イメージ画像

俯瞰すること

□□□□
先日の入社式に比叡山から講師としてお越しいただいた栢木寛照師と、その翌日千鳥ヶ淵の桜を見に行った。桜は見事に満開で行き交う人の雑踏にもまれながらもその美しさを堪能した。
その後ホテルのラウンジでかなり長いこと雑談を交わした。

□□□■
話題は自然と昔話になり、こんなことを思い出した。比叡山で千日回峰行を行っていた師匠の元で小僧をしていた時代のこと。回峰行中は交代で我々小僧が一緒にお供をする。夜の2時頃出発して翌朝6時か7時くらいに帰り着く約30Kmの道のりである。

□□■□
根本中堂を回ったあと、西塔から横川(よかわ)へ向かう道の途中、一切言葉を発してはいけない区間を過ぎ、尾根づたいの峰道を延々と歩くとやがて玉体杉と呼ばれる大きな杉に出くわす。しかし、夜なので杉の姿は私には殆ど印象がない。それよりも、眼下に京都の町が一望の下に見渡せる場所にいることに驚く。杉の根元に石のベンチ状のものが置いてあり、ここに師匠は京の都へ向かって腰掛け祈り始める。ここは御所に向かって玉体加持(天皇の安泰を祈る)場所である。

□□■■
それまで黙々と足元を見て歩いていたのが、突然京都の町を一望に見下ろすのである。夜の霊気に包まれた京の町はその特徴的な碁盤の目に沿って照明が光り輝いている。それを見るとなぜだか自分の存在が小さく思え、日々の悩みなど取るに足らないことのように感じられるのである。それと同時に何か大きく広々とした気持ちになってくる不思議な場所で、回峰行のコースで私にとってもっとも印象深いスポットだった。

□■□□
そんな思い出話をしたら、寛照師が宇宙飛行士の話をしてくれた。地球の引力から逃れて遙か宇宙空間に飛び出した飛行士は、故郷である地球を遠くから眺めるというごく限られた人間にしかできない体験をするのであるが、そのときに神の存在を確信することがあるという。ごみごみとした喧噪に身を置いている日常では気づかないが、遙か遠くから眺めてみるとそこに神々しさを感じるという。日本人の宇宙飛行士の野口さんは、神の存在とは思わないまでも、「人間の力の及ばない、何か非常に大きな自然の摂理のようなものを感じた」と語っている。

□■□■
人間は色々なことで悩み、不安を感じ、恐れを抱く。しかしそれらは物事にあまりにも近寄って見ているからこそ感じることが多い。一度大所に立ち戻り、高いところから俯瞰で見てみると、それらが些末な出来事と思えてくる。

□■■□
私は宇宙空間から地球を眺めることはできないが、写真などで疑似体験してみると、地球はなんと豊かなのか、自然はなんと美しいのか、自分はなんと恵まれているのかという感謝の気持ちがわき上がってくる。こうして少し、人生の息抜きをするのも大切である。過酷な回峰行のルートにこうしたほっとする場所があるのも、そうしたことを教えんがためなのかも知れない。

タグ

金時計

□□□□
今月は学内の合同企業説明会が、先週は八王子、今週は蒲田と2件あった。
そろそろ就職活動も本格化してきているが、今年は世界同時不況で去年と打って変わって就職氷河期という学生にとっても厳しい時代を迎えた。

□□□■
さて、今日は数年前に大手リクルート業者の主催する合同企業説明会に出展したときの話。

□□■□
そもそもこの説明会に出展するだけで100万円近くかかるのでこちらも必死である。あれこれ準備して臨むわけだが、零細企業の辛さで費用もさほど掛けられない。ブースの装飾やプロジェクタの貸し出しなどは結構費用がかかるので省略したので、どうしても他の大手企業のブースと比較すると悲しくなるくらい貧相になってしまう。こうした大手が出張ってくる説明会に中小企業が一緒に並んでも格差が強調され、思ったように集客できない。中小は中小なりに知恵を絞って違ったアプローチもトライするべきだろう。

□□■■
そのような中でも、何人かの学生さんが説明を聞いてくれた。そこは業界大手の主催する説明会なので、中にはかなり優秀と見える学生さんもいた。数少ない来訪者に向けてこちらは一生懸命会社のアピールをする。

