イメージ画像

任せるということ

K社長とはよく議論というか口論をしたものです。そんな中で、前後のやり取りは忘れましたが、こんな議論をしたことを覚えています。

K社長:「下のものはお前がきちんと管理せにゃあかんやないか」
私:「本人に自覚を持ってもらうためにも、信用して任せることも必要だと思います」
K社長:「そんなこと言って、もしも部下が失敗したらどうするんや」
私:「そりゃあ、腹をくくるしかないでしょう」
(もちろんこの議論は、かみ合うことがありませんでした)

実はこのとき、「腹をくくる」の意味もよく分からずに使っていたのですが、今考えると「覚悟を決める」、「自分が責任を取る」、「腹を切る」といった意味合いで使ったのでした。当時私は23歳でしたから、言葉の意味も良く知らずに勢いで言ってしまいましたが、おおむね間違ってはいませんでした。

この短いやり取りで、K社長の言うことはもっともです。部下を教育し、管理するのは会社組織の中では当たり前のことです。
しかし、このK社長が果たして社員を「管理」、「教育」して「正しく導く」ことが出来ていたかというと、結果的にまるでダメでした。
社員はいつも社長に怯えているか、私のように反抗するか、あるいは社を去っていくかのいずれかだったように思います。

別にこのK社長でなく、私を含めて世の中小企業の社長がこのことをきちんとやれているのでしょうか。「言うは易く」の言葉通り、とても難しいことです。まして、それを二十歳そこそこのプログラマーに要求すること自体が間違っていると思います。「そうあってほしい」と思うことと、「そうでなければならない」との間には大きなギャップがあります。

子供のいる人は、自分の子供に対して「もう小学生なんだから自分のことは自分でしなさい」と叱ったことがあるかもしれません。しかし、子供からすると昨日までの自分と今日の自分とでは何も変わっていませんし、何かを変えるという約束をしたわけでもありません。このような叱責はとても理不尽に感じるでしょうし、何度もこのように叱られるとストレスを感じて悪い結果を生むことになるでしょう。親としては、こうなって欲しいという子供の姿を自分の中でイメージすることは構いませんが、口先でそうなりなさいと命令しても効果はありません。ここは回り道をしてでもそのイメージに近づくように根気強い指導が必要となります。そして、自分も不完全な人間なのだから共に学ぶという姿勢が大切だと思います。

先の「腹をくくる」のところで私が言いたかったのは、間違いは誰にでもある。それよりも上は部下を信用して任せ、任せたからにはあれこれ口を挟まない。そして、失敗したら自分も一緒に泥をかぶる覚悟を持てば、部下もきっとそれに答えてくれる。ということです。

この考えは今でも変わっていません。部下に仕事を任せたときに、失敗すると分かっていても、それが本人の経験として役に立つのであれば、あえて自分も一緒に怪我をして痛い思いをする、ということがこれまでにもありました。

中小企業の社長は参謀ではありませんから、あえて危険な中へ先頭を切って突っ込んでいく勇気が必要だと思います。これに対して参謀は、部隊の後方で自分には出来ないような作戦を平気で立案するのですが、それが本当に戦略上有効であれば参謀としての役割は果たしているといえるでしょう。

もちろん、任せるには最低限の業務知識や経験が必要ですし、失敗から何かを学び取ってくれるという適性も必要です。しかし、前向きにトライするという気持ちがあれば、結果が失敗であろうとそんなことは大きな問題ではありません。それよりも一番の問題は、「危険を恐れて自ら何のアクションも起こさない」という考え方こそ撲滅すべき過大だと思っています。

タグ

超ド級のケチケチ社長

私がはじめて入ったK社の話。
この会社は京都に本社があり、社長も京都の人で当時40代半ばくらいだったでしょうか。
このK社長にはずいぶんと嫌な思いをさせられました。こちらも社会経験が無い生意気なだけのガキでしたから、嫌な思いをした原因の何割かはこちらにあるのかもしれませんが、K社長は私にとっての反面教師となっています。
彼はいろいろとユニークな面(もちろん皮肉をこめて)を持っていましたが、その中でもケチというのは度が過ぎているように思いました。

ストックフォーム再生
当時のプリンター(ラインプリンター)ではストックフォームといって、幅15インチでページの切れ目にミシン目の入った用紙に印刷するのが普通でした。K社では金曜日の定時になると全員が仕事をストップしてこのストックフォームの再生作業を行うのが慣わしで、私が配属された東京支社でも同じでした。一度印刷した用紙は捨てずに再生用の箱に入れることになっておりました。印刷した用紙の裏面はまだきれいなので、これを再利用するのです。当然ミシン目で切ってしまっているので、何箇所かをセロテープでとめて一つながりのストックフォームに蘇らせるのです。ですから、新品の用紙に印刷した場合は極力ミシン目で切り離すことはせずに、つながったままでソースリストなどを見る習慣がありました。

