イメージ画像

善光寺と広拯院

【2011年2月14日の朝礼でのスピーチより】

□□□□
9日から2泊3日で長野の善光寺へ行ってきました。
長年参加している文化交流事業でサイパンからの子供たちが来日しており、善光寺の隣にある城山小学校にお世話になっているので、そのお手伝いをしてきました。

□□□■
久しぶりに長野新幹線に乗りましたが、平日の夜ということでどうせ空いているだろうと高をくくっていると、発車20分前なのにホームはすでに長蛇の列。反対側の上越新幹線も長野行以上に混んでいます。発車直前まで待合室で待っていようと思っていたのを考え直して列に並び、どうにか娘と二人分の席は確保しましたが、デッキには立ったままの乗客がかなりいる状態でした。そうした客はスーツを着た会社員風の男性がほとんどで、見ていると高崎や軽井沢で結構降りて行くので、通勤で新幹線を利用する人がかなり多いということがわかりました。

□□■□
長野からはタクシーで宿泊先の福生院さんへ。このお寺は宿坊といって参拝客などを宿泊させる設備が整っており、善光寺に連なる院や坊の中でも最も山門に近い場所にあります。ここの住職、村上光田大僧正は私の師匠の師匠のお弟子さんなので、坊さんの世界でいうと大おじさんに当たります。

□□■■
ちょうどこの時期、善光寺では長野灯明まつりというイベントが開催されていました。現地に行くまではこの祭りのことは全く知らなかったのですが、とても盛大に開催され、多くの参拝客でにぎわっていて驚きました。以前に来たのはもう10年以上も前なので、だいぶ印象が違いました。このイベントは今年で8回目だそうですが、長野オリンピックから何年も経ち、関連予算も少なくなってきており運営はなかなか厳しいようです。そういえば、善光寺から歩いて10分ほどの長野電鉄権堂駅前あたりを歩きましたが、10年前に比べて随分と寂れているような感じがありました。

 

zenkouji

灯明まつりの善光寺夜景

 

□■□□
10日は子供たちを引率してきたサイパン市長と一緒に城山小学校を訪ね、クラスで生徒たちと一緒に過ごしているサイパンの子供たちの様子を見て回り、教頭先生と会談したり、新聞社の取材を受けたりなどしました。

□■□■
翌11日は車で下伊那郡阿智村というところにある「信濃比叡 広拯院」へ出かけ、「火渡護摩供」に参加し、サイパン市長には鏡割りをやっていただきました。鏡割りの意味を英語で伝えるのはなかなか難しく、ちゃんと伝わったかどうか怪しかったのですが、楽しんでもらえたようです。とはいえ、現地は大雪でスキー場のようになっており、坂道ではつるつる滑って転ぶ人が続出。この厳しい寒さには、1年中30度以上の気候のサイパンから来た市長も随分と辛かったとは思いますが、終始にこやかに護摩供養や火渡りの儀式をご覧になっていらっしゃいました。

□■■□
ただ、同じ長野県でも長野市内から下伊那までは、中央道が雪でチェーン規制がひかれたせいもあり3時間以上もかかってしまい、同県の広さを実感しました。

□■■■
「火渡護摩供」は柴燈護摩(さいとうごま)という野外で行う護摩供養で、どんどやきのようなものです。実際に護摩木と一緒に古いお札なども一緒に燃やします。執り行うのは福生院の村上大僧正と山伏姿の僧侶らで、この日は雪が降り続く中での幻想的なものとなりました。ただ、終了後に餅を配られて護摩の残り火で焼いて食べるというのはちょっと驚きでした。私が比叡山にいたときに護摩というのはとても神聖なもので、灰といえども粗末には扱えませんでしたから、とても気がひけました。

 

koujouin-1

雪の中を歩く行者達

koujouin-2

柴燈護摩

 

■□□□
今は東京から長野まで新幹線で2時間足らず、便によっては85分で行けてしまうのでとても便利です。善光寺も大勢の参拝客、観光客で賑わっていました。地方の衰退が叫ばれる中、地方の活力を見せてもらって喜ばしいことですが、権堂駅あたりの寂れ方が気になります。日光輪王寺内で住職をしている知人が以前に言っていたことを思い出します。日光も、東北新幹線ができるなど交通が便利になり確かに参拝客は増えるけれども、日帰りでも来られるので宿泊してくれない。つまり地元の旅館などにとってはかなり深刻だということでした。

