イメージ画像

LとRの発音

【2010年10月25日の朝礼でのスピーチより】
□□□□
日本人の英語に関してLとRの区別がつかないということがよく言われます。日本語の発音にRがないのでこれは仕方のないことです。したがって、どうしてもLでもRでもいいじゃないかという気持ちになりますが、英語がネイティブの人にとってはLとRはまったく違う発音として区別しているので、日本人のLとRの混濁した話し方にはとても違和感を持っていることでしょう。
□□□■
同様に、韓国語ではビとピの発音が日本語と違って明確に分けていないらしく、韓国居酒屋で韓国人の店主に「ビール2本ください」というと、「はい、ピールね」という返事が返ってきます。突然「あなたピール飲む?」と聞かれると、ピル(錠剤)を思い浮かべるかもしれません。
□□■□
10年前にカミさんとの新婚旅行でスペインへ行った時のこと、トレモリーノスという地中海に面した観光地で数日滞在しました。部屋数が10個ほどしかないような小さな旅館に泊まりましたが、宿泊費は安いしいかにもスペインという感じの映画に出てくるような農家風の造りで雰囲気が良かったので4、5日連泊しました。客もユニークな人が多く、ゲイ(男同士、女同士)のカップルが妙に多かったように思います。まともな男女のカップルは私たちくらいだったかな?
□□■■
そのホテルには1階に読書をしたりできる小さなラウンジがあり、知らない旅行者同士が仲良くなるのに絶好の社交場でした。そこで、イギリス人のカップルの男性(もちろん、男同士)と知り合い、少し話をしました。なんかちょっとお高くとまった感じのインテリ風な男性であまり好きなタイプではありませんでしたが、相手がイギリス人だというので、少し喜ばせてやろうと思って、「ブリティッシュロック、私大好きです」とか、「イギリスは国土が日本と似ていますよね」など話していた。
□■□□
しかし、音楽の話も国の話もあまり食いついてこなかったので、じゃあ車の話でどうかと思い、私が以前MGという英国車に乗っていたという話に続き、「そうそう、私の友人がロータスヨーロッパに乗っているんだ」ということを英語で伝えました。すると彼は怪訝な顔で「ロータス?」と聞き返してきます。「こいつイギリス人のくせにロータスを知らんのか?」と思って「F1にも参戦しているし、コーリンチャプマンという有名な創業者がいるでしょ」などとあれこれ伝えると、ようやく「オオッ、ロータス!」と叫びました。やっと分かったかとほっとしたのもつかの間、「お前の発音がおかしいんだ」と彼に指摘されました。
□■□■
彼は、自分の口を開いて見せ、そこを指でさしながら「ラー(ウ)タス」と、ことさらに語頭のLoを強調して発音して見せてくれました。しかしこちらは、「なんだ、俺の発音とどこが違うんだ、多少の違いくらいで何をそんなに大げさに指摘してくるんだこいつは、ゲ○のくせに」と、子供に対するような説明の仕方が、人を小馬鹿にしたような態度に感じられて内心むかつきました。
□■■□
こんなことがあった翌日でしょうか、マラガへ行く電車の中で向い合せになったイギリス人の老女とカミさんが仲良く話を始めました。(うちのカミさんは、私と違って日本人でも外国人でもとにかくよく話しかけられる)
しばらく黙って話を聞いていた私が、「友人がセビリアへはぜひ行ったほうがよいと勧めてくれたんですよ」と英語で話すと、彼女はYou are speaking excellent English!と褒めてくれました。きっと、しばらく黙っていたので英語が話せないと思っていたのに、突然話し始めたのでそのように感じたのでしょうが、とにかく、「見ろ、ちゃんと通じるじゃないか俺の英語は」と昨日の英国人男性に言ってやりたくなりました。
□■■■
しかし、あのイギリス人男性は本当に嫌味であのようなことを言ったのでしょうか。さて、カミさんと結婚して10年が過ぎましたが、彼女は結構言葉の誤用が多く、話していて何の事だかわからないということがよくあります。突然、「トウケンシの時代は大変だったのよね」などと話しかけられ、「え?闘牛士、それとも唐辛子のことか?」と混乱します。よくよく聞いてみると遣唐使のことだったりするのです。まあ、似ているけどね。
■□□□
そんな生活をしている中で気付かされましたが、人は(特に私は)言葉の最初の音節が違っていると全く別の言葉を連想するのです。これは、特に物を論理的のとらえるタイプの人に多いと思いますが、相手が遣唐使と言うべきところをトウという言葉で単語を言い始めた時点で、頭の中でトウで始まる単語を検索し始めます。カミさんと話していて気付かされましたが、私は単語をその構成する漢字や意味を含めて理解しているのに対し、彼女は音というイメージで単語を記憶しているようです。だからとんでもない言い間違いをすることがあるのです。
■□□■
女性同士の会話では案外このような言い間違いをしても結構通じているように思えます。それは、単語をそのように論理的にとらえるのではなく、前後関係も無視して文章の流れを全体として取られるという優れた能力があるからと確信しています。外国語を習得するのは女性のほうが得意なように思えますが、そんな性差があるのかもしれません。
■□■□
先のイギリス人男性ですが、私の発音したロータスという単語の出だしがRにしか聞こえなかったので、一生懸命Rで始まる単語を彼の頭の中で検索していたのに違いありません。しかし、よくよく聞いてみるとその出だしの音はRではなくLだったので、彼は、「せっかく単語を探したのに、お前が鼻っから間違えていたからよけいな労力を使ったじゃないか」とイラついたのでしょう。それは私が、遣唐使を平気で「トウケンシ」と言い間違えるカミさんに対してイラッとするのと同じことだったのです。

