこそ、なのでしょう。

タグ

ゼロベース思考(第2回)

*** リセット ***
長い間パソコンの画面に向かっていたり、本を読んでいたりすると目が近いものにピントを合わせようとして近視になるそうです。それはある意味、生物の進化といえるもので、遠くを見る必要がなければ近いものが見やすくなるように体が順応するそうです。私は手遅れですが、そうでない人は時々遠くを見るようにすると近視防止によいそうです。

同様のことが思考にも言えます。もしかすると、研究者のように一つの物事を深く探求してばかりいると、考え方が固定化してしまうのかもしれません。だから、気分転換として全く違うことを趣味とするのは、視野狭窄の防止に役立つのかもしれません。どこかの国の公務員のように、毎日同じ環境で同じ仕事ばかりしていると、国民のためという本来のテーマを忘れ、省益優先があたりまえ、いかにして自分たちの仕事を守るかということだけに意識が集中し、社会のため国民のためというところまで考えが及ばなくなるのかもしれません。「発想の転換」とか「自由な発想」というのは様々なしがらみを振り棄ててゼロから考え直すことによって生まれるものです。

人によっては、複数の仕事を抱えもつ方が効率よく仕事ができるということがあるようです。そのような人は、Aの仕事で少し行き詰まったら今度はBの仕事に打ち込み、ほとぼりが冷めたころにまたAの仕事に戻ると、先ほどの行き詰まりが簡単に乗り越えられるというものです。他の仕事をしている間に、潜在意識が勝手に別の仕事をしてくれているという表現をする人もいます。また、欧米ではヨガや禅に興味を持つ経営者がいるようですが、彼らも精神的にリラックスして、ゼロベースで考える素地を作りたいと欲しているのかもしれません。

エグゼクティブは会社にいるときはゴルフの話ばかりしていて、ゴルフ場では仕事の話ばかりしているというジョークがあります。このエグゼクティブは案外仕事ができる人なのかもしれません。

以下は以前ベストセラーとなった「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」からの1節です。

私たちのもっとも実りの多い経営会議のいくつかはカヌーの中で開かれた。思いがけずうれしかったのは、君が大自然が好きだったことで、私は君とその楽しみを大いに分かち合った。私にとって、雑念でいっぱいになった頭を整理するのに、森の静けさほどありがたいものはなかった。

いつだったか、私はこのような旅行中に、私流の問題解決の方法を君に話したことがある。なかなか決心がつかなくて、行き詰まったら、関連のある事実をすべて揃えて、その問題を君の心に預け、しばらく寝かせるといい。カヌーを漕いだり、釣りをしたり、獲物をおったりしているうちに、時間がたてば無意識のうちに考えが整理され、まとまってくる。それはまるで、個人用の目に見えないコンピュータを持っていて、さしあたり何かをしている間に、君の思い通りに作業するよう、プログラムできるようなものである。これは必ずうまくいった。釣りや狩りの旅が終わりに近づくころには、問題の解決策なり、行動方針なりが決まっている。それはしばしば直観的な解決で、そのためには、静かな自然の執務室ほど役に立つものはない。私には、自然はこの世の中で最高の経営顧問だと思っている。

― キングスレイ・ウォード 城山三郎訳 新潮社 ―

タグ

Dreamweaver CS3 のクラッシュ

最近Dreamweaverを本格的に使用し始めていますが、時々クラッシュすることがあります。それでも再起動すれば通常は問題なく作業を再開できるのですが、今日は違いました。

起動してもスプラッシュ画面が表示されるだけですぐに落ちてしまいます。あれこれ調べた結果原因がわかりました。

それはCSSファイルです。推測ですが、何かの拍子におかしな定義をCSSに加えてしまったのでしょう。それをやってしまうと二度と立ち上がらなくなります。Adobeのトラブルシュートに従って色々試しましたが、結局は問題のCSSファイルを一旦プロジェクトファイルから外して起動することにより正常に立ち上がりました。

レジストリやキャッシュを削除して調査したのですが、原因と分かったことにより、これらは障害発生時点のものに戻すことができ、大事にならずにすみました。

以上、覚えとして書き残しておきます。

タグ

2008年6月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑記

ゼロベース思考(第1回)

*** ゼロベース思考とは ***
ロジカルシンキング関連の本を読んでいると、「ゼロベース」という言葉がよく出てきます。これは、問題解決などのために思考を巡らす際にそれまでの常識や習慣を一旦リセットして新たな気持ちになることで、それまで考えもつかなかった斬新なアイディアが生まれるというものです。

このようなことは誰でも経験していることでしょうから、他人に「ゼロベース」などという名称で定義付けされるのはお節介かもしれませんが、便利なのでこの呼び方を受け入れましょう。

これは日常体験することで特別なものではありません。たとえば、ビジネスメールを書いているときに、何かの用事で少し別のことをした後、再びそのメールを読みなおしてみると、先方に説明すべき事柄が抜けていたり、同じ意味のことを繰り返していたりすることに気づくことがあります。ロジカルシンキングの大敵「漏れ」と「重複」が発見されるわけですね。

最初にメールを書いていた時には気づかなかったこれらのことが、いったん別の仕事をして頭がリセットされたことにより、つまりゼロベースで自分の文章を見直したことによりその問題点に気づくのです。このようなことから、大切なメールは同僚に見てもらうということも一つの方法です。なぜなら同僚は文章を書いた本人ではないので客観的、つまりゼロベースでそれをチェックできるからです。

*** 視野狭窄 ***
「ゼロベース」で発想することとは反対のふるまいに「視野狭窄」というものがあります。もちろん、医学で言うところの視野狭窄ではなく、もののとらえ方がある一点に集中してしまい、他のことに目がいかなくことを言います。よく「あの人は視野が広い」とか、「どうも視野が狭い」といった言い方をしますね。

「視野が狭い」といわれると何か侮辱されたような気がしますが、時に応じてそうせざるを得ないこともあります。人は物事をとらえるときに大局的に、つまりマクロ的にものを見ることも必要ですし、一つのことを深く掘り下げて見ていく、つまりミクロ的な目も必要であり、その両方をカメラのレンズと同じように必要に応じて使い分けることが大切です。

部屋にこもって行う仕事をしている人は、反対にアウトドアを趣味とするなどというのはよくある話ですが、他にも色々な人の話を聞くのも効果的です。といっても近所のお年寄りと世間話をしろという意味ではありません。やはり様々な分野の第一線で活躍している人たちの話は、大変刺激になるし視野も広げてくれます。

私は昨年まで2年間ビジネススクールに通っていましたが、さまざまな人が講義をしてくれました。例をあげると、トロンの坂村教授、WIDEプロジェクトの村井純教授、SBIの北尾社長、西岡元インテル社長など錚々たる面々。それに慶応ビジネススクールの矢作教授、嶋口教授、梅津教授など。そういった人々の講義を聞くと、何とは明確に言えませんが心の視野が広くなり、経営という仕事が楽しく感じられるようになりました。弱小ソフトハウスの虚弱経営者である私は、それまで会社経営に関してもどうも視野が狭くなっていたような気がいたします。

学校へ通わずとも、巷では色々なセミナーが開催されています。無料のものも多くありますので、興味があればぜひのぞいてみるべきでしょう。私は最近、船井総研のセミナーに時々でかけますが、その多くはやはり無料ですし多くの有益な情報を得られます。

タグ

このページの先頭へ