イメージ画像

エンジン停止 2/2

【2011年12月12日の朝礼でのスピーチより】

IT企業がサーバ設備を持つことにおいては、クラウドサービスにより所有するコストがなくなりつつあります。極端な話、あるサービスをクラウドで提供していても利用者が0ならばコストは0です。

 

しかしそのサービスが爆発的にヒットして100万ユーザを獲得したとします。従来ならより容量の大きなサーバ設備に乗り換えなければいけないところをそのまま何もしなくても100万ユーザを取りこぼすことなく受け入れることができるのです。もちろん、その分増えた利用料金を支払うことにはなりますが、売り上げも増大しているので原資の心配はいりません。

 

アメリカでビジネスを始めてうまくいった企業は似たようなシチュエーションで成長してきた例が多くあります。最初はHPやAppleのように裏庭やガレージでビジネスを始めます。コストはほとんど0円です。そしてある程度顧客が付いてくると近くの牧場や草原をただ同然で借りて平屋の事務所を作ります。

 

そのような地域には駅などありませんが、向こうはもともと車社会なので従業員は皆車で通ってきます。日本なら駐車場代が気になりますが、あちらはただ同然の土地なのでコストはかかりません。

 

そうしてある程度事業規模が大きくなると、その平屋建てのオフィスを横方向に拡大していきます。日本のように土地が少ないとビルを建て替えるとか借り換えするしかありませんが、向こうの場合は、これまで利用していた事務所の隣、元々砂漠や牧場だったような土地を買い増しして、これまでの事務所につなげて横方向に建物を継ぎ足していけば良いのです。

 

わざわざ多額の費用と数年という長い工期をかけて高層ビルなどを作らなくとも、平屋かせいぜい2階建てのすぐに建てられてコストの安い建築物を増築していけば事は足りるのです。このことが、日本に比べて米国企業の成長スピードが速い一因となっているはずです。

 

日本には残念なことにそのような物理的な土地がありません。オフィスは大手町、銀座、渋谷、池袋といったアクセスの良い駅から歩いて10分程度のところが好まれます。北海道や九州で起業して世界企業になった会社がどれほどあるでしょうか。

 

しかし、インターネットサービスのようなバーチャルの世界では、こうした物理的な土地の制約から解放されることになります。最初は月500円のサーバ利用料で始めて、それがあっという間に月10億円の売り上げをあげるサービスにシームレスに拡大していくことも可能となりつつあるのです。

 

製造業の例でいうと、受注の多いときは工作機械を5台借りて、受注が減れば1台に減らすということと同じですが、実際はそんなに簡単にはいきません。特殊な工作機械がいつでも欲しいときに配達してもらえるなどということはありませんし、何10トンもある機械を運ぶための運賃も膨大で、校正など据え付けにかかる費用を考えると現実的ではありません。

 

そう考えるとバーチャルの世界は可能性があります。特に日本のように限られた国土で暮らし、様々な法規制など(武器製造もできないとか)制約が大きい国にとっては、グローバルな競争力を保つにはこの分野しかないのかも知れないと感じるこの頃です。

タグ

エンジン停止 1/2

【2011年12月5日の朝礼でのスピーチより】

最近、信号待ちしている車やバイクがエンジンを切っている様子をよく目にします。

 

1980年代初頭、私が乗っていた車は中古の国産GTだったり中古の英国製Light Weight車だったりしたので、トラブルだらけでした。突然シフトレバー(すでに死語?)が効かなくなったり、エンジンがストールしたりしました。

 

電気系統も相当イカれてきているので、いざ車に乗ろうと思うとバッテリーが上がっているということもしょっちゅうでした。ですから、いつも車を降りるときはボンネットを開けてバッテリーの接続を外しておくのが日課になっていました。

 

そうした怪しい車に乗っていると、エンジンを切るということにものすごくリスクを感じます。毎回車を始動させるときは祈るような気持ちでエンジンをかけていました。10回に1回くらいは本当にエンジンがかからないからです。

 

寒い日にエンジンがかぶってしまったときは、わざわざプラグを外し、しばらく放置して乾かしてから再びエンジンをかけるなんていうこともありました。一度エンジンを切ると2度と掛からないのではないかという恐怖心があるので、たかが信号待ちくらいでエンジンを切るという恐ろしい行為はとてもできませんでした。

 

話は変わりますが、経営において設備の稼働率を一定に保つというのは基本セオリーです。例えばある町工場で5千万円の工作機械を年利5%の5年ローンで購入したとすると、ローンの返済は毎月100万円近くになります。

 

それがある月はフル稼働して200万円の利益を出すけれども、年間のうち6か月はせいぜい10%しか稼働しなくて20万円の利益しか出ないとすると、その月は80万円の赤字となります。

 

このようなケースでは、ある月だけ見ると大いに儲かっているように見えますが、平準化してみると大して儲かっていなかったり赤字だったりします。設備の稼働率を毎月90%以上に持っていくのが効率の良い経営となります。

