イメージ画像

何で俺が怒られるの?

□□□□
組織の一員になると、自分は悪くないのに人から怒られることがあります。
今回も前回と似た話です。

□□□■
千日回峰行をしていた師匠のもとには、当時8人の小僧がいました。そこは玉照院という名の寺で、比叡山の中でも南の端にある無動寺谷と呼ばれる寺の集落の中にあります。そこでは千日回峰行を行っている師匠を我々小僧がお手伝いするのです。具体的には、回峰のコースの整備(道直し・枝払い・掃除)、衣装の洗濯・アイロンがけ、食事、信者さんへの接待などですが、一番“行”に密接にかかわっているのは「お供」です。これは回峰行のコースを歩く師匠のお供をするというもので、ただ一緒に歩くだけではなく「腰押し棒」というT字型の木の棒で、登りの坂道や階段を歩く際にこの腰押し棒を師匠の腰に当てて後ろから押して連日歩く師匠の体力の消耗を少しでも抑えるというものです。もちろん、お伴をする小僧は毎日一緒に歩くわけではありません。それでは小僧が千日回峰を踏破することになってしまうし、そんなことは体力的にも無理なのでほとんどは日替わりの当番制でお伴をすることになります。

□□■□
師匠のお供の日は、夕食を済ませるとその日はいったん仮眠します。そして師匠が出峰(解放に出発すること)する時間に合わせて起床して、お勤めの準備や装束の準備をします。しんと静まり返った山寺の中で師匠と一対一で向かい合うので大変緊張します。

□□■■
回峰行では独特の装束を身につけて峰を巡ります。全身真っ白な衣装、前後に伸びた笠、足には草鞋をはき長い杖を手に持ちます。これらの装束の中でも足元の草鞋と足袋が一番消耗します。草鞋は毎日履き替えますし、足袋もすぐに穴だらけになるのでそれを繕うのは我々小僧の仕事です。

□■□□
そういった中でよくあった出来事です。私がお供の日、夕食が終わり「お伴当番」の特権としてその後の作務を免除され床に着くことができます。他の小僧は夕食の片付けやお堂の掃除などの一通りの仕事が終わった後、師匠の装束の整備をします。私と同期の小僧で中尊寺から来ていたKがいました。彼は華奢な私と違ってごつい体をしていたので、力仕事では彼にとてもかないませんでした。しかし、細かい仕事は苦手で特に師匠の足袋の繕いのような裁縫仕事は非常に荒っぽいものでした。彼は夜の11時か12時くらいまでかけて一生懸命に足袋を繕うのですが、出来はかなり不細工だったと思います。その仕事を終えて彼は就寝し、代わりに私が起きてKが繕った足袋を師匠の前に差し出すことになるわけです。常日頃から足袋の繕いにはうるさい師匠でしたから、Kが不器用なりにも一生懸命繕った不細工な足袋を見ると、すごく嫌な予感がしてきます。

□■□■
そして案の定、それを履こうとした師匠の手がぴたりと止まり、「なんやこれは!」といって足袋を突っ返されます。穴のあいた部分は継ぎを当てますが、丁寧に縫わないと継ぎの部分が足にあたり、長距離を歩くうちにとても痛くなるようです。「こんな修理の仕方があるかっ、Nのやったやつと比べてみいっ」と言われます。Nさんというのはとても裁縫や料理が上手でしたが、お伴当番のローテーションにより私のときにはNさんの修理した一発で師匠のチェックをくぐれる足袋ではなく、私が見てもこれはひどいと思うようなKの修理した足袋が回ってくるのでした。

□■■□
それからが大変です。師匠の怒声を背中に受けながら箪笥を開けて、少しでもましな足袋を探すのですが、Nさんが直したようなきれいなものが見つかればまだしも、そういった足袋が見つからないと、代わりの足袋を差し出すたびに師匠に投げ返され、情けないやら腹が立つやらでどうにもならなくなります。腹が立つのは師匠に対してではなく、何故、私が叱られなければならないのかといった理不尽さに腹が立つのです。また、いい加減な仕事をして(決してそうではないにしろ私にはそう感じられた)眠りこけているKに対しても腹が立ちます。逆に私が丁寧に修理した足袋はKの当番のときに使われ、一発OKをもらうのでこれは不公平です。本当なら寝ているKをたたき起して、「もっと真面目にやらんかいっ」と言ってもらいたいのです。しかし、これが世の中です。