しかし、折角このような作業をしても、セロテープで貼っただけの再生用紙ではしょっちゅうプリンタがジャムって、作業効率が悪くて仕方がありませんでした。私は最初このような習慣を知らず、「なんでこんな用紙を使っているんですか」と聞きましたが、「それは社長命令だから...」というのが答えでした。
これを書いていて思い出しましたが、このストックフォームをミシン目で切り離す作業の速度についてK社長と口論になり、二人でページ切り離し競争をしたことがあります。その話はまた後日。

この会社ではまた、蛍光灯はところどころ間引いて電気代を節約しておりましたし、京都本社の社長から東京支社への業務の指示は、電話だと長距離通話となり高いので、もっぱらFAXで業務指示のメモが送られてきました。大切な資源を有効利用するのは立派なことかもしれませんが、どうもその動機が単なるケチくさい了見から出ているようでイヤでした。

飲み会
K社長が東京に来ていたあるとき、4、5人の社員が残業を終えて帰ろうとすると珍しくK社長が我々を呑みに誘いました。女子社員に対しては、休みの日に呼び出して飲食につき合わせるということはありましたが、男ばかりのときに誘うというのはこのときが最初で最後でした。会社から程近い居酒屋で飲み始めたのですが、のっけから貧乏くさいのですこの社長は。最初にビールを頼んだときに言うセリフがこうです。「ビールは高いから最初の一杯だけにせなあかんよ、どうせうまいと感じるのは最初だけなんやから。二杯目からはサワーやっ」 これには白けてしまい、呑むのが大好きな私もさっさと帰りたい気分になりました。

そしてせいぜい三杯くらい飲んでお開きとなりましたが、私を驚かせたのは勘定のときの社長の対応です。先輩が「社長、勘定どないしましょ?」と聞くと、社長は計算書を見てササっと割り勘の計算を始めたのです。「一人千円ちょっとのはずなのに、自分から誘っておいて割り勘かよっ、この社長は」と私はあきれましたが、社長は計算が済むと5秒くらいウーンと考え込んだ後、「まっ、今回はおごりや」と申されました。なんだかとっても世知辛い気分になりましたね、このときは。

K社長は外へ呑みに誘うことはまれでしたが、元来呑むことは好きだったので、酒とつまみを買い込んで会社のそばにある社員のアパートで集まるということがよくありました。私も誘われたことが一度あり、行ってみると近所の西友で買ってきた惣菜が並んでいました。そこで社長曰く、「こういうものは夕方6時過ぎに買いに行かなあかんで、値段が下がったところを見計らって買ってくるんやっ」 私はまたかと思いましたね。確かにそりゃそうだろうけれど、社長の発言としてあまりにもみみっちい。この社長を見ていると、自分の今の姿とか、将来とかがものすごく惨めに感じられて夢も希望もない寂寥感に襲われたものです。

本社出張
本社が京都にあったので、たまに東京の社員も本社に出張がありました。このときは必ず社長のクラウン(ディーゼル)に社員が同乗して電車代を浮かします。私も一度だけ仲間と京都出張に行きましたが、車を運転していた社員が高速道路で居眠りをしていて生きた心地がしませんでした。事故があったらどうするつもりなのでしょうか。リスク回避よりもコストを優先する典型例ですね。そして、京都に着くと宿泊させられるのは社長の家の敷地にある、社長一家が経営するアパートの空き部屋です。夕食は近所にある「餃子の王将」でご馳走になりましたが、風呂には入れてもらえませんでした。

そのとき思いました、「自分が社長の立場だったら、こういうときは社員には普段食べられないようなものをご馳走するとかして、ねぎらうはずだがなあ」と。私の父は、社員は数人とはいえ会社を経営していましたが、金は無くともこういうことには太っ腹な男でしたから、私にも自然と経営者とはそういうものだという考えが身に付いていました。ですからこの社長のケチさには本当に驚きました。
もちろん、この京都出張には日当も宿泊費も出ません。まるでタコ部屋に入ってしまったような気がしたものです。今考えると労働基準法に触れるかも?

