イメージ画像

現地調整

20年前、当時私が携わっていた制御系の仕事でのフィニッシュは、現地にシステムを設置後に動作テストをして、カットオーバーを迎えるということでした。
当時のマシンはラックマウントが数本、2重系だとその倍だから10本以上にもなり、プリンターやらMT(磁気テープ)を保管するロッカーやらなんやらでかなりのスペースを必要とし、専用のマシンルームが必要となります。

私の20代前半はいくつもの浄水場の仕事に携わり、全国各地の浄水場へ現地調整(略して現調)に行ったものです。このような案件は、設備工事と一緒に発注されることが多いので、新しいプラントを作ったり、マシン室の増築や空調工事をしたりで、当時の私から見ると、「工事のおじさん」たちと一緒になって仕事をしていた、という印象でした。

普段よく建築の現場で見かける光景ですが、プレハブの建物があってそこでヘルメットをかぶった作業員の人たちが働いているのを見ることがあります。私が現地調整で仕事をするのは、まさにそんなところでした。プレハブの建物は現場事務所と呼びますが、私たちソフト担当のプログラマーも、作業服を着てこの現場事務所でデバッグ作業を行います。工事中のマシンルームへ出入りするときは、皆と同じように作業服にヘルメットを被って行くので、傍目からは工事作業員と思われていたことでしょう。

現場事務所での作業は、普段の自分たちの生活とはかけ離れていて、結構面白いものでした。朝はラジオ体操をしてその後は朝礼、「今日もゼロ災で行こう、ヨシ!」という掛け声と共に人差し指で目標を差す「指差し呼称」をして朝礼が終わるのも新鮮な感じがしました。

広島の現場事務所では気のいい所長がいて、私はその人のさばけた感じがとても好きでした。また、部下にも面倒見のいい人たちがいて、よく飲みに連れて行ってもらいました。私がバンドをやっているという話をすると、少々髪も長かったものですから、「こういう若者が入ってくるとは、時代は変わったなあー」などといわれたものです。今のように茶髪で会社に行っても何もいわれなくなったのは、当時と比較するとまだまだ最近のことですね。

しゃぶしゃぶを奢ってくれたりした、寡黙だけれど気前のいい人がいましたが、彼があるとき、会社の野球チームに所属しているとかで背番号24のユニフォームを来ているのを見て、「お、中畑ですね」と声をかけたら、露骨に嫌な顔をされました。どうしたのかと思ったら、広島では24番といえば広島カープのだれそれというのが常識で、巨人の選手の名前を出すなどというのは論外だということで、ここは広島なんだなと感じました。

その広島での体験を2つほど紹介します。

あるとき一人の若者が現場事務所に尋ねてきました。確か副所長が応対したと思いますが、なにやら簡単なやり取りの後にいくらかの現金を支払い、神社のお守りのようなものを受け取っていました。後で聞くとそれはいわゆる地回りで、新しい作業現場に挨拶に来たそうです。この若者もその筋と分かるような風体でもなく、ちゃんと領収書も渡していたように思いますが、副所長の対応も慣れたものでした。なんだか「大人の世界を見たなー」という感想でした。

現場事務所に訪れる、あまり来て欲しくない来客は、先の地回りだけではなく、身内の中にもいるようです。あるときいつも快活な所長が、明日から2日間監視員が来るからどうとかこうとかと、あまりさえない調子で話していました。「ソフト関係の人たちには面倒は掛けないと思いますから」という所長の言葉に、何やらやっかいなことが起こるという予感がしましたが、結局それは安全管理や品質管理のための内部監査員がやってくるということでした。なので、その人が来たからといって別段何も面倒が起こるわけではなく、単にちょっと教えてくださいという調子で話しかけられ、ソフトの品質管理のためにどういう作業手順で仕事をしているかといったことを簡単にヒアリングされたくらいでした。我々ソフト開発の仕事の内容を理解している人は、現場事務所の所長を始め一人もいませんでしたので、当然その監査員も通り一遍のことを聞いてそれを書き留めるだけで終わりました。

その監査員が来た日の夕方、現場事務所に全員が集められて安全管理に関するディスカッションが行われました。もちろんそれを仕切るのは所長ではなく監査員でした。ハインリッヒの法則などを引き合いに出し、危険の芽を早く摘むことが安全のためにいかに重要かというような話で、「ヒヤリハット」という聴きなれない言葉がよく出てきました。これは、現場での作業中にヒヤリとしたり、ハットしたことをいい、「ヒヤリハット運動」というのはこれらを危険につながる前兆として見逃さず、問題を解決するためのアクションを起こしましょうというキャンペーンのことでした。

会議の終盤でその監視員が全員に対して、これまでの作業を通して何か「ヒヤリハット」を感じたことはありませんかと質問した。しかし何故か現場の居並ぶおじさんたちはこの監査員がそれほど怖いのか何なのか、いつもテンションの高い所長を始め皆押し黙って重苦しい沈黙が流れていました。こういうとき、黙っていられないのが私の性格で、新参者でしかも工事現場からは浮いた存在のソフト開発担当者という立場で発言してよいかどうか迷った末に「事務所へ行き来する道の途中に長さ1mほどの鉄骨が転がっていますが、暗くなると足を引っ掛けて怪我をすることになりかねません」と私がいうと、その監査員は我が意を得たりという感じで「それですよ、そういう意見が大切なんです」と、私の意見を称えてくれました。会議の雰囲気もなんとなくホッとした感じになりました。