□■■■
師匠にしてもその繕いをしたのは私ではないということは分かっていますから、別に私の仕事に対して叱っているのではなく、「小僧たち」というグループに対して叱っているのでしょう。そのときたまたま居合わせているのが私だったから私に向かって言っているだけなのです。つまり、レストランで注文した食事に異物が入っていたときに、客はそこに居合わせたウェートレスに対して文句を言うのが普通です。当然ウェートレスも店の一員なので誠意をもって謝るでしょうが、客に対して「別に私が作ったわけではありません」などと言ったら火に油を注ぐことになります。

■□□□
仕事でのクレーム対応と同じですね。この当時の私がそれを大いに不満に感じたのは、師匠に叱られたことを後で改善するために小僧同士で話し合いができればよかったのですが、いつも叱られっぱなしで終わってしまうことが多かったからだと思います。つまり「叱られ損」です。例えば、ある製造会社で、電話サポート係が客に厳しくクレームをつけられた時、後でそのことを製造部門に報告しても、「客の相手はお前たちの仕事だろ、製品には問題ないよ」などと突っ返されたら、その組織に対するロイヤリティは失われて行き、そのサポート係はいずれ辞めてしまうでしょう。

■□□■
組織としてPlan Do Check Actionのサイクルがきちんと機能し、それによりその組織の目標に向かっているのだという一体感がスタッフ同士で共有できているのであれば、自分はその組織を代表しているのだという態度で、顧客に対して誠意をもって対応することができるでしょう。

タグ

消せるボールペン

最近かどうか知らないが、書いても消すことのできるボールペンがCMで紹介されている。これまでこの商品については何の興味も持っていなかった。ただ、流して視聴していたコマーシャル情報がなんとなく自分の潜在意識に落とし込まれてはいたらしい。

なぜこの商品に興味を持たなかったかというと、ボールペンは一度書いた字を消せないから意味があるのであり、消したいのであればシャーペンを使えばよいではないかと感じていたからであろう。勝手に潜在意識下に流れ落ちてくる情報に対して、同じく潜在意識下でその商品に対する存在意義を否定していたようだ。

ところが先日、部下が作成した資料に赤ペンで添削していて「ハッ」と気づいた。消すことのできるボールペンは、こういった場面で必要なのだと。

これまで20年以上にわたって、時々ではあるが添削という作業をやってきた。活字で印刷された文書に手書きで、なおかつ鮮明な赤色で取り消し線を引いて修正する文言を書き込んだり、このフレーズはこちらに移動しなさいという囲みや矢印を書くことは何となく気持ちがいい。

赤ペン先生という通信教育があった。生徒が書き込んだ上から遠慮なく赤が入れられた答案用紙が広告に載っていたのをおぼえている。学習塾の教師をしていた知り合いは、とにかく日ごろから赤ペンを離さず、修正を入れるのに快感を覚えていたように見受けられた。

私が通っていた大学院では、普段は提出したレポートは帰ってこなかったが、慶応の矢作教授だけは赤ペンで添削して返してくれた。ポイントごとに赤でチェックマーク、誤字の修正、コメントなどが書き込まれていると、このレポートをきちんと見てくれているという雰囲気が伝わり、評価としてSが赤々と書かれていたのはたいへん印象深く感激した。このようにもらう側にとってもうれしいものがある。もっとも、時間をかけて推敲を重ねた文章に絶望的なくらい赤で修正されているとかなりつらいだろうが。

しかしながら、赤ペンで書いた文字は、普通は消せない。これまでもプログラムのリストや仕様書などに赤ペンで添削していくと、結構間違えたりあとから変更が必要になったりする。仕方がないので赤で書き込んだ文字にバッテンで取り消したり、書き込むスペースがなくて余白のあるところまで矢印で線を引っ張ってそこに文章を追加したりする。これがひどくなると自分でもどこまでが修正なのか、修正の修正なのか分からなくなってくる。

このようなとき、消しゴムでさらっと消せる赤ペンはたいへん重宝するものである。これまで消せるボールペンのコマーシャルに反応しなかった自分が不思議である。さっそくデパートの文具売り場でパイロットのe-GELという商品を買った。120円、安い。若干インクの延びが良くないのか筆圧が弱いとかすれ気味になるが、別に問題にはならない。この商品はおそらく私の定番アイテムとなるであろう。

蛇足:

赤ペンで思い出したことがある。

私の比叡山の大師匠である、叡南覚照師の身の回りの世話をさせてもらっていた頃、師の書斎を清掃するのが日課だった。その書斎は様々な物品が所狭しと押し込められており、一瞬クラッとめまいを起こすほどであった。特に本はかなりの量が山積みとなっていた。何気なくそれらの本のうち、開いたまま伏せてあった1冊を手に取ると、赤で傍点だらけにされたページが目に飛び込んできた。ポイントとなるようなセンテンスの1文字1文字に赤点が付されている。それもところどころではなく全体の文章の3割くらいを赤点が占めていた。

師は寺の中にいながらも、政治、経済、世界情勢のことなどを知悉しており、政治家や経営者などがよく相談に訪れていた。CSKの故大川会長もその一人であった。師は明確かつ大胆な意見を言う方であるが、思いつきやその場の雰囲気で話しているわけではなく、その裏付けとして、書物に赤点を一つ一つ打ちながら要旨をつかんでいくという地道な作業があったのだと気づかされたのである。

タグ

休み

業務により休み。

タグ

えっ! 私が悪いの?