□■□□
イベントが一区切りしたところで手伝いのスタッフからおかしなことを聞かされた。一人の学生さんが彼にこう聞いてきたそうだ。「あの社長はなぜ金の時計をしているんでしょうか」 確かに私の腕には金色の時計がはまっていた。これは私が小学生の頃に父から貰ったスイス製(テクノス:TECHNOS)の自動巻きで、父が時計を買い換えたのでそれまで使っていたお古をくれたのだ。私が生まれたころに買ったので相当に古いし、私が物心ついたころから父の腕にはまっていた時計なので、大変愛着のある品である。ただ、それほど高いものではないだろう。スタッフも、この時計が父からのもらいものであることは知っていたので、その学生に「なんか父親からもらった時計だとか聞いていますけど」と答えたそうだ。

□■□■
その話を聞いた時は、なんだかおかしな質問をする学生だなと思っていた。「人の付けている時計が金色だろうと何だろうとそれがどうした、父のお古の時計がそんなに気になるのか?」 と思ったものだ。

□■■□
それから数カ月か数年か、しばらく経ってから何かの拍子になるほど思い当たった。その学生さんは「こんな経営者や会社は危ない」という情報を本か何かで読んでいたのではないかということだ。これは巷でよく登場する話で、私も何も見ずに思い出せるだけで次のようなものがある。

・会話の中で、何かと知人として有名人の名をあげる社長
・毎週会社を休んでゴルフに行く社長
・トイレの汚い会社は危ない
・社長室が会社全体の広さに対して広すぎる会社はダメ
・社長が高級外車に乗っている
こうした中に、「有名ブランドの高級時計、特に金の時計をしている社長は・・・」という項目もあったように思う。

□■■■
私も、金色の時計をするのは別に自分の趣味ではなかったが、父からのお古で愛着もあったので使っていた。しかし確かに他人から見ると、アンティークの(高価な)金時計をしている社長と見えたのかもしれない。いずれにしろ、もしこの学生さんが私をそのように見たとしたら残念だが、自分を律するということは、人からどう見られるかということにも気を使わなければいけないということを教えられた気がする。自分だけがこれはぜいたく品ではないと思っていても人はそう見ないこともある。

■□□□
しかし、この時計は不便だった。1カ月に5分くらい進むし、休日など少し放置しておくとすぐに止まる。ベルトも金属製なのでYシャツの袖がぼろぼろになるなど、あまり機能としてはよろしくなかった。そこで今はシチズンの電波時計をしている。もちろん色は銀色にした。とても快調で、電車のベルが鳴っても時計を見ればまだ発射まで20秒あるなどと余裕をもって乗ることができる。

■□□■
ちなみに、この合同企業説明会からずっと後になって、ある種の男性がなぜ金時計をするのかについて、面白いことを聞いた。高級な腕時計それも目立つ金色の時計をして夜のお店に行くと、店の女性たちがこの客はお金を持っていると値踏みして寄ってくるらしい。つまり、夜の社交場でもてたいからそのような高級品を身につけるのだそうだ。私は単に見栄えが良いからかと思っていたので、これは目からうろこである。

タグ

社名の由来

□□□□
自分で新しく会社を作ろうとするとき、その会社の名前を決めるというのは楽しみな作業である反面、非常に悩むものでもある。私も自分の会社の名前を決めるにあたりずいぶんと色々な名前を考えた。後年、子供の名前を考えるという経験をするが、それに似た難しさがある。

□□□■
私が自分の会社を立ち上げる5年前、フリープログラマーになったころであるが、もし自分が会社を作れたら、気の合う仲間だけ集めて「ビートアッププログラマーズ」なんて名前の会社ができたらいいな、なんて妄想していたが、もちろんそんな名前はつけられない。そして、実際に自分の会社を作るということになり、本格的に社名を決めなければならなくなった。

□□■□
まずは発音しやすくなければならないし、その言葉の意味がなるべくきれいで、人に悪い印象を与えたり、縁起の悪い言葉に間違えられないようなものにしたい。あまり長い名前や字画が多いものとか、一般になじみのない漢字は使いたくない。領収書をもらうたびに社名を伝える苦労をしたくないし、電話で社名を伝えるときにも簡潔な方が相手も聞き取りやすいだろう。

