イメージ画像

ゲンバ 1/2

【2012年4月9日の朝礼でのスピーチより】

今の閉塞した日本国では、一部の恵まれた(知力、体力、家庭環境など)若者を除いては、この国で夢を実現することはなかなか容易ではないと思えます。「昔はよかった」と懐かしがってばかりいても仕方ありませんが、今の若者にはとても気の毒な気がしてなりません。

そして、今の若者に同情することとして、現場(ゲンバ)というものに触れる機会が私の子供時代に比べて極端に少ないということが挙げられます。私の子供時代、つまり昭和40年代はいたるところに現場がありました。近所では町工場があり、そこでは鉄を切ったり穴をあけたり削ったりしている様子を簡単に見ることができました。

私の自宅の向かいにあった、服部君という1歳年下の友達の家は、従業員数名の町工場でした。私たちはその現場へ近づいては、機械の動くさま、金属が削られる様子に見入ったり、その削りくずや金属片をおもちゃ代わりにして遊んだものです。職人たちもよく私たち子どもの相手をしてくれたように思います。

子供のころはバキュームカーも大好きでした。今からは考えられませんが、当時はほとんどの家がまだ汲み取り式だったので、バキュームカーは年がら年中見ることができました。長いホースがくねくねと動き、汚物を一気に吸い上げる力強さ、ブルブルと震えるタンクと車両の魅惑的なこと。さらには、それを軽快に操る作業員の姿はヒーローでした。汲み取りが終わった後に、ホースの先にテニスボールのような球を吸いつかせて蓋をするのですが、これは子供のころ一度やってみたいと思っていて結局実現できずにいます。

し尿の汲み取りというと、不潔でにおいも強烈なので子供が興味を持つと大人は顔をしかめますが、子供にはまだそれらが臭いとか汚いという観念は育っていないので、純粋にメカニカルなものとして興味をそそられる対象でした。

町の至る所に建築中の家があり、そこでは大工さんが木をかんなで削ったり鋸で切ったり釘を打ったりしている様子を簡単にみることができました。あのかんなから出てくる髭のよなしゅるしゅるとした薄い削りくずを見て、自分もやってみたいと思った人は多いのではないでしょうか。

しかし、今では材木は工場でプレカットされて運ばれてくるので現場ではただ組み立てるだけですし、危険だからと言って周りをシートで囲って中が見えないようにしてしまっています。これでは、せっかくの大工の職人技を目にすることもなくなってしまいます。

家の近所にはいすゞ自動車の下請け工場があり、仕事中でも勝手に出入りできたものです。もちろん、危険な場所に立ち入ることはできませんが、手洗い場や通路で遊ぶことはできました。ここで初めて砂石鹸というものを見ました。油を扱う職人さんが、手についた油を洗い落とすのに使った砂の混じった石鹸です。子供のころは、色々なところに顔を出して、見たこともないものを見たり触ったりするという経験がとても大切な気がします。それによって、なぜこういうものがあるのだろうかと考えるきっかけとなるからです。

タグ

下町ロケット 2/2

【2011年10月17日の朝礼でのスピーチより】

□□□□

最近はこうしたモノづくり、エンジニアリングがとみに話題となります。工場見学が流行ったり、スパコンはやっぱり世界一を目指すべきという国民的コンセンサスが確立されてきたり、あげくに町工場芸人などというのも出てきました。グローバルで見た日本の製造業の勢いに影が差してきていることから、かつての工業立国だった(過去形で言いたくありませんが)日本に対する憧憬、ノスタルジーがあるのではないでしょうか。

□□□■

その反面、製造業を目指す若者が増えてきているというような話はとんと聞きません。それはそうでしょう。いくら昔を懐かしがっても、今は大きな工場は皆海外へ移転してしまい、グローバルな価格競争にさらされている中小企業はコストダウンの圧力に苦しんでおり、とても若者が未来を託せるような業種ではなくなってきています。

□□■□

戦後の復興から高度経済成長の時代、昭和30年、40年代は今とは全く違います。物を作れば作るだけ売れたという時代。今の中国がそうです。数年前に福建省へ行きましたが、大通りのわきでは余すところなく物を作る工場(というより作業場)か物を売る店で埋め尽くされていました。パイプを曲げてリヤカーの骨組みのようなものを大量に作っている人、板金加工でレンジフードのようなものを大量に作っている人。それだけ大量に作るということは、それだけ売れるということですから、中国ではまだまだ需要が供給に追いついていないのだなと感じました。

□□■■

日本の高度経済成長時代は、町工場でも夢がありました。高校を卒業しただけで親方のコウバで住み込みの丁稚奉公。毎日油にまみれて働く様は、はた目には大変そうに見えたかもしれませんが、そんな彼らだって、一生懸命働けばいずれは独立してコウバを持ち人を雇い、一国一城の主になることも十分可能でした。実際、そうして社長になった職人たちは、それなりの収入も上げることができたはずです。

□■□□

有名大学を卒業して大会社に就職した同期の人と比べると、最初はその賃金に圧倒的な差があったかもしれませんが、腕の良い職人になれば、そうしたエリートとそん色ない給料をとることもできたはずです。確かに遅くまで働いたり、休日も出勤したりと長時間の労働が必要だったかもしれませんが、そうすることによって、エリートの同期よりもはるかに超える収入を得ることもできたのです。

□■□■

学歴がなくても、自分の腕を磨いて長時間働けば、大卒の大企業の部長より良い収入を得て、高級外車に乗ることも、毎日のように夜遊びに出かけることもできたのでした。かつて蒲田に何軒もあったグランドキャバレーなどは、こうした町工場のオヤジたちが常連客で、これはこれで幸せなことでした。

□■■□

蒲田に工業用ガスを扱っている「巴商会」さんという会社があり、社長とも知己を得ている関係で、その会社の先代の創業社長の伝記本をいただいたことがあります。その斉藤社長の話は痛快です。第一京浜国道(一国)沿いにガスの工場を出して、まだ車が持てなかったのでリヤカーを押してボンベを運んだそうです。一国をリヤカーで走りまくって企業にガスを納品する。いくら運んでも次から次から売れるので、一国を何往復もしたそうです。

□■■■

こうした時代は、物を持っていればいくらでも大企業と取引できたことでしょう。今のように資本金や財務状況はどうか、従業員規模はどうか、コンプライアンスはどうか、ISO取得はどうか、などとうるさいことは言われなかったはずです。アイデアと度胸があれば学歴やコネなどなくても成功できるという、今から見ると夢のような時代と思えてしまいます。

タグ

このページの先頭へ