イメージ画像

自啓自発

昨年末に日本海海戦の話をしましたが、それに関連した話です。

日本海海戦での作戦を立案した秋山真之ですが、その彼がアメリカ留学中に書籍の余白にメモ書きしたものが残っており、後に「天剣漫録」として伝えられています。
その中に「自啓自発せざる者は、教えたりとも実施すること能わず」という一文があります。

自分から目的意識を持ち、自己を磨くという気概を持たない人間に、いくら物を教えてもその知識を実践において役立てることはできないという意味です。
どれだけ優秀な教師や先輩が、一流の教材を使って教えたとしても、当の本人がそれを生かしていこうという気概が無ければ単なる知識で終わってしまいます。
きっと秋山自身が後輩を指導していく中で感じた嘆きのようなものだと思います。「自啓自発」という言葉は普段の生活ではあまり使いませんが、以前私が書いた「セルフスターター」と同じような意味でしょう。

この言葉は、技能を持って飯を食っていこうとする人であれば、寿司職人であろうと大工であろうとシステム技術者であろうと、誰にでも当てはまります。

私が社会人1,2年生の頃です、派遣先では時々やる仕事がなくなることがありました。ある程度割り振られた仕事はあるのですが、仕様が未定であったり、SEの設計が遅れていたりして次の作業に進めず待ち状態となってしまいます。

このようなときはチームリーダーのところへ行って、「手が空いているんですが何かやることはありませんか?」と仕事をもらいに行きます。しかし、すぐに振れるような仕事はそう都合よく転がっていません。そんなとき、必ずいわれるのが「マニュアル読んどいて」の一言です。

当時はFACOMのUシリーズというミニコンを使っていましたが、書棚にはこのミニコンに関するマニュアルが何十冊も並んでいました。この中から「コマンド使用手引書」とか、「なんたら導入手引」といったようなマニュアルを引っ張り出して読み始めるのですが、5分もするとすぐにあくびが出てきます。当時はコンピュータが一人一台などという環境にはありませんから、マニュアルを見ても実際に試すことも出来ません。一日中ただ椅子に座ってマニュアルを読み続けるのは大変に辛いものでした。こんな日が2、3日続くと、もう本気で転職を考え始めたものです。

我々は出向社員(派遣社員)でしたから、元請の人たちも他社の社員に対してそんなに親身に面倒は見てくれません。仕事が忙しくて徹夜続きになるのも辛いですが、やることがないのにじっと席についているのもやりきれません。

そこで、いい加減飽きてくると知り合いの席へ出かけて行って無駄話をしたり、ひどいときにはこっそり家に帰って昼寝をしたり買い物に行ったりしました。こんなときにばったり自社の社長に出くわして大目玉を食うようなこともありました。

私もこの恐怖の「マニュアル読み」を指示されると、最初のうちは言われるままに読んで(読むふりを)していましたが、そのうち自分でテーマを決めて簡単なツールを作ったり、自作のプログラムをまとめてライブラリ化してみるなど、創作意欲がわくような作業を自分で作り出しました。そうすると今度はそれが楽しくなり、仕事の方が暇になることを心待ちにするようになりました。そうこうして作ったものは、いずれ上長にも認められて実際にシステムに活用されたりしたものですから、ますますやる気が出てきたものです。

このような時期に自分で色々研究したことは大変役に立ったと思いますし、これがいわゆる「自啓自発」だと思います。別に難しいことではないでしょう?
自分が楽しくなるような工夫をすることで、自分の時間を有効に使え、人の役にも立つのであれば、これはもう見つけ物です。

仕事でも趣味でも同じですが、最初はいやだと感じたものが続けていくと気持ちが乗ってくることがあります。小説なども読み始めはかったるく感じていたのに、読み進めるうちにすっかりはまり込んで徹夜で読みふけるという経験を持っている人もいるでしょう。何事もエンジンがかかるまでには少々時間がかかることがあるでしょうから、少し我慢して続けることも大切です。

