イメージ画像

大英博物館にて

最近の日本の状況から、「将来こんなことになるのでは」という危機感を感じています
□□□□
21xx年、ここは英国の大英博物館。大学で国家論を教えるN教授は自分のゼミの学生を引率して過去に滅亡した国々の、それらがかつて花開かせた文明の片鱗をうかがわせる遺物が紹介されている「失われた文明国」という常設展示を見て回っている。
□□□■
マヤ・アステカおよびインカ文明のコーナーでは、彼らの持つ建築技術に学生一同は驚異の目を見張った。まだ数学も発達していない時代に、これほど堅牢な建築物を作る技術はどこから来て、そしてどこへ継承されたのか、謎なのである。例えば古代ギリシャ文明はビザンチン帝国が正当な継承者として知られ、地中海諸国に大きな影響を残したのに、南米に起こったこの文明にはその継承者がいないのである。剃刀の刃が入る隙間もないほど精密に組み合わされた石組みを現実に目の前にし、それが今の技術をもってしても再現できないと聞いて素直に畏敬の念を感じた。
□□■□
次のコーナーには鎧兜が威厳をもって飾られており、その横に世界最初のテープレコーダーとウォークマンが展示されている。ウォークマンという名前は歴史の教科書に載っており、試験に必ず出る単語なので学生たちは皆知っている。「ああ、これがそうなのか、ずいぶんちゃちだな」そんな声が聞こえる。
□□■■
ここには、かつて栄えた日本という国の技術力の高さを示す遺物が所狭しと並んでいる。学生たちが日々使っているモバイル端末も、通信を支える光通信技術も、品質の高い製品を量産するノウハウも、それらのほとんどは極東の小さな島国「Nippon」が発祥の地だと聞かされて学生たちはなんだかとんでもないほら話を聞かされているようで、ほとんど現実感がなかった。インカの石組みであれば、太古に思いを馳せやすいが、自分たちが普段利用しているあらゆる製品が極東の小さな国、それも自分たちとは違う有色人種の考え出したものであるということに納得がいかないのである。
□■□□
学生の一人が質問した。「プロフェッサー、どうしてこんなに高い技術を持った国が世界を制覇することもなく、隣国のちょっとした軍事介入で簡単に征服されてしまったんでしょうか? まるで脅かすと急死するねずみのように」
「うむ、これまで見てきた国とはちょっと異質な感じがするのは確かだが・・」とN教授は豊かに蓄えたひげをしごきながら咳払いを一つしてさらに言葉をつないだ。
□■□■
「ローマはパンとサーカスにより民衆が国政に興味を持たなくなり滅んだ、日本の場合、物は違うが一説にはアニメとパチンコにより民衆が幼児化してしまい国政どころではなくなったと伝えられている。いずれにしろ、国が、その国を支える国民が気概というものを失うと、その国の滅亡は近いと言えるんじゃないかな?それに対してわが大英帝国は・・・」
展示室の薄暗がりの中にその鎧兜はじっと佇んでいた。兜の下には鈍く黒光りする恐ろしい形相をした面がかぶせられており、大きく穿たれた双眸は不気味に虚空を見つめていた。

タグ

2010年9月29日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑記

日本の外交 1/3

【2010年9月27日の朝礼でのスピーチより】

9月24日

この日は国辱の日として記憶されることになるでしょう。尖閣諸島で海保の巡視船に体当たりしたことにより逮捕した漁船の船長を、中国のちょっとした圧力に簡単に屈してあっさり釈放したこの出来事は、日本の国としてのありかたを根本から揺るがすことになりかねません。
ここで、中国が悪いとか尖閣諸島は日本の領土だとかいう話をするつもりはありません。こうした国同士のせめぎあいは過去の歴史をさかのぼればいくらでも見られる話であり、相手の立場になって考えれば、中国がそうした行動に出るのはしごく当然のことと考えられます。
中国からしてみれば、今回の出来事は突発的に起きたものではなく、「いつかは世界に強い影響力を示す国になる(かつての中華を取り戻す)」という目標のために過去数十年間も努力し準備してきた結果だと言えます。中国がこうなるために準備してきているというサインはもうずっと以前から発せられ続けていたのですが、それに対してなんら有効な対応策を講じてこなかった日本の怠慢こそが今回の問題の問題たるところです。

サッカー日本代表

それにしても日本外交のふがいなさには情けなくなります。ずっと前から、何か事が起こるたびにがっかりさせられるので、今に始まったことではないのですが、どうにかならんのかと言いたくなります。
サッカーに例えるとわかりやすいのですが、今回のケースは、日本代表チームが中国代表にコテンパンにやられたというようなものです。自国のチームが相手に負けたからと言って、相手の国を憎むという感情は普通は抱かないでしょう。まずは自国のチームに対して厳しい目が向けられます。
それも、納得のいく試合運びをしてたまたま負けたとか、負けるにしても何かしら次につながる成果を得たのならばいざ知らず、最初から腰が引けて、なす術もなくただ行き当たりばったりな対応に終始し、相手にいいように翻弄され、当然の帰結として負けたとするならば、自国のチームに対して憤慨するのは当然です。
今回の中国のやりかたも確かにえげつないですが、審判の目を盗んで相手の選手のユニフォームをつかんで倒した程度のことで、後からいくら非難しても後の祭りです。要は、勝つためにはどうしなければならないかを考えるしかないのです。