タグ

日本の外交 3/3

日本の方向性

そろそろ国として方向性を決めなければならないのではないでしょうか。どこかの属国として生きる、例えばチベットのように名ばかりの自治領を持たせてもらう程度で我慢するのか、これまでの豊かな生活を捨ててでも自存自栄の、小さくともあなどれない国家としてのありようを目指すのか。もちろん、こんな事態が起こるのはまだ当分先で、われわれの次の世代のことかもしれませんが、100年後は確実にやってきます。そのための準備は今のうちにしておいても早いということはありません。

私としては、日本の経団連や、商工会議所などが、われわれは稗粟を食うことになっても構わないから、国の威信を守ってくれというくらいの気概を表してほしいと思います。他国と摩擦が生じるとこの国はすぐに戦争を想起します。国、領土を守ろう、日本の主権を守ろうとかいうとすぐに周りからあの戦争を繰り返す気かと言われます。

もちろん戦争はぜったいに避けなければなりませんが、そのためには戦争というものから目をそらしてはなりません。怖いから見ない、言わない、聞かないという態度では、戦争よりももっと悲惨な結果、例えば他国により自国民が蹂躙され国家が消滅する、という目に逢ってしまいます。

今の日本は、理念(ビジョン)なし、戦略なし、気概なし、そして大切な経済力も失おうとしています。かつて、政治は二流、経済は1流と言われるほど、経済力だけはありましたが、その経済も大きく陰りを見せ今年はついに中国にGDP2位の座を奪われました。このままでは石原知事が言うように日本はいずれ沈没します。

異民族の脅威

卑怯とか、倫理がどうとかいうのは、相手が同じ土俵にあって初めて意味をもつものです。だから、古代は同じ言語を話し同じ宗教を信じ同じ文化を持つ者同士でしか価値観を共有できませんでした。

昔のヨーロッパ人は毎日を恐怖の中で暮らしていたと思います。ある日突然、異民族が攻め込んできて、家族は皆殺し、町は焼き払われるのです。国同士は陸続きですから異民族は簡単に入り込んできます。そして、命乞いをしようが話し合いを求めようがもとから言葉が通じないのですからコミュニケーションが取れません。子どもだけは助けてくれと言っても、宗教も倫理感も違うのでそんな憐れみなど見せることはありません。

だからヨーロッパにしても中国にしても、周りを城砦で防御して自国民を守る城塞都市が発達したのです。日本のようにたまたま周りを海で囲まれたそこそこのサイズの国というのは希有なものです。だからこそ、日本には国家観とか防衛という意識が薄いのかもしれません。

