イメージ画像

行動規範

今月は、会社の「経営理念」について話をしてきましたが、関連して今日は「行動規範」について簡単に触れます。

理念とは、目指すところにあるもので、長い距離を歩くときに灯台のように目標となるものだといえます。それに対して「行動規範」とは、日々の生活の中でAかBのどちらを選択するかといった判断を下す際の基準だといってよいでしょう。

今年の商工会議所の機関紙に次のような話が載っていました。

「憲政の神様」といわれた尾崎行雄は、第一回の衆議院議員選挙に当選して以来、当選実に二十五回、議員を六十三年勤めた。

その尾崎に、海外での事業心得を訊いた者がいる。「その国の人から尊敬されなくちゃ成功しない。泥足で玄関から上がるようなまねは決してせぬように」。はなむけに色紙を書いてくれた。「人事を尽くして天命を待つ」。

 尾崎の政治理念は、「国家よりも道義のほうが重い、という信念に基づいて生きる人こそ、真の忠臣であり、世界中から尊敬され、愛される人である」(「わが遺書」)

― 東商ツインアーチ 東京ゆかりの「人生」経営人 出久根達郎 ―

「国家よりも道義のほうが重い」といっていますが、決して国は軽んじても良いという意味ではないと思います。ここは相矛盾するようですが、道義あっての国家というような意味合いで捉えて欲しいと思います。

これは、会社においても同じです。会社は利益を求めるものですが、それが国の法を犯したり社会の秩序を乱すものであってはなりませんし、さらには道義にもとるものであってもなりません。

近年起こっている企業の不祥事は、この部分が忘れられていることによるものがほとんどではないでしょうか。

この国の官僚について、「省益を優先し国益をないがしろにする」というような言葉を聴いたことがあると思います。いかに優秀な人間であっても、ある組織に所属しているとその多くの人たちは価値判断の基準を、自分の身近なものにおいてしまうことになるのは、自然の流れといえるかもしれません。

最近は、企業の不祥事が多い(というより、透明性が増してきて露見しやすくなった)ことから、経営理念の他に行動規範を明確にする会社や組織が増えてきていて、大概「法令の遵守」とか「個人情報の保護」などといったことが盛り込まれています。しかし、ここで述べているのはもっと根本的な話であります。

アメリカの電力会社、AES社は、社会や従業員に対して誠実さや公正さを重視するきわめてユニークな企業文化を持っていますが、誠実さという価値観について従業員向けに次のようなことを言っています。

「AESの人々との間に限らずAES以外の人々との間でも、文書あるいは口頭で約束したことや、自分が言ったことは、たとえ会社を経済的に傷つけることになっても必ず守る。」

― ハーバードのケースで学ぶ企業倫理(慶應義塾大学出版会) ―

これは、先ほどの尾崎行雄の政治理念と似ています。洋の東西を問わず、会社でも国家でも、はたまた個人でも、この考えは当てはまります。あなたが人と何かを約束したとき、それを実現することが自分にとって得にならないとしても、その約束を実行することは二つの意味で大切です。一つは当然ながら対外的な信用ですが、もう一つは、自分自身に対するイメージです。これは、セルフイメージといって、自分から見た自分自身のイメージで、“誇り”のようなものと考えても良いでしょう。このセルフイメージが向上すれば、自然と“自信”がついてきます。これは会社でも国でも同じことです。

私たちは、家族や会社という直接触れている組織の中だけで生きているのではありません。家族や会社は位置的には国に属しており、国は世界とつながっています。また時間軸から見ると、この国を守り続けてきた先祖からこの国土を受け継ぎ、親に育てられ、教育を受け、その結果家族や会社といった社会活動を営んでいるのです。この資産はまた、我々の子孫に引き継いでいかなければならないものでもあります。そう考えると、私たちは何を基準に行動しなければならないかということがおのずと分かってくると思います。

蛇足:

どんなに注意していても事故は起こるものです。特に、品質管理など直接売上につながらない業務に中小企業は多くのコストをかけることは困難です。しかし、事故を事件にしてはなりません。事件にしてしまうのは、そこにいた人間の判断が自分あるいは会社の利益を優先し、顧客や社会のことを忘れてしまっているからです。

タグ

企業理念3 – 企業風土

最後の「企業風土」についての解説です。

これも寺での小僧時代の経験ですが、毎日こき使われ、叱られ、殴られているような生活の中でも、食事だけは一応不足なくありつくことができました。といっても、肉魚はもちろん、乳製品、葱、にんにくの類も一切禁止で、毎日オカラ、ひじき、高野豆腐などが主たるおかずでした。ご飯にしても、たいがい前日の残りで、多少腐っていても米で当たることはないといわれて腐臭の漂うご飯を食べることもしばしばありました。

そのような生活でしたから、たまに炊き立ての白いご飯にありついたときはとても幸せな気分になりました。このときの経験から、人生とは特にすばらしい出来事が起こらなくても、三度三度まともに食事ができるだけで幸せであるという価値観が自分の中に自然と育っていきました。

この理屈で、食事も仕事も同じであると考えています。目の前に何気なく用意された食事(仕事)でも、それを用意する人の苦労や食材の来意を考えると、まずいの少ないの、熱いのぬるいのと文句を言うことなどは罰当たりというものです。少々古臭い人間の言うことのようになりましたが、基本的には仕事をして飯が食えるのですから、その仕事にありついたということにまず感謝すべきでありましょう。