■□□■
高速な交通機関ができて人々が簡単にあちこち旅ができるようになりました。また、インターネットなどの情報技術が発達して世界中の人と瞬時にコミュニケーションがとれる時代となりました。昭和30年代生まれの私にとっては、少年時代は夢だったことがどんどん実現しております。移動も通信も簡単にできるようになればバラ色の未来になると私などは単純に思っておりましたが、どうもそうでもない面も見えてきるこの頃です。

タグ

伊崎寺

【2010年12月27日の朝礼でのスピーチより】

□□□□
12月23日に琵琶湖の東にある伊崎時というお寺にお参りに行ってきました。ここ数年、年末にここをお参りするのが習慣となっております。ここには、一緒に小僧時代を過ごした上原行照師が住職をしておられます。
□□□■
ここはもともと伊崎島という名前の通り島でしたが、昭和の干拓事業により現在は地続きとなっています。伊崎寺は、このとても小さな島の中にある唯一の建築物ですから、島を一人占めというぜいたく感があります。
航空写真を見るとわかりやすいですね。

大きな地図で見る
□□■□
車で行けるのは、島から1Kmほどはなれば場所なので、そこからは細い参道を歩いていかなければなりませんが、この参道を歩いていると駐車場では琵琶湖の湖水と同じ高さにいたのに、いつの間にか湖を見降ろす高い位置に自分がいることに気付き、とても風情があります。
□□■■
琵琶湖に浮かぶ島ですから、昔の人々は船でお参りしていたそうです。このあたりは近江八幡の水郷地帯で、人々は交通手段として普通に船を利用していたので、島で生活したりそこにお寺があることも別段特別なことではなかったのでしょう。
□■□□
お寺の下には小さな専用船着き場があります。昔はこちらが唯一の入り口だったので正面になり、立派な山門と石段があります。行照師に聞くと、今でもプロパンガスなど資材は船でこの船着き場に届くそうです。

 

isakiji-1

琵琶湖を背景に

isakiji-2

琵琶湖側から見上げる山門

isakiji-3

今年修復された庫裏

isakiji-4

上原行照師と


□■□■
安土城や近江八幡を訪れた人は、ぜひ一度この伊崎時を訪ねてみてはいかがでしょうか。上原行照師に私のブログを見たと言えば、歓迎してくれるでしょう。(たぶん)

タグ

お布施の金額

【2011年1月17日の朝礼でのスピーチより】

□□□□
ちょっと前に、ある流通大手企業がお布施の相場価格を公示、体系化しようとして話題になったことがあります。これは利用者からすると安心できる話かもしれません。これまでお布施や祈祷料などは、お寺側から「お気持ちで結構です」といわれることが多く、そのお気持ちの値段あるいは、相場というものが不明瞭で、利用者からするといくら払えばよいのか、それが妥当な価格なのか(ぼったくられたのか)がわかりにくいという不満があったからでしょう。

□□□■
お布施の金額を、そのような不便であいまいな状態にしてきたお寺側に責任があるのでしょうか。よく、「坊主丸儲け」などと言いますが、果たしてそうなのでしょうか。

□□■□
巷間、有名人の葬式が著名な大寺院で行われ、戒名料が1,000万円だったなどと騒がれたりしますが、このような話は特殊な例です。有名人であれば世間に話題を振りまくことで生活が成り立っているようなものですから、有名税のようなものです。いくら大寺院で葬式をやるとしても、一般の人がそのような高額なお布施を心配することはないと思います。

□□■■
かなり前に、比叡山で私の属する一門の仲間が師匠の誕生日を祝う会かなにかで集まったことがありました。夜になると、同じ釜の飯を食った気心の知れたもの同士で、よもやま話に花が咲きました。その時に、上野の寛永寺からきたY氏が、「この間、有名芸能人の○○さんの葬儀に呼ばれたけれど、一人あたり○○万円もらったよ」と興味深いことを言いました。すると、千葉の田舎にある寺の跡取りのTさんが、「ええっ、そんなにもらえんの?」と驚いて叫びました。そして、「俺なんかゲンチャリ飛ばして1時間もかけて出かけて行ってこれしかもらえなかったよ」と指で1か2の数字を示し、げんなりした顔でため息をつきました。

□■□□
このように、同じお寺でも格差はありますし、当然ながら檀家さんの生活レベルによって額も変わってきます。しかし、持てる人はたくさん、持てない人は気持ちだけというのが基本です。つまり相対的な(あるいは身分相応な)金額がお布施の額となります。