私もケチ?
このようなことがあり、今の私は出来るだけ父のように人には厚く遇したいと思っています。ベンチャーキャピタリストから見た、伸びる会社、だめな会社を解説した「スリッパの法則」を先日読みましたが、この中で社長はケチな方がよいというくだりがありました。たしかに会社経営にはケチに徹してコストを削減するという姿勢も大切だと思いますが、一番の経営資源である“人”がやる気を失うようなケチはよろしくないと思います。しかし、かくいう私もある意味ケチでは筋金入りかもしれません。何を買うにも少しでも安くと思い、カカク.comは欠かさずチェックしますし、いつも削れる経費は何かを気にかけています。これは自分が優秀な経営者であるとかいうことではなく、本当に貧乏を経験すると誰でもそうなると思います。ただ、ケチな人間として見られることは本望ではありませんので、そのような気配を感じたら遠慮なく忠告して下さい。

蛇足1
私がK社長と喧嘩して会社を辞めて、フリーになったときに手にした月の報酬額は100万円を超えていました。そのとき私は小さな夢を実現しました。それは、かつての同僚たちを誘って、すし屋で思い切りご馳走するということでした。まあ、私の思いつく贅沢というのは、すし屋でたっぷりと刺身を注文してから寿司を食うという程度のことですが、皆喜んでくれたので、2回ほど開催しました。これはK社長に対して、俺ならこうするぞという仕返しのようなものかもしれません。

蛇足2
K社長は、女子社員を呑みに誘うことがよくあるようだといいましたが、あるとき後輩のY嬢がほほを膨らませてぷんぷん怒りながら私に訴えました。
休みにK社長からアパートに電話がかかってきて、「これから食事にいかへんか」と誘われVOLKSへ行ったそうです。彼女曰く「自分だけワインを2杯も飲んでおいて、割り勘やったんやでー、こっちは折角の休みに付き合わされた上にお金まで払わされるなんて、どう思う?」 さもありなんという感じでした。

タグ

論湿寒貧

比叡山には昔から論湿寒貧(ろんしつかんぴん)と言う言葉があります。
(これはマージャンの役ではありません)

比叡山のことを私たちは単に山と言いますが、山での生活を言い表した言葉で、論は論ずる、つまり仏の教えを論じ、研究すること、湿は湿度で、山の中は鬱蒼とした杉に覆われ、琵琶湖が眼下に控えていることもあり大変に蒸す、寒は寒さ、貧は貧しさのことです。山で生活すると言うことは、湿気と寒さにさらされて、貧しい環境の中でひたすら研究を行うことだという意味です。

今は季節的にもちょうど真冬の時期なので、寒さをテーマにします。
私は比叡山で3年間を過ごしましたが、やはり「寒」には辛い思いをいたしました。まあ、山と言っても標高数千メートルの山とは違い、標高700メートルあまり、麓からケーブルカーを使って10分ほどの高さですから、マイナス何十度にもなるわけではありません。しかし、気温の低さよりも生活の内容にその厳しさがありました。

まず、就寝中以外は一日中暖を取ることが出来ません。朝夕は掃除、お勤め、食事の用意と片付け、昼は接客や土方仕事と、休む間がありません。冬場はこれに雪かきが加わります。

当時の小僧頭がストイックな方で、冬場は「お前ら、寒くても足袋なんかはいたらあかんぞ」というのが口癖でした。つまり、冬でも靴下を履くことすら許されませんでした。靴下が許されないのですから、洗い物でも湯を使うことなどもってのほか。天然の力でキンキンに冷やされて出てくる蛇口の水で洗い物をするのですから、冬場は私の手は霜焼けでグローブのように膨れ上がっていました。平日の昼間は麓の高校に通っていたので、その間だけは寒い思いをせずにすみましたが、私の手を見た同級生(もちろん、普通の家庭の子です)が、「おまえ、どんな生活してんねん」と驚いていました。

寒いと困ることは、朝の掃除で床を雑巾がけしても、拭くそばから床の表面が凍ってしまい、つるつると滑って掃除にならないことや、生け花などの水が凍ってしまうと花器が割れてしまうので、少量の日本酒(アルコール)を水に混ぜて氷点を下げてやらなければならないことなどがあります。
また、正月の準備で障子を張り替えようとしたときのことですが、他の事に色々と時間がかかって、張り替え作業を夜にやらざるを得なくなりました。普通は障子に水をかけてしばらくすると障子紙がふやけるので、簡単にはがすことが出来ますが、そのときは水をかけるとそのまま凍ってしまい、紙がはがせなくなってしまいました。仕方が無いので指の爪先でこすったのですが、冷たさと仕事のはかどらなさで情けなくなってしまいました。

屋内はと言うと、大昔の建築物ですから立て付けも悪く窓もサッシなどではありませんから隙間風が入り放題、コタツに入ってみかんを食べていた昔のことがやたらと懐かしくなったものでした。
このような生活でも不思議と風邪は引きませんでした。たまには風邪でも引いて寝込んでみたいとも思ったものですが、皮肉なことに霜焼けとあかぎれには悩まされましたが、それ以外は健康そのものでした。