人間とは万物の霊長であります。食物連鎖の頂点に位置しているわけで、毎日様々な動植物を殺して食べて生きているわけです。そのことについて罪悪感を持つ必要は無いと思いますが、自分に食われて死んでいった多くの生命のためにも、人間として、万物の霊長として、意義のある人生を送るように努力することが我々人間として生まれたものの役割ではないでしょうか。意義のある人生を送るためには、目標設定が不可欠です。人間は、目標を持ちながら仕事や家庭などでの社会生活を通して、自己実現していく生き物だと思っています。

タグ

企業理念2 – 個人の尊重と利益

今日は2つ目の「個人の尊重と利益」について解説です。

これは、私が最初に入社したK社の社員時代に強く感じたことですが、社長がワンマンで社員を信用しない会社に長く身を置くというのは、人生の無駄遣いであります。理想的には自分が尊敬でき、目標と定めることのできる人物が同じ会社にいることが望ましいと考えています。目標とするに足る人物のいない組織では、お互いに人間性を低めあうような方向に流れてしまいがちで、技術もモラルも向上しません。

誰にとっても「夢」というのは大切なものですが、私にとっては特別な意味があります。高校時代に寺で小僧をして暮らした後、すっかりすさんだ気分に覆われ、厭世観すら感じていた頃に、当時の延暦寺の山田座主が「夢」と書いた色紙を年上の知人からもらいました。彼は私に、「人生には夢がなくてはならないよ」といいましたが、私にはその言葉と「夢」と書いた色紙のイメージが深く心に残っています。当時の荒れて渇いた心に深く浸透する何かがあったように思います。自分の「夢」を実現すると決めたとき、その人の人生は大きく変わります。

私はK社にいたときには長髪で、ネクタイもせずに私服で出勤する不良社員でしたが、仕事は自他共に認めるところがあったと自負しています。しかしながら社長からの評価は低く、「髪を短くしなければボーナスはやらんぞ」と言われ、実際に半分に削られたこともありますし、元々の給料も安くて生活はぎりぎりの状態でした。

仕事では、何千万円、何億もの浄水場の案件で、制御システムを一手に任されていましたし、本当に社会の役に立っているという実感を持っていましたが、GDPが2位の先進国で、いわゆるハイテク技術者として先頭に立って働いている自分がなぜ、このような貧しい暮らしをしなければならないのかと憤りを感じましたし、客観的に考えてこんなことはおかしいと思っていました。

しかしそれから数年後、元の会社と袂を分かちフリー契約となったとたん、月の収入が百万円を超えました。そのとき、「ああ、これが社会の正当な評価なんだな」と感じました。収入の額の多寡はさておき、人は苦しくても辛くても、自分を正当に評価してくれる環境にいれば幸せでいられるものだと実感しました。別に高い収入をもらって舞い上がったということではありませんが、数字で評価が示されるということは、それはそれで大切なことだとも思っています。

当時は夢のまた夢でしたが、自分がもし会社を作ったら自分のような境遇の人間を一人でも幸せにしたいと思ったものでした。したがって今の自分の会社は、一人ひとりの働きを評価し、見た目や学歴、年齢に関わらず正当な報酬を払える会社であるべきだと思っています。

タグ

企業理念1 – 社会への貢献

3つの企業理念のうちの1つ、「社会への貢献」について解説です。

世の中には色々な企業があります。上場している著名な企業ではあっても、その事業の内容が倫理的にどうかなと思うような企業もありますし、不祥事を起こして社会に大きな迷惑をかける企業もあります。私の考える職業とは、自分自身の倫理観に照らして恥じるところのないものであるべきだと思っています。自分はこういった仕事をしているのだと、親兄弟や自分の子供に胸を張って言えるものでなくてはなりません。

情報処理産業は、すべての産業に対して大きな効果をもたらすものです。繊維、鉄鋼、自動車、造船、金融、等々、様々な産業分野を縦糸とするならば、それらを横断する横糸のようなものであり、様々な分野の産業の発展に貢献できるものです。

また、産業界のみならず個々人の生活にも深くかかわり、その人の人生を豊かにし、ひいては国家や人種の壁を越えて瞬時にコミュニケーションをとるという夢のようなことを可能にしています。

この情報処理産業のもたらした果実は、ベルリンの壁を取り払い、冷戦を終結させ、独裁者の専横により貧困や圧政に苦しむ人々の生の姿を世界中の人々に知らしめることも可能にしています。

私は、この情報処理産業に従事していることを喜びとし、誇りに思っています。

タグ

企業理念

社員に対して朝礼でちょっと一言話をしてくれという要望がありましたので、今月から毎週月曜日の朝礼で簡単なスピーチをいたします。

今月は最初なので会社の企業理念をテーマにします。
クオーレの企業理念は次のとおりですね。

  • 社会への貢献
  • 私たちは、持てる力を情報サービス産業というフィールドで発揮することにより、豊かな社会を築くことに貢献する。

    情報技術およびコミュニケーション技術は、人類に新たな可能性を開くものであり、私たちがその一助となることを誇りとするものである。

  • 個人の尊重と利益
  • 私たち一人一人が誇りを持って会社を運営する。又、会社は社員一人一人に夢を与え、その夢を実現するための環境を提供する。

    私たちは、企業活動の成果として得られた正当な報酬を、正当に分配する。

  • 企業風土
  • 企業風土私たちは、常に前向きに仕事に取り組む。どの様な仕事でも、その仕事が与えられたことに感謝する。

    私たちは、常に自分の目標を達成するためにあらゆる努力をし、自己実現、自己革新し続ける。

    タグ

    このページの先頭へ