余談
ついでに余談ですが、秋山真之には好古という兄がおりました。好古は陸軍で騎兵を創立して日露戦争における陸戦での勝利に貢献し、後に陸軍大将になりました。つまり秋山兄弟は、兄は陸軍、弟は海軍で大きな役割を果たしたのですが、兄弟揃ってこのように活躍したということは家庭環境によるものでしょうか。また、当時の満州軍総司令官の大山巌は西郷隆盛の従兄弟で、海軍大臣の西郷従道は隆盛の弟です。

まとめ

  • 秋山真之の語録「自啓自発せざる者は、教えたりとも実施すること能わず」
  • 自啓自発してやろうという意欲が出るまで、忍耐が必要
    (最初から仕事が楽しくて仕様が無いという人は別ですが)
  • 物事に興味を持つように自分で工夫する。
  • タグ

    石の上にも3年

    私は高校の3年間、僧侶の修行をしましたが結局坊さんになりたいとは思いませんでした。周りからは、折角3年やったのにもったいない、延暦寺学院という大学へ進学して引き続き僧侶の道を続けてはどうかと勧めてくれる人もありました。

    一番下っ端でこき使われるつらい3年間を全うしたのだから、後は楽じゃないかという人もいましたし、私も僧侶という仕事は立派な仕事だと思っていますので、実際はかなり悩みました。しかし、3年やってみた結果として好きになれなかったのです。

    人は誰でも向き不向き、好き嫌いがありますので、いったん就いた仕事が合わなくてやめるということは何も恥ずかしいことではありません。それよりも、その仕事が嫌で嫌でしようがなく、先輩からは「あいつはいくら教えても一向に伸びない」などといわれながら何年も人生を無駄にするのはもったいないことです。

    人はやはり、自分が輝ける場所を選ぶべきです。好きなことや興味のあることをしているときは脳からアルファー波が出て活性化しているということですが、そのような状況で学んだことは本当にその人の身に付くし、教えている側も教え甲斐があるというものです。そのような場所を見つけるのはそれほど難しいことではありません。最初は嫌だと思っても一生懸命やることです。特に最初のうちは人一倍の忍耐が必要なのです。そして結果的に別の道を歩むとしてもこの努力は無駄にはなりません。

    子供の頃を思い出してください。親から勉強しろ勉強しろといわれていやいや勉強したことが身になっているでしょうか。中には優等生で勉強が楽しくて仕方が無かったという人がいるかもしれませんが、私は学校の勉強が大嫌いでした。小中学生の頃、私は電子回路やロケット、ジェットエンジンなどメカニカルなものが大好きで、いつも機械いじりばかりしていました。もちろん、プラモデルや自作の模型などにも熱中する性質でした。そのような私にとって、興味の無い算数や社会科の勉強をするのは本当に苦痛でしたし、何のためにこのような勉強が必要なのか、社会に出てから何の役に立つのかと両親に文句を言って困らせたものでした。そのような私でも、小学校のときは理科、図工、体育、中学校では科学や技術科などはいつもよい成績でした。科学の試験などは特に勉強しなくてもよい点数を取れました。歴史の年号や英単語はなかなか覚えられませんでしたが、科学の教科書に載っていることや機械の部品名などは一度見たり読んだりしただけで自分でも不思議なほどに記憶してしまいました。

    これは一重に、「好きこそ物の上手なれ」ということだと思います。

    私はもともと好きでソフト開発の仕事に就いたわけではなく、まったくの成り行き任せでありました。本当は電子部品を組み立てたり、基板を設計したりするハードウェアの仕事をしたかったのですが、学生時代に授業をサボりすぎて卒業見込みがもらえず、まともに就職活動が出来なかったので、知り合いのコネでソフト会社に入社させてもらいました。したがって、仕事に就いた当初はどうにも仕事がつまらなく、いつやめようかと思っていました。このとき、仕事がつまらなかったという原因には私の問題もあるのでしょうが、職場の環境なども大いに問題があったと思っています。

    いずれにしろ、そのような中で半年ほど経った頃です。それまでさっぱり意味が分からなかったプログラミングのことが徐々に分かり始めるにつれて、なんとなく仕事が楽しくなってきたのです。その後、仕事や派遣先での人間関係にも恵まれて3年ほどでフリーになることが出来ました。