この仕事を通してずいぶんと色々なところへ長期出張したものですが、普段とは違う世界を色々と体験できたことはとても良いことだったと思っています。私の会社は人材の派遣は基本的にやりませんが、人間として成長する上で色々な会社に行って、違った業界、職場を見ておくということはとても大切なことだと思います。

タグ

始末書

私が最初に勤めたK社で、後にも先にも始めて始末書を書かされたことがある。入社2年目、ちょうど今頃の時期だったと思う。新潟の長岡で、浄水場システムの現地調整のために数ヶ月にわたって出張に行ったときのことだ。

定宿にしたのは長岡駅のそばの今重旅館という和式旅館で、1泊5千円程で朝夕の食事もついていて、米はうまいし食べ放題、夕飯には刺身などをつけてくれたので結構割安感があった。ここに、先輩のS氏と私、他に元請の社員数名と長期滞在したのであった。出張中に大韓航空機がソ連の戦闘機に撃墜されたニュースをやっていて、旅館の女将さんが「これは戦争になるかもしれないよ」と興奮した口調で語っていたのを覚えている。だから83年のことである。

さて、出張すると宿泊費や日当が出るので、薄給の身分ではそれが長期にわたると結構な臨時収入になる。確か当時は、1泊すると宿泊費が5千5百円と日当が千五百円出たように思う。当然ながらその他に旅費が実費で支給される。だから、うんと安い木賃宿に泊まって宿泊費を浮かせる人もいた。現地出張というと、かなり残業も多くなるので、元請会社の社員では半年を越えるような出張に出ると、帰ってきてから車を購入するような話も聞いたりしてうらやましく思ったものだ。しかし、元請会社と下請けのK社とでは同じ仕事をしても宿泊費や日当に結構な差があるので悔しい思いをした。長岡の旅館は人のいい女将さんがいて食事もおいしかったので、宿泊費を浮かすことはできなかったが、もっと安いところを探すことはしなかった。

これは私にとってはじめての出張であったが、その後、K社を辞めるまでの4年間で新潟、広島、埼玉、香川、福岡の浄水場、また、島根の紡績工場、北海道の電力会社への現地調整で長期の出張に出ることになり、年間の半分近くは出張に出ていたような気がする。

長岡での出張が1ヶ月を過ぎるころ、先輩のS氏が自分の書いた出張旅費清算書を私に示して、これと同じように書くように指示をした。出張期間も勤務時間もまったく一緒だったので、たんに丸写しすればよいのであったが、1点気になったのは毎週末に東京と長岡の往復の旅費が記載されていたことである。実際は現地に行きっぱなしで東京に戻ったのはせいぜい1回くらいだった。そのことを聞くとS氏は、「別にかめへんのや」といった程度で取り合ってくれない。週末、現地にいると宿泊費で1万円程度、しかし、新幹線で往復したことにすると、それを上回る金額になるので結構得することになる。そこで、私もそんなものかといわれるままに清算書を書いてしまった。

そのようなことがあってからしばらくして、たまたま東京の元請の会社へ戻ることがあり、そこで仕事をしているとK社長がやってきた。私の顔を見るなり、「お前、ちょっと行儀が悪いんちゃうか?」と言ってきた。藪から棒にいわれてむっとしたが、社長は、「出張先から毎週毎週帰ってくるのは行儀が悪い」というのである。ああ、あのことかと思ったが、こちらは何も後ろめたいことはなかったので「別に毎週は戻っていません」と答えると、社長の顔色が変わった。「それじゃお前、うそをついていたのか」と詰め寄ってくるので、「S先輩にそう書くようにいわれたからです」と正直に答えた。すると社長は「これは犯罪です」といってその場を立ち去った。

それからまもなく、先輩のS氏はかなり社長からとっちめられたようだが、どのような処分を受けたのかは知らない。しかし私にも始末書を書けといってきたくらいだから、それよりも重い処分だったことは間違いない。

さて、K社長に言われて始末書を書かなければならなくなったのだが、社会に出てまだ2年目で、その意味すらよくわからなかった。今ならGoogleで例文を見ることができるが、当時はそのようなものはなかったので、本屋か何かでそれらしい文書を参考にして書いた。内容としては、S先輩の指示で他意はないとはいえ、会社に迷惑をかけたことをお詫びしますといったような内容だったと思う。

しかし、釈然としない思いが自分には残った。本来ならば、出張旅費や日当の仕組み、書類の作り方や申請方法などは会社がきちんと説明すべきものだと思ったからである。それを怠り、ただ派遣として元請会社に放り出し、初めての出張であるのに何の説明もしない。それでいて稼ぎの上前をピン撥ねし、自分が損をするとなるととたんに大騒ぎするこのK社長やK社そのものに対して、「自分の会社だ」などという意識はまったく生まれなかった。

入社して初日から元請に派遣され、同僚といえば先輩のS氏ただ一人というような状況で、その先輩から指示されたらそれが会社の指示だと思うのは私だけだろうか。出張旅費の書き方に疑問は感じたが、それはその会社特有の習慣だと思うのは無理なからざるところではないだろうか。

このような経験から、社員、特に社会人経験のない新人に対しては、できる限り詳細に説明をするようにしているつもりである。給与明細の内容について自作の小冊子で入社時に細かく説明をしているのもこういった理由からである。新人は右も左もわからないのが当然だから、先輩である皆も、自分が新人だったときのことを思い起こして、親切丁寧に指導してくれるように望みます。

タグ

休み

(夏季休暇)

タグ

休み

(休暇で休み)

タグ

このページの先頭へ