□■□■
確かにあいまいかもしれませんが、何でもかんでもこれはいくらといえるほど世の中は単純ではありません。一口にお布施といっても、日頃どの程度お世話になっているのか、法要のために僧侶に足を運んでもらうのか、こちらから寺に行くのかなどによっても額は変わってくるでしょう。そうした時に大切なのは、相手の立場になって考えるということです。

□■■□
なんでも透明性をというのは、日頃の人間関係にはあまりなじみません。江戸時代に使われていた時間、子の刻とか言うやつですが、これは西洋の時間のように絶対的なものではなく、季節によって変わるもので、日が暮れたら何時、日が昇るのは何時という具合に人間の体感を中心にしたものでした。日本の音楽、雅楽もその日の天気や湿度などにより、基準の音を微妙に変えたそうです。西洋ではA(ラの音)といえば440Hzという絶対的なものに対して、日本では人間の感じ方に合わせた相対的なものだったのでしょう。

□■■■
大体、人に何かをしてもらった時、それがどの程度の価値なのかを感じる能力(感性)をなくしてはいけません。だれかに家の修理を頼んでそれが1日仕事だったとして、お礼に1,000円を渡せばよいと思う人はまずいないでしょう。大工さんの日当は2万から3万が相場です、そこに車両を持ち込んだり材料を使ったりしたら、その分も経費としてかかります。

■□□□
医師の資格を有する人や弁護士に何か頼んだらどうでしょう。彼らが月収100万円くらいと推察するのは常識の範囲だと思います。100万円というと一般のサラリーマンからすると高額ですが、彼らはそのために多額の投資をしてきています。月収100万ならば、日当は5万円、時給は7千円程度と推測できます。医師や弁護士に1時間相談したら、1万円というのは妥当な金額なのではないでしょうか。

■□□■
お寺の場合は、営利企業とは性格が違います。自分の親が世話になった分をその子がお返しするとか、非常に長い時間軸で付き合いをとらえますし、昔は寺が地域の共同体としての機能を持っていたので、寺に支払うお金が回りまわって結局自分自身が受益者として受け取ることもあるわけです。

■□■□
寺には維持費が結構かかります。本堂の修理や風水害に対する備えなど、一般の家屋とはけた違いに経費がかかるはずです。そうした事を考えると、お坊さんに葬儀に来てもらったら、日当相当の金額にかけることの人数分は払うのが筋でしょう。また、葬儀の場に来て読経をする以外にも、参列者に法話をすることもありますが、何をどのように話すかを推敲したりするのにもコストがかかっています。決してその場の思いつきで雑談をしているわけではないのです。寺にあっては卒塔婆に筆で文字を書き入れたり、事務処理なども必要になってきます。

■□■■
そう考えると、葬儀などでお坊さんを長時間拘束する場合は一人につき10万円、通夜も通してなら20万円というのは、決して高くはないでしょう。しかし、それ以前に自分たちがたまたま不幸な境遇にあり、十分な対価を払えないとしても、医者や弁護士のようにそのことで診療や相談を受け付けないということはないでしょう。そこがお寺のありがたさです。「いつかその時期が来たら、その気持ちがあればお返ししてくれればよいですよ」というのがお寺です。お布施の体系化は、そのような相手の立場と自分の立場を踏まえてものを考える習慣を奪うような気がします。

■■□□
私が毎年お手伝いしているサイパンの慰霊法要には、中学生高校生を無料で現地に連れていき、1週間の滞在費から旅費までと、それまでに準備会として行う研修費用もすべてを主催者のお寺で負担します。基本的に無償でお連れするわけですが、お気持ちがあればということでお布施を受け付けておりますが、それに対して怒ってくる親がいるので困ったものです。

■■□■
「タダだというから子供を参加させたのに、お布施を頂戴しますとはどういうことだ」というのが言い分です。例えば、あなたのお子さんの同級生のご家族が、ディズニーランドへ行くからあなたのお子さんも一緒に連れて行ってあげましょうと言われたら、あなたは「こりゃタダで1日子供を面倒見てもらってラッキー」などと考えるでしょうか。当然ながら、往復の交通費、ディズニーランドのパスポートチケットの費用、小うるさい自分の子供の面倒を見てもらう相応のお礼分など、1万円から2万円相当のお返しはするのが常識でしょう。

■■■□
相手のしてくれたことに対して、どの程度のお礼をするかに頭を悩ませるのは、人間として社会生活をするうえで必要なことなのではないでしょうか。

タグ

このページの先頭へ