 

これは車のエンジンと同じで、ある時はレッドゾーン、ある時は完全に切ってしまうなどという極端な使い方は燃料の無駄となって跳ね返ってきます。

 

これは製造業だけではなくIT業界でも同じです。あるASPサービスを提供するのにサーバの運営費用が毎月50万円かかるとして、それでも繁忙期、例えばそのサービスが旅行関係だとすると年末年始、夏休み、5月の連休などは利用がピークを超えてサーバにアクセスできない状況になり、それ以外の月では最大容量のせいぜい1割しか利用されないなどということがあります。

 

しかし、データセンターの利用料はピーク超えでアクセス不可能となろうと、利用が少なく容量の1割も使っていなかろうと、毎月数十万円のサーバ運営費用を支払わなくてはなりません。

 

このような、設備の稼働率を常に一定に保つのが正しいという考えは、かつては普遍性のある話で、大学でこうしたことを学べばどこの現場へ行ってもある程度は理屈として通用したことでしょう。

 

しかし、クラウドサービスが出てくると話は違ってきます。設備の利用料金は、利用が多いときは多いなりに、少ないときは少ないなりに従量制で支払うことになるので経営を圧迫する要因が減ることになります。これは大きな意味があります。

 

たとえるなら水道やガスと同じです。これから事業を始めるという人は、まずは事務所を借り電話を引きます。そして水道やガスを引いて設備を導入します。しかし、水道やガスを引くのをためらう事業主はいないでしょう。

 

それらは月々ほんの数百円か千円程度の基本料を払えばあとは使った分だけ課金されるので、節約したければ水道ガスを使わなければよいのですから、導入時に悩むことはありません。

 

しかし、5千万円の工作機械を導入して毎月100万円のローン返済が必要になるとしたら経営者は大いに悩むことでしょう。それだけの発注量が見込めればよいですが、仕事が全くなかったとしても毎月の返済額は変わらないからです。

タグ

新商品 3/3

【2011年7月4日の朝礼でのスピーチより】

【スマートフォン】

□□□□

私が2週間前からようやく使い始めたスマートフォン、たしかに素晴らしい機能と性能を持っていますが、これもかなり以前から似たようなものはありました。一番近いのはいわゆる電子手帳、PDA(Personal Data Assistance)というものがありました。SonyのClie(クリエ)、カシオのカシオペア、東芝のGenioなどといった製品がありました。あのAppleもNewtonという製品を出しましたが、商業的にはうまくいきませんでした。

□□□■

PDAのユーザは結構多くいたように思いますが、潮が引くように各社が撤退してしまい市場としてのポジションは携帯電話にとってかわられました。当時うちの会社でもPDA関連の仕事を多少やっていましたが、「このような情報端末に電話機能が付いたらいいのにな」と思っていたのは私だけではないはずです。

□□■□

他にもまだあります。

リニアモーターカーはようやく建設計画が現実のものとなりましたが、最初にリニアモーターカーが登場したのはいつだか知っていますか? 私が小学校3年の時、つまり1970年です、心ときめかせて見に行った大阪万博でその姿は一般に公開されていたのです。科学が万能と信じていた当時の私は、今すぐにでもリニアモーターカーが実用化されると信じていましたが、実用化のめどがつくまでその後40年もかかるとは想像できませんでした。

□□■■

クラウド技術は花盛りですが、10年ほど前まではこれからはASPの時代で、アプリは買うものではなく借りるものだなどとパラダイムシフトを謳っていました。今どきはASPをただ単にクラウドというトレンディーな言葉で言い換えているだけのサービスも多いように思います。しかし、ASPでもクラウドでも本当の実用まではまだ道半ばです。

□■□□

今回の原発問題で太陽光発電が脚光を浴びています。しかしその太陽電池は40年前から存在していました。私が小学生の時に親に買ってもらった電子回路キットのマイキット80には、3本足のトランジスタやコイルと一緒に太陽電池がくっついていました。

□■□■

私が中学1年生のころ、同級生の家に遊びに行ったある日のこと。エンジニアである彼の父親が、これからはテレビのブラウン管の代わりにLEDや液晶が使われるようになると話してくれました。当時はまだ白黒の液晶が電卓に使われ始めたばかりのころでしたから、私たちは半信半疑でそれを聞いたものです。当時は手のひらに載るテレビとか、壁掛けテレビというのはドラえもんに出てくる未来社会にしか存在しませんでした。

□■■□

EL(エレクトロルミネッセンス)というのはLEDよりも先進的な技術と思っている人が多いと思いますが、私が初めてELという言葉を知ったのは小学6年のころに読んだ科学雑誌で、そこでは未来の光として紹介されていました。

□■■■

このように、世の中でヒットした商品はある日突然現れたわけではなく、ずっと以前からその片鱗をうかがわせているものです。したがって、次の時代にどのようなものが現れてくるのか、それは今ある技術を検証していくとあるていど予測することも可能であり、それは「技術予測」という学問となっています。(私は大学院で学長の相磯秀雄先生から「技術予測」という講義を受講していました)