□□□□
上司の言いつけに従っただけなのに、なぜか自分が悪者になってしまう、今日はそんな話です。

この話は1976年か77年だったと思います。師匠の内海俊照阿闍梨(我々は“行者さん”と呼んでいました)が行っていた千日回峰行は12年かけて行う荒行で、その千日の間には色々なイベントがあり、先日話題にした9日間断食断水不眠不臥(だんじきだんすいふみんふが)で真言を唱え続ける「堂入り」はその中の一つです。その他にも「京都切り廻り」、「洛中洛外大廻り」、「十万枚護摩供」、「土足参内」、などがあります。今回は「京都切り廻り」の話し。これは、比叡山の山麓を100日単位で歩く普段の回峰行のコースから大きく外れて、1日だけ京都市内を歩くというものです。
この日は大勢の信者さん、講(こう)と呼ばれる支援者の人たちと一緒に、行者さんを中心に総勢数十名から時として100名近くの大集団で1日かけて京都の所定の場所で参拝を行います。

□□□■
京都の人たちは“行者さん”のことをよくご存じで、その姿を見つけると遠くからでも走り寄ってきて“お加持”を受けるために足もとにひざまずきます。すると、行者さんは手にした数珠を両肩と頭に順番に置き、お祈りをして差し上げるのです。これを“お加持”といいます。この「京都切り廻り」では、私たちも手甲脚絆という古のいでたちで装い、初めて見た人にはまるで平安時代からタイムスリップした一団に見えたことでしょう。

□□■□
普段の回峰行では、ほとんど師匠と二人きりで夜中の比叡山を歩くのでひっそりとした中で黙々と歩くだけで、時としてどうしようもなく眠くなり、布団で寝ている夢を見ながら歩いたりしたものですが、「京都切り廻り」は一種のお祭りのようで、準備は大変でしたが結構楽しみなイベントでした。我々が行く先々では市民の皆さんが “お加持”を受けようと寄ってきたり、いくつかある休憩所では “お供養”と呼ばれる接待があり我々もおこぼれに預かるので、ちょっとした有名人気分が味わえました。

□□■■
普段の回峰行は夜中の1時くらいに出発して明け方6時ころに戻るというものでしたが、切り廻りの場合は夜中に出発して1日中歩き回り、自分の寺に戻るのはとっぷり日が暮れてからだったと思います。その日はお祭り気分でお疲れさまという感じで、拠点の寺まで一緒に歩いてくれた信者さんたちも心地よい達成感とともにその寺で就寝しますが、翌日の回峰の出発までは数時間しかありません。われらが師匠である行者さんはちょっと仮眠しただけでまたいつもの行を続けなければなりませんし、我々小僧もそれをお手伝いする日常に戻ります。

□■□□
その時は、切り廻りの翌日の行に私が一人お供することになっておりました。皆1日歩きつづけているわけですからすっかり疲れ切っています。時刻はすでに夜の10時ころでしょうか、出発までは3、4時間しかありません。師匠は少しの時間でも体力を回復させるために仮眠を取ります。そのとき私に向かって「中途半端に寝ると起きられなくなるから、お前は出発まで寝るな、わしが起きてこなかったら起こしに来なあかんぞ」と言い置いて2階にある自室に入って行きました。それに続いて小僧頭のTさんが師匠の部屋に入って行って、しばらく話し声が聞こえていました。私は1階の台所で所在なく起きて待っておりましたが、2、30分したころにTさんが2階から降りてきて、「あとはわしが起きているから、おまえは少しの間でも寝ておけ」と言われました。私はありがたいと思って何の迷いもなく布団にもぐりこみました。

□■□■
すっかり疲れきった体はあっという間に心地よい睡眠へと吸い込まれましたが、ほんの一時、寝たか寝ないかという間に、「何しとるんや、早よ起きんかいっ」という師匠の声と、ほおをたたかれる衝撃で目を覚ましました。外は朝日が昇り始めており、通常の回峰行ではすでに戻ってきている時間でした。私はあわてて飛び起きましたが、しばらくは寝ぼけて何がどうなっているのかよくわかりませんでした。そして台所へ向かうとそこにはグースカと眠り込んでいるTさんがいました。

