イメージ画像

国の宝

先週紹介した山家学生式は、「国宝とは何ものぞ」という問いかけから始まっています。この文章は最澄が「国の宝」といえるような人物を育成することが、国家のために不可欠であると説いたものです。世にも珍しい宝物がいくらあっても、そのようなものは国宝ではない。「一隅を照らす」人こそが国宝であると言っています。「一隅を照らす」については先週話しましたが、山家学生式ではもう一つ別の表現を使って「国の宝」を説明していて、これは私の気に入っている部分でもあります。

能く言いて行うこと能わざるは国の師なり
行動することが苦手であっても、話をすることに秀でており、人々に正しい考えを示すことが出来る人は「国の師」である。

能く行いて言うこと能わざるは国の用なり
話をすることが苦手であっても、率先して行動し人々の役に立つ人物は「国の用」である。

能く行い能く言うは国の宝なり
この二つを兼ね備えた人、つまり行動力があり、人を指導することにも長けている人が「国の宝」である。

これは現代においてもまったく違和感無く聞くことが出来ますね。「国の師」とは、先生やコンサルタントのようなものでしょうか。
「国の用」とは、ちょっとオタクっぽくて人とうまくコミュニケーションが取れないけれども、イラストがうまいとかプログラミングの天才であるといったような人でしょうね。
言行一致、話をさせても立派だし、行動もしっかりしている、このような人はどの業界でも重宝(やはり宝という字が付きます)されるでしょうし、リーダーとなるべき人でしょう。

さらに面白いのは、この後のくだりで、まともな話しも出来ず、行動力も無い人間は、「国賊」であると言い切っている点です。全体に優しい雰囲気の文章の中で、ここの部分だけかなりきついことを言っていますが、私には大変小気味よく感じられます。恐らく最澄自身もこのような「賊」に相当嫌な思いをさせられてきたのだと想像できます。

もちろん、本当の「賊」とは、悪意を持って人を傷つけたり殺めたりする者のことを言いますが、そのようなことは当時としても常識なのでこの議論の外であります。あえて無為無策+徒食の人を「賊」といっているのでしょう。たとえ人に迷惑をかけていなくても、悪意を持っていなくても、ただ食って寝て世の中に何の貢献もしない人はつまり「賊」であると言う事です。

ちょっと厳しい解釈ですが、せっかく万物の霊長たる人間として生まれ、外敵に襲われるたり、飢え死にするという脅威から解放され、自由に使える時間が相当量あるにもかかわらず、世の役に立つ努力をしないということは、それだけで罪深いということですね。折角の地球上の資源を消費して、他の動植物を殺して食べているのに、ただ漫然と快楽だけを求めて生きているだけというのは、エネルギーの無駄ということでしょう。

タグ

一隅を照らす

延暦寺
私が高校時代をすごした比叡山延暦寺は、伝教大師最澄が開いた寺(寺群)です。最澄が人材育成のための施設(大乗戒壇)の設立を桓武天皇に要望した際に表した「山家学生式(さんげがくしょうしき)」という文章があります。(下参照)

この中に「一隅を照らす」という有名な言葉があり、今でも色々なところで使われますし、天台宗のキャンペーンのようなものにもなっています。これは、一人ひとりが自分の持ち場で精一杯努力して明るく光り輝くことのできる人となり、世の中に光をともしていこうという意味です。

私が通っていた比叡山高校でも、毎朝の朝礼でこの文句を唱えさせられました。私がこの言葉を知ったのは中学生のとき、卒業アルバムに国語の先生が餞(はなむけ)に書いてくださったからです。この先生は柿本先生といって(国語の先生としてはぴったりな名前ですね)、私が比叡山に行くと知ってこの言葉を書いてくれたものと思います。しかし、当時の私はあまりこの言葉が好きではありませんでした。なぜなら、「狭い片隅を照らしても、たいして意味がないじゃないか」と思ってしまい、なんとなくこの言葉をみみっちいものと感じていたからです。この感覚は大人になるまで変わりませんでした。

実社会での一隅
しかし、自分で独立して会社を経営してみると、この「一隅を照らす」という言葉がまったく違って感じられるようになってきました。それは、自分自身が輝いて生きていくということが、並大抵なことではないとわかってきたからです。回りを見てください、そのような人はどのくらいいるでしょうか。また、あるときは輝いていても、それを持続することは大変難しいことです。輝いて生きるとは抽象的な表現ですが、具体的には「自分の目標を持つ」、「リーダーシップを発揮している」、「人々の役に立つ仕事をしている」、「社会や人々に違いを起こしている(良い影響を与えている)」というようなことかと思います。