□□■■
そこで、IT会社だしカタカナがいいなと思った。私が社会人になったころはやたらとアルファベット3文字の会社が多かったが、それもありきたりなので避けたかったので、何か気の利いた英語の名前をつけようと思って英語辞書を眺めた。語感が美しく、言葉の意味がポジティブで、有名企業にはまだ類似がないような言葉、それを見つけるのは意外に大変だ。

□■□□
色々と悩んで自分の名前がAで始まるし五十音でもアルファベットでも最初に並ぶからAで始まる社名を考えた。これは欧米の保険会社にAで始まる社名が多いのと同じで、今でいうSEO対策である。電話帳を開いたときに最初のページに載っているかどうかによって売り上げが大きく変わってくる。今なら、GoogleやYahooの検索結果の上位に入らなければその会社は存在しないのも同じ、などといわれてしまう。

□■□■
そこで出てきた候補は「Alive」と「Anima」だった。どちらも生き生きとしたというような意味で悪くない。自分で電話に出たときを想像してみる。「はい、アライブコンピュータです」とか、「はい、アニマシステムです」という感じでどうだろう。アニマというとちょっとマニアとかアクマにつながるので、アライブしかないなと一時はそう思った。そこで当時勤めていた会社の同僚の女性に聞いてみた。当時私が独立して会社を作ることはすでに皆に伝えてあった。私:「今度作る会社、アライブって名前どう?」、彼女:「え、何? 荒井ブー?」、私:「・・・」。却下である。彼女には軽い憎しみの感情が湧いた。

□■■□
英語じゃありきたりすぎてダメだと思った私が次に思いついたのは、当時のわが愛車セリカLBのカタログに記されていたセリカという名前の由来であった。「宙空を飛ぶ竜をデザインしたセリカのマークをはじめ、スペイン語で天上の、神々しい・・・などの意味を持つCELICA」(当時のカタログより) 当時、日本車の名前は何となくカッコいいスペイン語とかイタリア語の単語が使われることが多かったのである。そこで本屋へ行ってスペイン語かイタリア語の辞書を探しに行ったが、なんとなくイタリア語の方がおしゃれな感じがしてイタリア語を選んだ。そのころファッション的にイタリア好みだったせいもある。

□■■■
辞書をAから順に探して、語感が良くて分かりやすい言葉を探す。ほどなくして見つけたのがCuoreという言葉。Aから順に見ていってB、Cと3番目の文字である。心、愛情、心臓、中心などという意味で悪くないし、言葉の響きもよい。それに、クオーレという名前の会社は、クオレ化粧品くらいしかないし、少なくともIT企業にはまだ使われていないだろうと判断した。やっぱり、自分自身が気に入るというのが大切で、もうこの名称しかないと思うようになった。

■□□□
しかし、そこでまた悩んだのが、「クオーレ」なのか「クォーレ」なのか「クオレ」なのかである。安易につけて後で後悔するのは嫌だったのでできる限り本場の読み方でどうなのかを知りたかった。日本語表記にするときどれが正しいかは、なかなかその辺にいる日本人には分からない。少なくとも私の周りにはそういうことに答えられる人が見当たらなかった。どうするか考えたが、やはりイタリア人に聞くのが一番と思った。しかし、日本語ができるイタリア人がその辺にうろうろしているわけがない。

■□□■
そこで、立川にある英会話学校へ出向き、一応入校を希望するというようなふりを装って外国人講師に話を聞くチャンスを得た。応対してくれた彼女はイタリア人ではなかったと思うが、それでも相手は私を大事なお客だからと思ったのか、真面目に答えてくれた。彼女:「うーん、クオレよりもどちらかといえばクオーレじゃない?」これでわが社の社名が決まったのである。

タグ

バックボーン – 3/3

□□□□
昨日のNHK(2009年3月8日)で日本人宇宙飛行士の選考のドキュメンタリーをやっていた。最終面接は米国NASAで、現役の宇宙飛行士たちが面接官として待ち構えている。候補者たちのこれまでの体験を聞き出し、その潜在的な能力を見極めていくそうだ。このときの最初の質問が、「君はなぜここにいるんだい?」というものだった。