□■■□
「ありゃりゃ、この人寝ちまったんだ」とようやく事情が呑み込めましたが、責任は重大です。回峰行というのはどんな事情があっても1日たりとも休むことは許されません。失敗したら腰に巻いている死出紐で首を括らなければなりません。師匠が命懸けで行っている行なのに、弟子の不注意でそれを途絶えさせるようなことがあっては、自分も腹を切らなければならないほどの一大事です。私もパニック状態の中で責任回避したい心理が働き、これはどう考えてもTさんの失態だし、そのことを師匠もわかってくれているだろうと思っていたら、「わしが寝たらあかんと言っておいたのに何しとるんや」と師匠の剣幕。その声でTさんも目を覚ましましたが、信じられないことにTさんはそのままそそくさと自分の部屋へ隠れてしまったのです。

□■■■
私としては、確かに寝るなと言いつけられていましたが、そのあとに師匠となにやら相談していたTさんから「おれが代わりに起きているからお前は寝ろ」といわれたのですっかり師匠との相談のうえでの決定かと思いこんでいたのでした。それなのに師匠からは「なぜわしの言いつけを守れんのか」と叱られ、「え?これって俺が悪いの?」とあっけにとられてしまいました。

■□□□
Tさんの名誉のために付け加えると、彼は責任感の強い小僧頭で師匠を始め仲間や信者からも絶対の信頼を得ている人でした。あるとき、何かの不手際があって「これはだれがやったんや」と師匠が私たち小僧一同に向かって問いただした時、すぐに「私です」と名乗り出たのはTさんでした。私は、「Tさんともあろうものがこんなドジを踏むなんてどうしたんだろう」と思っていたら、すかさず「頭を出せっ」という師匠の声、そしてガツンとこぶしで頭を殴る鈍い音が聞こえました。そしておもむろに師匠が言うには、「これはTがやったんやないということはわしにはわかっている、Tはお前たちの代わりにどつかれたんやっ。お前たち、反省せいっ」と私たちを一喝されました。そのときに、ああ、Tさんは言い訳などせずに自分が身代りになってくれたのかとその潔さに感動したものでした。そんなTさんですから、そのときはすっかり寝ぼけていたのかもしれません。

■□□■
あわてて身支度したのですがそれでもすっかり遅い出発となり、師匠と二人きりで歩くのは何とも気まずい気持ちで一杯でした。しばらくすると、案の定、師匠からは、「なぜわしが寝るなと言ったのに寝てしもうたんや」とまた問いただされました。ここは何も隠すこともないので、「Tさんから寝ろと言われたものですから」と答えました。すると、「Tが何を言うたってわしがあかんいうたやろ、おまえはどっちの言うことを聞くんや」と返されます。私も半ば開き直って、「しばらく行者さん(師匠のこと)と話をされた後に寝ろと言われたものですから、すっかり行者さんの指示かと思いこんでしまいました」と、この世界ではタブーの言い訳じみたことを言ってしまいました。しかし、その師匠自身も信頼を置くTさんがそういったのですから、それ以上はさすがに何も言われませんでした。ただ、しばらく「あかんなあ、あかんなあ」と独り言を繰り返しておられました。

■□■□
結局ずいぶん遅くなりましたが無事に通常の回峰行も済ませて戻り、とくにそれ以後何も問題にはならなかったと思います。ただ、周りの仲間が時々思い出しては「こいつは切り廻りの後に寝込んで遅刻しおったんや」とからかわれたように記憶しています。

■□■■
社会人になると、このような体験をした人は多いのではないでしょうか。自分はしかるべき人の指示に従って行動したのに、なぜか自分が過失を問われてしまうことが。こういった思い込みを利用した犯罪もあります。お祝儀泥棒や香典泥棒という詐欺の手口では、あたかも関係者のような振りをして受付に現れ、そこで番をしている人たちを信用させ、「ここは私が番をしているから君たちは焼香してきなさい」などと言って皆を遠ざけてから、集まった金を持ってドロンしてしまいます。このとき、いくらその人が関係者らしく見えたとしても、それを信用した人たちの過失を問われることは間違いありません。

■■□□
香典泥棒のケースのように、「これは自分がやばい立場に立たされるかもしれないな」とリスクを感じたら(リスクとして感じ取る感性がまずは大切ですが)、注意深く行動することが必要でしょう。最悪でもきちんとエビデンスを取っておくことが大切です。物事を口約束だけで済ませてしまうことは大変危険です。その場合でもすぐにメールで口約束の内容を文書化して相手に通知するということも処世術のひとつです。

タグ

このページの先頭へ