そんな生活をしてきたものですから、娑婆に戻って東京で普通に生活している今は寒くて辛いと思うことなどありません。もちろん気温が低ければ「寒い」とは思いますが、それが「辛い」とは思わなくなりました。年間を通してほとんど風邪は引きませんし、まして仕事を休むほどのことはめったにありませんでした。妻は冬場になると「今日は寒いからマフラーをしろ」とか「中にセーターを着たほうがよい」とか言いますが、私には大げさにしか感じられないのです。しかし、そんな私でも最近は子供が風邪を引くとすぐにうつされるようになり、どうも比叡山での生活の神通力は消えつつあるのかなと感じています。(5年ほど前から花粉症にもなってしまいましたし)

まあ、私はそういった特殊な生活をしてきたので暑いの寒いのといちいち騒ぎませんが、他人に対しては寒さを我慢しろなどといったことはありません。自分だって好き好んでそのような生活をしたわけではないし、修行と言うのは他人に強要するものではありませんから。

タグ

沸かない風呂

私が高校3年生のときは、比叡山のふもとのお寺に留守居役として住み込んでおりましたが、ここの風呂がなかなか沸かない。風呂がまは無く、火を焚いて直接風呂の底を暖めるタイプのものでした。薪は近所の製材所から仕入れた木っ端を仕入れておりました。

いつも沸くまでに4時間以上、寒い時期など下手をすると6時間近くかかったと思います。そこの寺は私の師匠の師匠が住んでおり、その方を皆は御前様と呼んでおりました。

その御前様が風呂に入るのに間に合わせるために、昼過ぎ頃から風呂を沸かし始めます。一回分の風呂を沸かすためにずいぶんと大量の薪を消費しました。今考えるともったいない話です。

この厄介な風呂ですが、ある日なぜこんなに時間がかかるのかが判明しました。何気なく風呂の焚口から風呂桶の底を見てみると、わずか亀裂が入っているらしく水が漏れていたのです。これでは時間がかかるはずです。風呂を沸かすのに費やした多くの薪は、この漏れ出した水を蒸発させるために消費されていたのです。

それで、原因が分かって何をしたかというと、別に何もしませんでした。ただ、自分がその寺に赴任している間にその風呂がまったく使い物にならないほどに壊れないことを願うばかりでした。

なぜここでこの問題を解決しようとしなかったのか今では詳細は覚えていませんが、恐らくこういった問題を相談するルートも習慣も無かったからだと思います。まず、誰に相談すべきか、師匠にしても御前様にしても、こちらから話しかけるなどと言うことは許されないと言う雰囲気がありました。

当時の寺の掟は絶対服従、一日でも山(比叡山のこと)の飯を早く食った者が先輩で、その先輩がカラスは白いと言えば「はい」と言わなければなりませんでした。

こんなことがありました。小僧が何かのミスをして、師匠が我々に激しく叱りつけていたときに、一人の小僧に「おまえはわしがこうせいと言ったことは何でも従えるか?」と聞きました。もちろん彼は「ハイ」と答えましたが、さらに「それでは肥え桶に手を突っ込めと言ったら出来るか?」と聞かれて「ハー、それは......」と答えに躊躇すると、「ばかもん、わしの言うたことができんとはどういうことやっ」と一喝され、鉄拳が彼の頭に振り下ろされました。

このような価値観の組織の中で私の思考パターンは、何かを解決するために行動するよりは、何かを常に恐れ、事無く日々をすごすということに終始していたように思います。もちろんこれは新米であるゆえのことで、先輩たちの中にはきちんとモティベーションを保っていた人もいましたので、あくまで私自身のことであります。

しかし、上下関係の厳しい軍隊などでも同様なのではないかと思います。命令系統はすべてトップダウンで、下はなぜそのような命令が下されたのかその理由を聞くことすらできません。こういった組織では現場(つまり一兵卒)からクリエイティブな意見があがってくると言うことはないでしょう。

別に軍隊型組織を否定しているわけではありません。逆に、人生のある時期をそのような組織で過ごすことが出来て今の自分にとってはプラスになっているとも思っています。このときの体験が、今の会社組織をどういう形に持っていくべきかと言うことを考えるベースになっているのですから。

私が最初に勤めた会社も同じようなものでした。社長は何かと言うと「これは業務命令です」と言うのが口癖で、それを聞くたびにコノヤローと思っていました。

とにかく、当時の私は、原因を知りながらも何の対策も採らず、シューシューと水が蒸発する音を聞きながらひたすら風呂を焚き続けていたのでした。

タグ

このページの先頭へ