今年も新卒の新しいメンバーを迎えることができました。

4月1日、ICT事業部に3名、メディア事業部に1名、合計4名の新入社員が入ってきました。大企業のような派手な入社式はありませんでしたが、受け入れる側の既存社員たちも一所懸命に準備をし、初々しい彼ら、彼女らが立派に成長するよう環境を整えて待っていました。

今年は、一人の新入社員に一人ずつ専任の先輩社員がついて面倒を見るという「バディ制度」を導入したそうです。こうした取り組みも上からの指示ではなく、職場の先輩社員たちがアイデアを出して運営しているので、うれしい限りです。

私が新社会人になったときは初日から出向先に連れて行かれ、同僚と呼べるのは半年前に入社した先輩社員が1名だけ、入社オリエンテーションや新人教育はおろか、歓迎会すら行われず、入社を祝ってくれる人が誰一人いないという寂しいスタートでした。それに比べると、今の新人は幸せだなと正直思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll to Top