イメージ画像

スピードと品質 2/2

【2012年2月6日の朝礼でのスピーチより】

あなたが忙しいビジネスマンだったとします。お昼にわずかな空き時間を見つけて昼食をとりたいと思います。そのようなときに、懐石料理屋に入る人はいません。やはり牛丼屋です。

例えば、早く昼食をかっ込んで次の営業先に回らなければいけないのに、あなたが入ったお店の主人がこう言ったとします。「ようこそおいで下さいました。当店は山海の珍味を吟味してお出ししています。まずはお客様の注文を聞いて下ごしらえから始めます。そしてお客様との何気ない会話からそのお客様の好み、出身地、体調を感じ取ります。さらにはその日の天気、温度、湿度を考慮して微妙な塩加減を・・・」そんな能書きをだらだら申し述べていると、あなたは「もういいっ」と言って店から出てしまうでしょうね。

私たちのお客様は、このビジネスマンのようなものです。Webシステムやそのデザインは、そのお客様の商品を売るために必要なツールであり、芸術作品でもなければ工芸品でもありません。高くて立派で品質の良いものを求めているのなら別ですが、多くのお客様は今すぐ安く手に入るそこそこ安定して動くシステムを欲しがっているものです。

我々のお客様は、ロケットを飛ばして何年もかけて宇宙から衛星のかけらを持ってこようというようなシステムを欲しがっているのではありません。もちろん、まれにそういうお客様もいるでしょうが、それは全体のほんのわずかです。

我々はお客様のパートナーです。お客様のビジネスがうまくいくために自分たちのシステムを提供するのであり、自己満足のためではありません。

A4一枚のパンフレットを作るのにお客様が想定している金額はせいぜい2、3万円というところです。そうなると、そのデザインは4時間くらいで仕上げてしまわなければ原価が売値をオーバーします。そうしたコスト意識を持ちつつも、お客様が満足する品質を保つということが求められます。もちろん、2、3万円というコストに見合った品質であるのは言うまでもありません。

以前にブログで秀吉の話を紹介しました。急ぎの手紙を祐筆(書記係)に書かせるため、文章を口頭で祐筆に伝えていますと、その祐筆が「しばしお待ちを」と秀吉の喋りを遮りました。「どうしたのか?」と聞くとその祐筆、「いや、醍醐という字をにわかに失念してしまいました、すぐに思い出しますのでしばしご猶予を」すると秀吉「そんなものは伝わればよいのだから『大五』と書いておけ」と言って、渋る祐筆に無理やり「醍醐」を「大五」と書かせました。

後日、その祐筆が妙にふさぎ込んでいるのを見た秀吉、「いかがいたした?」と問うと「私の書いた手紙の「大五」という誤記が後世に残ると思うと情けなくて死にたくなります」それを聞いた秀吉は「この戦乱の世でお前の書いた手紙などだれが憶えているものか。気に病むことなどない」と笑い飛ばしたそうです。

これは、生き馬の目を抜く戦国時代ではスピードが命で、伝えるべき内容さえ正しければ誤字脱字など構うことはないという意味です。まさに今の時代と同じですね。

これまでの話で、仕事をするうえで品質はそこそこで良いのだと短絡的に考えないでください。あくまでお客様のニーズと予算に柔軟に対応するという意味です。この点だけ付け加えておきます。

タグ

スピードと品質 1/2

【2012年1月30日の朝礼でのスピーチより】

とかく今の世の中はスピードが求められます。今はやりのケータイやスマホでも、次々に新しい機種が出てきます。Webやスマホ向けのアプリやソリューションも日々めまぐるしく変わっていきます。そうした中で、我々の仕事は主にこうしたスピードが求められるビジネスを行っているお客様がターゲットですから、当然ながらそうしたお客様のニーズに合わせてスピード感が求められます。

昔はのんびりしていて良かったとか、江戸時代はエコな社会で貧しくても心は豊かだったなどと言うノスタルジックな感情は、プライベートではとても重要かもしれませんが、仕事においてはそのような感傷にふけっている暇はありません。

そのような昔にさかのぼらなくともついこの間、と言っても10年くらい前までの話ですが、その頃は何年もかけて行う開発プロジェクトがあたりまえで、総工数が数千人月という膨大なシステムを構築していました。単価も上がることはあっても下がることはないし、発注元の会社は外注先の新人でも対価を払って受け入れていました。確かに良い時代でした。

しかし、もうそのような時代ではありません。今はスピードとコストがモノをいう世の中です。新人をゆっくり育てるという風潮も残念ながら失われつつあります。そして、品質に関する考え方も変化してきています。

スピードとコストを追求すると、当然ながら品質が犠牲になります。しかし、現代のように進んだITインフラがその品質の劣化部分をかなり補ってくれています。

以前は組み込みソフトにはとても高い品質が求められました。機器と一緒に販売される組み込みソフトは、いったんお客の手に渡るとおいそれとソフトを更新することができませんでした。致命的なバグがあると、その機器を回収して修理する必要があるからです。しかし、今ではユーザは大概ネット環境を持っていますから、かなり手軽にソフトの更新ができます。ユーザが気付かないうちにソフトを更新することすら可能です。

こうしたことは、Webシステムについてはなおさら顕著です。元々ネット環境の中に存在しているWebシステムはシステムの更新が容易であり、システムをリリースしてから客の動向を見てカスタマイズしていくとかバグ改修をするといったことが行われる時代となりました。それどころか、たまにしか発生しないバグなどは故意に放置されることもあります。

Webのデザインについても同様です。多少文章がおかしくてもグラフィックの配置が変でも、まずは情報をUPするということが大事になります。気になる部分は後で時間があるときにちょっとずつ直せばよいという考え方が、一般のユーザに浸透してきているように思います。

このあたりは紙物のDTPデザイン一筋にやってきた人にはなかなか文化的に受け入れられないようですが、受け入れなければ生き残れません。それを拒否してひたすら良いものを高コストで時間をかけてやりますという職人さんは、1年を通じて仕事の依頼が一件も来ない西陣織の人間国宝のようなものです。

あえて極端な言い方をしていますが、我々の仕事は今や牛丼屋のようなもので、安い、早い、うまい、が必須条件となってきています。ただし、この「うまい」はあくまで料金に見合った、そこそこの「うまさ」です。

タグ

このページの先頭へ