一隅というのは言葉の感じから「隅っこ」というネガティブなイメージがあるので、私は最初、「一隅を照らす」という言葉に良い印象を持たなかったのかもしれません。しかし、オセロゲームでも隅を取れば有利になりますし、「角々に福あり」、または「角々に満貫あり」という言葉もあります。この場合の「一隅」は、重要なポイントという意味で捉えたほうが良いように思います。

人はそれぞれ立場も生まれ育った環境も違います。家がたまたま裕福であるとか、運が良いとか、タレント性があるとか、あるいは逆に本人に責任はないのに不幸な目に合う人もいます。しかし、他人と比較するのではなく自分自身の目標を持って前向きに生きていくことこそ、光り輝いた人生といえるのではないでしょうか。

山家学生式 天台宗ホームページより

国の宝とは何物(なにもの)ぞ
宝とは道心(どうしん)なり
道心ある人を名づけて国宝と為(な)す

故(ゆえ)に古人(こじん)言わく
径寸十枚(けい すんじゅうまい)
是(こ)れ国宝にあらず
一隅(いちぐう)を照(てら)す
此(こ)れ則(すなわ)ち国宝なりと

古哲(こてつ)また云(い)わく
能 (よ)く言いて行うこと能(あた)わざるは国の師なり
能く行いて言うこと能わざるは国の用(ゆう)なり
能く行い能く言うは国の宝なり

三品(さんぼ ん)の内(うち)
唯(ただ)言うこと能わず
行うこと能わざるを国の賊(ぞく)と為す

乃(すなわ)ち道心あるの仏子(ぶっし)
西には菩薩(ぼさつ) と称し
東には君子(くんし)と号す

悪事(あくじ)を己(おのれ)に向(むか)え
好事(こうじ)を他に与え
己(おのれ)を忘れて他を利(り)する は
慈悲(じひ)の極(きわ)みなり。

タグ

私の高校時代

先月は会社の企業理念について話をしました。
会社は、特に小さな会社は経営者の考えがそのまま経営に反映されます。この一連のスピーチの中では、私がどのような体験をし、それによりどのような考えを持つにいたり、それがどう会社としての価値観に反映されているかというようなことを出来る限りお伝えしていきたいと思っています。

そのためには、自分のバックボーンとなっている高校時代の生活について説明しておく必要があると思います。私が10代の頃、比叡山の山寺で生活していたことは知っている人もいるかと思いますが、あらためて説明したことはなかったと思います。

いささか古い資料となりますが、ここに1991年5月27日の「毎日中学生新聞」に掲載された記事があります。これは「わたしの十代」というシリーズのコラムで、私が29歳のときに知人の紹介で自分の高校生時代のことを簡単に書いたものです。これも読むとあらましどういう生活であったかが分かると思いますので紹介します。

文章中、一人称が「俺」だったり、話し言葉っぽくしてあるのは、当時読んでいたアントニオ猪木の自伝記事の影響です。読者が中学生なのでこのような語り口がよいかなと思ってのことです。

寺の小僧として住み込み生活 人間を高めるのは”やる気”

 俺は父親の教育方針で、高校の三年間を寺の小僧として過ごした。頭をツルツルに剃って。それまでは東京で普通に暮らしていたのに、いきなり山の上の寺に放り込まれた。

 寺では朝から晩までとにかく働かされた。掃除、食事のしたく、これはマキで飯を炊く。当然マキ割り、お客の接待、土木作業から肥えくみまで、学校へ行っている時以外は、ほとんど自分の時間を持つことは許されなかった。結局三年間一度も家へ帰してもらえず、休日も一年に一度あるかないかだった。

 俺が預けられた寺は比叡山延暦寺の中にあり、毎日ケーブルカーで山を下って学校へ通った。延暦寺は伝教大師最澄を開祖とする天台宗の総本山である。寺には何人も小僧が住み込んでいて、オヤジ(師匠のこと)がやっていた「千日回峰行」という荒行の手伝いをする。オヤジは大変厳しく、小僧はよくなぐられた。俺もお客さんに出した灰皿が濡れていたというだけで、客の前でなぐられ、悔しくて涙が出だのを覚えているよ。

 そんな生活からもう十年も過ぎたなんて、不思議な感じがする。最近思い出すのは、ある日オヤジが小僧一同に向かって、「一番大切だと思うことは何だ」といった意味の質問をしたことだ。小僧頭の平井という人は「それは″やる気″だと思います」と答えた。この時、俺は、「″やる気″なんてありきたりの言葉だし、そんなに重要なことかねぇ」としか思わなかった。

 ところが、最近俺が常に意識しているのは正にこの″やる気″だ。″やる気″は人間を高い位置へ持ち上げる、最大の要素だと気づいてきたんだ。
このことを思い出すたびに、当時のイヤイヤ生活していた俺と、何でも積極的にやる小僧頭との違いがどこからきていたのかを思い知らされる。

毎日中学生新聞

タグ

このページの先頭へ