イメージ画像

よけようとしない人

【2010年2月22日の朝礼でのスピーチより】

□□□□
昨年の夏、比叡山の栢木寛照師とサイパンのショッピングセンターを歩いていた時、師が憤慨してこうおっしゃった。「外国人は人とすれ違う時に一向によけよ
うとせえへん、失礼な連中や」。たしかに同感である。サイパン近隣から観光に来るアジアの人たちは男も女もかなりアグレッシブというか自己中心的で、謙譲
の精神というものに欠けた人が多いとは常日頃から感じていた。

□□□■
しかし、それは外国人に限ったことではない。日本でも、最近の子供たち(中高校生)や20代の若い人たちは男女を問わず、人が向かい側から歩いてきている
のによけるそぶりを全く見せない人が多い。特に携帯電話を見ながらだったり、数人で並んで歩いてくる人たちに多く見られる傾向がある。

□□■□
このままだとぶつかるので、こちらは歩道の端一杯までよけているにもかかわらず、相手は全く自分の進路を変えようとしない。ぶつかる寸前まで平気で向かっ
てきて、ギリギリになってさっと避ける。そして、視線は全くこちらを見ていない。とても不気味に感じるが、こうした若い人がとても多い。自分から先に避け
ると損だと言わんばかりである。

□□■■
一人で前を向いて歩いている人とはまずこういうことはない。さりげなくアイコンタクトしてお互いに避け合うのであるが、数人でだらだらしゃべりながら歩い
てくる連中は、自分たちが複数なので当事者意識がないのか、道一杯に広がっていて誰もこちらに道を譲ろうとしない。この無関心を装いながら仕掛けられるチ
キンレースにとてもストレスを感じる。

□■□□
とはいえ、実際にぶつかり合うことはまれであるから、こちらも気にしなければよいのだが、雨の日はそうもいかない。私の自宅のそばに女子高があるので駅に
向かう道で多くの女子高生とすれ違う。こうした女の子は見事に傘を引こうとしない。相手の肩や頭にぬれた傘があたっても何とも思わないようである。私は戦
中派の父に厳しく育てられたので、どうしても傘をうんと傾けて相手に配慮するが、癪なので体はまっすぐにして進む。すると、どう考えても相手にあたると気
付いていると思うのだが、持った傘を全く動かさずにいやならそちらがよけろと言わんばかりに向かってくる、そして「バシャッ」と肩に傘が当たる。とても不
愉快である。

□■□■
少し前に地下鉄のポスターで、「江戸しぐさ」というものが紹介されていた。長椅子で隣に人が座ろうとした時は軽く腰を浮かせて少し空けてあげるとか、道ですれ違う時に肩を引くとかであるが、その中に傘かしげというのがある。しかし、これはマナー以前の話である。

□■■□
こうした若い世代はなぜそのようになったのか。家では親はただの友達以下なのに対し、仲間とは年中メールで連絡をとり合い、孤立することを極度に恐れる。そうした子供たちが、他人に対して気遣いを見せなくなっているのは恐ろしいことである。

タグ

休み

健康診断で朝のスピーチはお休みです。

タグ

SE?

【2010年2月8日の朝礼でのスピーチより】

□□□□
「大学を卒業した後、2年ほど”SE”をしていました」
ハローワークの紹介でやってきた求職者が面接の場でこういいました。

□□□■
このセリフを違和感なく聞ける人もいるでしょうが、私には全く聞き捨てならない言葉として聞こえます。SEとは、新卒がいきなりこなせるような仕事では本
来ないからです。たとえて言うなら、学校を出て4月からいきなり現場監督になると言っているようなもので、そんなことはあり得ません。私の感覚からする
と、新人教育を半年ほど受け、その後OJTで1年くらい見習いをやり、数年間はプログラムを書く仕事をしつつ、だんだんとSE的な仕事をこなせるように
なっていくもので、どんなに早くても3年はかかると思っています。だから、先ほどの求職者の場合は、学校を出てからテスターあるいはワーカーをやっていた
というのが正しい表現です。

□□■□
SEという肩書が人によってか、あるいは会社によって簡単に詐称されるのは、最近に始まったことではありません。プログラマーよりもSEという肩書で売る
ほうが単価が高いので、大手派遣会社では数カ月の研修を受けさせただけで客先にSEと称して送り込むということが日常的に行われていたようです。普通のサ
バを漁ってきて1日だけ豊予海峡に放流したあと、関サバとして販売するのと同じです。