軍隊のない国

軍隊のない国というのはこんなものなのでしょう。外交は気合です、なめられたら相手の言いなりになるしかありません。中国をやくざ国家という人がいます。私も同意しますが、それは中国に限った話ではありません。日本を含めて地球上のすべての国は、その性質をむき出しにしているかどうかの違いだけで、他人を食い物にして自分の利益だけを追求するやくざと同じです。
世界の国々は、皆自国の利益のためにのみ必死に外交を行っているのであり、外交の延長線上に戦争があるというのは峻厳な現実です。それを、他国の軍隊に守ってもらって、つまり金は払うからお前のところの国民に血を流してくれ(死んでくれ)といっておきながら、自国民は怠惰な生活に現(うつつ)を抜かすという態度はもう通用しない時代になっているのでしょう。

タグ

休み

敬老の日でお休みです。

タグ

2010年9月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

目黒の秋刀魚(さんま)

【2010年9月6日の朝礼でのスピーチより】
□□□□
今年は猛暑のせいか、秋の味覚の代表であるサンマの漁獲が思わしくないそうです。先日北海道の釧路へ行きましたが、日曜日に買い物を予定していた和商市場が秋刀魚の不漁で休みになってしまいました。いつもなら観光客でにぎわう和商市場を閉めてしまうのですから、よっぽどのことでしょう。
□□□■
秋刀魚は例年ですと2尾で100円などという馬鹿らしくなるほど安い価格で店頭に出回っていますが、本来の価値からすると安すぎるとも思います。
幸いなことに今のところ、秋刀魚に代わってマイワシがたくさん獲れているそうです。人は希少なものを喜ぶ傾向があるので、値段の高い高級魚をありがたがりますが、旬のもので価格の安いものが結局一番おいしいのではないでしょうか。
□□■□
ちょうど昨日は「目黒のさんま祭り」があったようです。まだ一度も行ったことはありませんが、大量の秋刀魚を無料でふるまうということで、この時期になると新聞等で話題になります。
□□■■
ところで皆さんは「目黒の秋刀魚」の噺を知っているでしょうか。(社員の顔を見回したところほとんど皆が知らないようで、ちょっとショックを受けつつ)
□■□□
「目黒の秋刀魚」というのは落語のネタで、あらすじはこうです。ある時、殿様が遠乗りに出かけます。当時は全国の大名が江戸の下屋敷に詰めていましたから、この殿様もおそらく参勤交代などで江戸に来ていたどこかの大名なのでしょう。遠乗りは鷹狩りと並んで殿様が昼間に野外で行う娯楽の定番です。
□■□■
目黒あたりに来た時にどうにも腹が減ったが、あいにく弁当の用意を忘れてきており、どうしたことかと思案していると、そこにうまそうなにおいが漂ってきます。近所の農民が秋刀魚を焼いていたのです。殿様はそのにおいに我慢が出来ず、「こんな魚は下賤のものが食すもので殿が召し上がるようなものではございません」、としぶる家来のいうことも聞かず無理に持ってこさせます。それを食べた殿様、こんなうまいものがあったのかと大感激、見る間に何尾も平らげます。
□■■□
それ以来、目黒で食べた秋刀魚の味が忘れられないのですが、外で秋刀魚などを食べさせたと知れると家来が咎められるので、秋刀魚のことを話題にすることもできません。食べたいのに食べられない、辛い日々を送ります。そうこうしているうちにこの殿さま、他の屋敷に客人として招かれます。客人の所望する料理を出すのが当時の習わしだったので、前々からこの日を楽しみにしていた殿さま、何をご所望ですかと聞かれて即座に秋刀魚をだせと要求します。
□■■■
なぜ秋刀魚などを知っているのかと驚いた接待役ですが、殿さまのたっての希望なので仕方なく日本橋の河岸に行って秋刀魚を買ってきます。しかし、その子骨や脂の多さにそのまま焼いて出すことがためらわれ、蒸して油抜きをし、毛抜きで骨を抜いてしまいました。こんな秋刀魚ですから風味も何もなくなっています。
■□□□
これが秋刀魚か?といぶかりながら一口食べてみると、あの目黒の秋刀魚とはほど遠く、とても食べられたものではありません。そこで殿さま、この秋刀魚をどこで仕入れたのか尋ねます。接待役が「日本橋の魚河岸でございます」と答えると、「それはいかん、秋刀魚は目黒に限る」というのが落ちです。
■□□■
この話は、普段威張っているえらい殿さまでも、庶民が食べている旬の味を自由に食することもできずかわいそうだねという皮肉を込めたお話です。高級なものがおいしいというわけではないということですね。

タグ

このページの先頭へ