行政サービスと民間サービスのギャップ

【2012年5月28日の朝礼でのスピーチより】

納税証明書をとる必要があって税務署へ行かなければならなくなりました。所得税の証明書なので国税局へ取りに行くのですが、今月引っ越したばかりなのでどこへ行けばよいのかいまひとつよくわかりませんでした。

とりあえず、先月まで住んでいた品川区の税務署へ行こうと思いましたが、品川区には税務署が高輪と荏原の2か所にあります。荏原は不便な場所にあるので高輪へ行きました。すると、職員の方が言うには、私が以前住んでいた住所からすると荏原が所轄の税務署ということでした。

昨年戸越に住んでいた時に確定申告の写しをもらうのに荏原税務署へ行ったところ、その前に住んでいたのが大井町だったので、本当は品川税務署が所轄だといわれたことがありました。それでも、「時間がかかりますが取り寄せます」とのことだったのでお願いしたところ、30分くらい待たされたことがありました。

今回も、「取り寄せて」くれるのかと思ったら現住所の所轄である大森税務署へ行ってくれと言われました。仕方なく電車で大森まで戻り、駅から20分以上歩いて大森税務署へ行きました。すると、以前の所轄税務署である荏原から「取り寄せる」ので、1時間くらいかかるとのことでした。「ここは本当人21世紀の日本か?」といいたくなりました。

1時間も税務署で待っているのは嫌なので、職員に書類ができたら電話してもらうように携帯番号を伝えて税務署を出ました。近くのカフェで一休みしようと思ったら、この辺りは不便な場所でカフェなど見当たりません。幸いデニーズの看板が見えたのでそこへ飛び込み、1時間待たなければならないのでドリンクバーを注文。普通、ドリンクバーは自分で取りに行くものですが、ここの店は最初の1杯はちゃんとウェイターが持ってきてくれるという親切なサービスでした。

運ばれてきた紅茶をすすり、品川から高輪税務署、大森から大森税務署と合計1時間近く歩いて汗ばんだ体を何とかクールダウンしようとしたらすぐに携帯が鳴りました。税務署からで、もう書類ができたとのこと。税務署を出てからまだ10分も経っていません。「なんだよ、だったら税務署で待っていればよかった」と思いつつも、早いに越したことはないので残りの紅茶をさっさと飲み干して店のレジへ向かいました。

先ほどファーストドリンクを運んでくれたウェイターが「もうお帰りですか?」と聞いてきました。「ええ、もっといるつもりだったんですが呼ばれちゃったので」。「ドリンクは1杯しか召し上がっていませんよね」とウェイター。何かなと思っていると、「ドリンクバーは320円ですが、単品ドリンクに変えておきますので220円で結構です」と言ってくれた。なんと親切なんだろう。外国ではこんなこと言ってくれるチェーン店はないでしょう。「ありがとう、デニーズ池上通店」と感激しつつ税務署へ戻りました。

この日は、行政サービスと民間サービスの格差というか絶望的な落差にめまいを感じる思いでした。税務署の職員はとても親切で、一生懸命仕事をしているのはわかるのですが、何にしても運用のシステムがダメすぎる。これはハローワークでも感じることです。こんな非効率的で前時代的なことをいつまでもやっていて余計なコストばかりかかっているのですから、税金もなくなるわけです。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 行政サービスと民間サービスのギャップ
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)