日本にあるもの

日本には資源がないとか、国土が狭いとか言いますが、周りを天然の要害である海で囲まれているというのは、世界的に見てとても恵まれた環境だったことがわかります。中東には石油があり、中国にはレアアースがあり、どこそこには何何が豊富にあり、というニュースを聞くたびに羨ましくなりますが、実は日本には大昔より地政学的に希有な国土を天から与えられていたということに感謝すべきでしょう。

Wikipediaによると、日本の国土の面積は世界ランキングで61位、世界総陸地との割合ではわずか0.25%しかありません。これに対してロシアは1位で11.5%、カナダが2位で6.7%、中国は3位で6.4%です。日本は今、国土のサイズで1位と3位の国から厳しい圧力を受けているのです。ちなみに日本の国土は中国のわずか4%弱です。

しかし、目を海の広さに転じてみましょう。排他的経済水域EEZと領海を合わせた自国の海のサイズでのランキングをみると、日本はなんと世界6位に躍り出ます。中国は15位で日本の2割にも満たないのです。国土の面積を合算しても日本は中国、インドに続き9位で、中国の約半分のサイズとなります。

武力をもっておらず経済的にも陰りの出てきた日本が自国の強みを生かすには、この広大な海を守っていくことが重要で、国としての死活問題です。ですから、たかがちっぽけな島だからといって尖閣諸島などの絶海に浮かぶ島しょに対して無関心でいては大変なことになります。

日本は防衛ラインとなる海に四方を囲まれ、多くの水産資源に恵まれてきたおかげでこれまで国の独立性を保ってきたといえます。

しかし、世界がこれだけグローバル化してくるとその恩恵も相対的に縮小していきます。そして、せっかく先代が文字通り血を流して築いた経済大国としての資産もいまやほぼ食いつぶしてきています。今回の隣国との問題を一つの契機として、この国をどうしていくのかという機運が盛り上がり、国として目を覚ますことが望まれます。

タグ

休み

体育の日でお休みです。

タグ

日本の外交 2/3

たかられるボンボン国家

今の日本は勇敢だった先代、先々代の築いた遺産を食いつぶして放蕩生活を送っているボンボンのようなものです。しかも軍隊がないわけですからいくら脅しても反撃されることはない。そんな奴がそばにいたら、皆からカモにされるのは当然です。少し脅せば金を貢いでくる、相手にそんなに悪気がなくても与し易しと利用されるのは当然です。

かつて、アジアの有色人種として西欧列強に戦いを挑み、世界史上初めて有色人種の国が世界の先進国として認められました。アジアをアフリカと同じく植民地として見ていた西欧に対して正面から戦ったのは日本が最初にして最後の国家でしょう。このことは、アジアの他国に大きな影響を与え、自存自立に目覚めさせることとなりました。

そして第2次大戦後は驚異的な復興を成し遂げ、車や電子機器などのハイテク産業で世界を席巻しました。このことは、アジアの他国に対して、このようにすれば経済大国になれるというモデルを示したことになります。

人柱国家日本

日本は、このようなことを意図的に他のアジアの国々のために起こしたわけではなく、自国の利益のためにやったことですから他国に恩を売ることはないと思いますが、もっと自国の歴史に誇りを持ち、日本のプレゼンスを高めるために今の我々が何をなすべきかを考えなければなりません。

これまでにせっかく培ったハイテク技術を簡単に他の国に譲渡あるいは盗み出されてまねをされ(知財も人材もダダ漏れです)、今では円高というハンデを負わされた日本を軽く飛び越えて韓国や中国のハイテク製品が世界中でシェアを伸ばしています。

これでは、日本はただ人柱として先駆けとして犠牲を払い、矢じりの先端部分として切り込み隊長的な役割をしていただけになってしまいます。他国から見れば、大変においしい国です。いくら半導体技術や自動車産業で世界を席巻したとかつての栄光や伝説を語ったところで、アジアの国々から、「もうお前に用はない」と言われ始めているのが現状ではないでしょうか。

タグ

このページの先頭へ