□□□■
この質問は、企業の採用面接でも、採用側が聞きたいことを象徴する質問である。本人がどのような経験をしどのように考え、その結果として今ここにきているというストーリーを聞きたいのだ。

□□■□
NASAの面接官がこのように語っていた。宇宙空間に出た時、パイロット同士は互いに命を預けることになる。その時に信頼できる相手かどうかを知りたい、宇宙飛行士になり仲間の命を預かるだけの覚悟があるかどうかを見極めるのだと。「あなたは誰なのか」ただそれだけを知りたいのです」と話した現役宇宙飛行士の面接官の言葉は大変印象的だった。

□□■■s
企業の採用でも基本は同じである。いい加減な気持ちで入社して、平気で会社の信用を傷つけるようなことをされると皆が迷惑するし、会社の存続にも関わる問題となる。我々の仕事に対してさほどの熱意もないのに何となく入ってきて、いやいや仕事をし、会社や上司や顧客の悪口ばかり言うような人を仲間にしたくはないのはだれでも同じである。

□■□□
私はこの仕事に命を懸けている。後輩たちにも一人前になってほしいから一生懸命教育する。そのために仕事も任せ、その人間が失敗したら自分も一緒に泥をかぶる。下手をすると責任を取って腹を切らなければならないかもしれない。しかし、自分のために一緒に泥をかぶってくれるような上司の姿を見ることが、本人にとって一番の薬となるのだ。しかし、そのような姿を見ても何とも感じないような人間が社員だったら、こちらの命がいくつあっても足りない。つまり、会社のコンセプトとずれている社員がいると会社および経営者の命取りとなる。

□■□■
先日、労働基準局の企業向けセミナーに行ってきたが、内容のあちこちに違和感を禁じ得なかった。このセミナーは、はるか以前、高校生の時に受けた同和教育を思い起こさせた。全体として、「採用する企業側は応募者の人権を考慮して面接の際の質問の内容にも配慮しろ」という色合いの話だった。なんでも、家族のことに対する質問や、出身地などに関する質問はしてはいけないらしい。理由は、応募者の中には複雑な家庭環境を持っていたり、周りから差別を受けるような地域に住んでいる人もいるからだとか。

□■■□
我々中小企業の経営者の多くは、自分の仕事に誇りを持ち、若い世代に技術を教えて育てていこうという意欲を持っているはずである。さきの宇宙飛行士の面接と同様、我々が命を預け会社を預けることができるかどうかを見極めるのが面接である。家族のことや生まれた地域など、個人のバックボーンに最も密接に関係する話題を避けて、何がわかると言うのか。ふらりとやってきて自分の家族のことも、生まれ故郷のことも語らない幽霊のような人間を社員として雇えるわけがないのである。

□■■■
労働基準局の話を聞いていると、彼ら役人のフォーカスしている会社像というのが垣間見える。おそらく彼らが想定している会社とは、善良で無垢な労働者に、工場で単純労働をやらせて利益を搾取する悪徳な会社というイメージであろう。労働者は常に被害者で、会社は搾取する悪者という構図にとらわれた、左翼的発想が大いに感じられるのである。確かにそういった会社もたくさんあるかもしれないが、世の中そう単純な図式で成り立っているのではない。

■□□□
私が見るに、中小企業の経営者などというのは、特に日本の場合は、限りなくボランティアに近いものがある。会社の借金をひとりで個人保証をしているから、いざとなれば即個人破産である。無理して従業員に手厚くしても簡単に辞めていってしまう。それに反して、こちらの意思で辞めさせることは非常に困難である。採用でも同じ。いくつも内定をもらって得意になっている学生をマスコミは肯定的に取り上げるが、会社側が内定を取り消したりしたらえらいことになる。全く不公平である。

■□□■
大手企業ならば学歴も性格も優秀な学生を採用できるだろうが、中小企業は大企業が見向きもしないような、そうした枠からはみ出た学生たちを採用し、訓練し、教育して、一人前に食えるように育てているのである。労働基準法もそうだが、何もかも大企業を基準に制度が作られているように思えてならない。日本の企業の中で大企業の占める割合はほんの1割足らずで、残りは中小企業なのである。だから、中小企業こそが日本のバックボーンである。

タグ

このページの先頭へ