□□■■
元IBMの大先輩から聞いた話です。その方がIBMからヘッドハンティングされた大手派遣会社で、そこの経営者(業界では有名なカリスマ経営者)から、新
人を3か月でSEに育ててくれと言われておおいに閉口したそうです。どんな難しいシステムを開発するよりも、ずぶの素人を3カ月でSEにすることのほうが
難しいのです。いや、不可能です。

□■□□
SEという言葉を安易に使う人たちと、厳密に捉える人たちは仕事の分野によって分かれているように思います。派遣社員を大勢使って人海戦術的に仕事をする分野では、インフレが起こっていて、SEという称号がうんと価値を下げているように思います。

□■□■
同業の知人の会社では、派遣会社から来た技術者があまり優秀ではないのでそれまでの経歴を尋ねたところ、ついこの間まで厨房でなべを振っていたというので
驚いたそうです。前職がなんであってもかまいませんが、おそらく数カ月研修を受けただけで派遣されてしまったのでしょう。このような”なんちゃってSE”
に金を払うほうも気の毒ですが、派遣された本人も可哀そうです。

タグ

“バカ”と”アホ”のニュアンスの違い

【2010年2月1日の朝礼でのスピーチより】

□□□□
在韓のある日本人新聞記者が韓国の金泳三大統領(当時)の反日外交姿勢を「唐突だ」だと書いて批判したところ、韓国当局より「唐突」という言葉は失礼だと
抗議を受けたそうです。韓国語で「唐突」は「身の程知らずで生意気」といった、相手を馬鹿にする言葉だというのです。もちろん、この記者はそのようなつも
りで書いたのではありません。日本と韓国では同じ漢字を使った単語がありますが、必ずしも同じ意味ではないようです。

□□□■
私が高校時代に関西で過ごしたときのことが思い出されます。同じ日本語を話しているのになぜか誤解される、そんなことをよく感じました。東京では親しい相
手に「バカだな」というのは軽い感覚で使いますが、それを関西の学校のクラスメートに言うとすごく怒ります。「バカ」という言葉を投げかけられると本当に
バカにされた感じがして許せないそうです。

□□■□
逆に、相手から「アホちゃうけ?」といわれると今度は私のほうが無性に腹が立ちます。「アホ」というのは東京ではほとんど使わないので、なんだかとても違
和感がありました。最近は関西系お笑い芸人が活躍しているのでそれほどではないかもしれませんが、私が10代のころは、「やすきよ」くらいしかいませんで
したし、周りに関西弁を話す人もいなかったので、「アホ」=「鼻をたらしてボーっとした丁稚」のイメージくらいしかなかったせいでしょう。

□□■■
高校時代は関西弁が当たり前の土地に一人だけ標準語(関東弁)の私がいたので、ずいぶんとこうした言葉のニュアンスによる誤解に苦しみました。仲の良かっ
た友人が何かの拍子に急に怒り出して、それ以来口もきいてくれなくなるなんてこともありました。こちらは標準語ではありますが、関西弁が圧倒的多数派なの
で肩身が狭かったこと。国語の授業で朗読をすると、周りのクラスメートがひそひそ話を始めたり笑ったりされた揚句、教師からは「阿部君は関東やから発音が
ちゃうねんな」と言われてしまいます。

□■□□
こんなときには、すんなりと関西弁を話せるようになればよいのですが、無理して関西弁をしゃべると、相手から「気持ちの悪い関西弁使うな! 関西バカにしとんのか?」と怒られてしまいますし、なんだかすごく自尊心が傷つき自己嫌悪に陥ります。

□■□■
うちの会社の社外取締役は滋賀県人ですが、いまでもちょっとした表現の意味がよくつかめないときがあったりします。相手も同じ日本人同士だから言葉が通じていると思って話しているのでしょうが、コミュニケーションギャップを感じることがあります。

□■■□
同じ国同士でもこうした違いがあるのですから、同じ文字を使っているからといって中国や韓国でも筆談である程度話が通じるなんて甘く見ていると痛い目を見
るかもしれません。なまじ同じ文字や単語を使っている分、始末が悪いということもあり得ます。筆談でやり取りしているうちに相手が怒り出して刺されるなん
てこともあるかもしれません。自分の持っている常識が相手にも通用すると考え、それを押し通すのは危険ですね。

タグ

このページの先頭へ