イメージ画像

相馬市長からの礼状

【2011年4月25日の朝礼でのスピーチより】

□□□□
先日、東北大震災で大きな被害を受けた相馬市から封書が届きました。

□□□■
相馬市には特に知り合いもいないし、何だろうと思って開けてみると、相馬市長からのお礼の手紙が入っていました。どうやら先日会社から送った義援金に対してのお礼のようです。この非常時に何と義理堅いことかと思いました。しかもハガキではなくわざわざ封書で、義援金を贈ってからわずか2週間ほどで届いた礼状。文面の最後には本物かどうかわかりませんが市長の署名もあります。

□□■□
大した金額を送ったわけでもないのにわざわざ市長から礼状が届く、東北人の義理堅さを感じました。

□□■■
日本赤十字に送ったのになぜ相馬市から礼状が届いたのかは不思議ですが、しばらく社内の目立つ所に掲示しておきます。

タグ

このページの先頭へ