    最初からその仕事が好きで入るということが理想かもしれませんが、私の場合はまったくの飛び込みで知らない職種に就いて、運よくその仕事を好きになることが出来ました。「石の上にも3年」とはよく言ったものです。

    しかし、私の解釈では、「石の上にも3年」というのは、3年以降もずっと耐え続けろという意味ではないと思っています。嫌な仕事でも3年我慢して、好きになれば続ければよいし、それでも嫌で仕様がなければ、今度は逆に早いところ別の仕事を探すべきでしょう。私も坊さんの世界は3年であきらめました。

    3年というのは一つの目安ですが、ある程度の期間を一生懸命やってみて、それでも仕事がつまらなければ遠慮せず別の道を選びましょう、自分の人生なのですから。

    タグ

    楽志(らくし)

    楽しんで行う
    いくら自分が好きなことであっても、それを続けていくという過程において、どうしても辛く感じることもあるでしょう。ゴルフが三度の飯よりも好きだという人でも、スコアが思うように上がらずフォームを変えてみたりクラブを変えてみたりと結構悩んだり苦しんだりしています。

    ましてそれが仕事となるとなおさらです。好きで始めた仕事でも、社内外の人間関係、思うように行かない進捗、時間の制約、次々に発生するトラブルなどなど、時には何でこんな仕事を選んでしまったのだろうと後悔することもあるかもしれません。

    しかし、嫌だ嫌だと思って行動していると余計にストレスがたまります。どうかそのようなときは逆に楽しい気持ちで行うように頭を切り替えてみてください。以前にこんなことがありました。

    便所掃除の話
    私が勤めていたときの他愛ない話です。
    何だったか忘れましたが、どうも私が何か同僚のS氏の気に入らないことをしたか、言ったかしたらしく、根に持ったS氏は私に何か仕返しをしたかったようです。そのようなときに年末の大掃除の役割分担をS氏が任されることになりました。すると彼は私に向かって、今こそお前に天罰を与えてやるというような顔つきで、「はい、阿部ちゃんは便所掃除に決まり!」などとうれしそうに命令しました。どうも子供っぽいやり口で、それだけにこちらもむかっ腹が立ちましたが、「なんの、それならば思いっきり楽しく徹底的に美しく便所掃除をしてやろう」と頭を切り替えました。

    私の他にもう一人、後輩のO君が一緒に便所掃除をすることになりましたが、気持ちを切り替えたせいか、やってみると結構楽しかったのです。そして、その楽しい気持ちがO君にも伝わったのか二人して妙に元気よく、必要以上に丁寧に掃除を進めていました。O君も大したもので、「仕上げの磨き上げ行きまーす」と雑巾を持つと、素手で便器を磨き始めました。すると、別の場所を担当していた一人がそんな私たちの様子を見て一言、「こっちは楽しそうでいいなー」とうらやましそうに言ったのです。この時、私は心の中で「勝った!」と思いました。

    楽志
    楽しいと感じるとアルファー波が出て脳が活性化されるそうです。楽しいと感じるためには、スポーツをしたり映画を見たり旅行などをしなければ楽しくならないと考えている人が多いと思います。でもこれは他者に楽しませてもらうと言う受身の態度ですね。しかし、何かにお金を払って楽しませてもらわなくても、自分の気持ちを切り替えることで、たとえ苦しいことでも嫌なことでも楽しいと感じることが出来るのです。

    私の比叡山の師匠が、人に頼まれてよく「楽志(らくし)」という言葉を色紙に書いていらっしゃいました。これは自分の志(目標)に向かうための行動は、楽しんでやりましょうという意味だと思います。受験でも子育てでも、人生の中には色々な目標があるでしょうが、その目標を苦しいものだと考えるととてつもなく重いものとなってしまいます。

    楽しんでやると言うことは不真面目なことではありません。自分が楽しいと感じれば周りの人も楽しくなってきます。そのような心構えで行動すれば、きっと成功への道のりもずっと近いものとなるはずです。

    タグ

    このページの先頭へ