■□□□

このように、技術というものを長期的な視点でとらえると、小さな発見や技術革新が数十年後に大きく花開くことがあるのだとわかりますし、そのためには日々の研究開発がいかに大切かということがわかると思います。研究開発から実用化への道のりは林業のようなもので、種を植えてもそれが大木に育つのはその中のごくわずかであり、しかもそれを収穫することができるのは、種を植えた人たちの次の世代(あるいはさらにその次の世代)の人たちなのです。

■□□■

日本はたくさんの基礎研究を重ねて多くの種を育ててきましたが、ようやくそれが収穫の時をむかえた、つまりビジネスになるときに、あまりにもあっさりとよその人間(外国企業に)に美味しいところをさらっていかれているのではないかと歯がゆい思いをいたします。ベニスの商人並みにもっとえげつなく商売してもよいのではと思います。特にその種(たね)を自分自身が育てたものであればなおさらです。

タグ

新商品 2/3

【2011年6月20日の朝礼でのスピーチより】

□□□□

ところで、このような新しいデバイスやネットワークサービスは本当にここ最近になって急に表れてきたものなのでしょうか。「新しいサービス(デバイス)だから皆が使い始めたのではないか」と思う人もいるかもしれませんが、実はこうしたものはすでにかなり以前から世の中に存在していたのです。いくつか事例を挙げていきましょう。

【MP3プレーヤー】

□□□■

今や大人も子供も愛用しているMP3プレーヤー、私の娘も7歳の時にiPod Shuffleを買い与えました。現状ではAppleのiPod系かSONYのNet Walkmanに2分されている感がありますが、やはりこれだけ世の中に広まったのは何と言ってもiPodのセンセーショナルなデビューがあったからでしょう。カセットテープのウォークマンが世の中に出た時も、それによって音楽を外で歩きながら聞くというそれまでになかったライフスタイルを提案し、それが受け入れられて音楽業界でのイノベーションとなりました。

□□■□

Appleは、音楽や動画をネットからダウンロードして視聴するというさらに進んだイノベーションを打ち立てましたが、MP3プレーヤーそのものは別段目新しいものではありませんでした。私はiPodがデビューする何年も前からMP3プレーヤーで英会話を聞いていたりしました。フラッシュメモリに音をコピーしてメカニカルな再生機構を一切持たない超小型のデバイスで音声コンテンツを聴けるというのは、かつてカセットテープで音楽を聴いていた世代の私にはとても革新的でした。しかしその当時は一定のユーザには受け入れられていましたが、一般にはそれほど普及してはいなかったように思います。こんな便利なものがどうしてもっと流行らないのかと思っていたものでした。

□□■■

そうこうしているうちにご存じのとおりiPodが登場して一気に市場を開拓していきましたが、技術的にはこれといった目新しいものはありませんでした。特にウォークマンを生んだ国である日本人から見ると、製造はどこかのOEMで音質は大したことなく、そっけないほどシンプルなデザインには「こんなものがオーディオ機器かい?」とさげすみの目で見る人も多かったと思います。しかし、iTunesというネットを活用したスタイルで一気にブレークしました。売れる商品というのは技術や品質だけではないということがよくわかる事例です。

【電子書籍】

□■□□

iPhone/iPad、Android端末などの普及に伴って電子書籍ががぜん注目されてきました。すでに多くの書籍が電子化されてダウンロード購入できるようになっています。それと歩調を合わせるかのようにクラウド環境が整い、これまでは購入したコンテンツを自分のPCに置いていたユーザが、いつでもどこからでもアクセスできてバックアップの必要もないクラウドの仮想本棚をほとんど無料で利用できるようになってきつつあります。どこかの出版社が電子書籍元年というのもよくわかります。

□■□■

ところで、電子書籍は、iPadやAndroidがあって初めて閲覧可能となったのでしょうか。いいえ、実はこれもすでにかなり以前から世の中には存在していました。うちの会社で初めてMacを買ったのは1993年ころですからもう18年も前になります。大枚120万円出して買ったQuadraには、おまけで見慣れないフロッピーディスクが付いていました。Voyager(ボイジャー)社のエキスパンドブックという、今でいう電子書籍です。これは商業的にはヒットしませんでしたが、すでに20年近く前からそうした製品が世に出ていたのです。

□■■□

その後も、おそらく何度も電子書籍というチャレンジはあったと思います。一番盛り上がったのはInternetが普及していったころ、ネットで見られる新聞や雑誌というコンセプトだと思いますが、これはPCがなければ見られないということでそれほど成功はしませんでした。しかし近年になり半導体チップや液晶パネルといったハードウェアや高速無線通信技術が追い付いてきて、ようやく本格的に電子書籍が普及してきそうです。

タグ

このページの先頭へ