イメージ画像

プロの固定観念

【2011年11月28日の朝礼でのスピーチより】

 

もう10年以上前に、Webカメラによる監視システムを開発してセルフガソリンスタンドに販売するというビジネスをやりました。

 

その時期、監視システムとは全く違ったコンセプトの新しい商品を思いつきました。そのアイディアは、飲食店などの内部にWebカメラを設置して、その様子を外部に液晶ディスプレイを置いてみせるという物です。

 

店が地下や2階にあるような場合、初めてのお客さんからするとどんな雰囲気の店なのか、どのくらいの客が入っているのかなどがわからないのでちょっと躊躇します。たとえば女性が一人で安心してランチを食べられるような店かどうかを、外部にあるモニタで確認できるようになれば、ただの看板を置くよりも集客できるのではないかと思ったのです。

 

ついでに、店名やメニューなどを交互に表示してやれば簡単に内容を変更できる看板になります。つまり、今でいうデジタルサイネージです。

 

このアイディアについてプロに聞いてみようと思い、知人の紹介でディスプレイ、看板を取り扱っている会社の社長と話をする機会を設けてもらいました。きっとこのアイディアを面白がってくれると思ってその社長に話をしましたが、意に反して反応は良くありませんでした。

 

つまりは「液晶ディスプレイなんかを屋外におくのは非常識」ということでした。雨に当たったらどうする、風や酔っぱらいに倒されたらどうする、値段が折り合わない、など理由は様々でしたが、今思うとそれらは本質的な問題ではなかったように思います。

 

ようは、プロの看板屋つまりは既存の「カンバン」というものしか取り扱ってこなかった人にとっては、これからも「カンバン」で食っていくので、IT機器を持ち込もうなどとはハナから考えられなかったのだと思います。

 

例えばウォッシュレットがなぜ西欧で開発されなかったのかというと、あちらではトイレはあくまでトイレであり、電気設備をそこに置くなどということは思いも寄らなかったということだそうです。それに対して日本ではいわゆる洋式トイレの歴史は未だ浅く、トイレはこうあるべきという固定観念がなかったことによると思います。

 

私が初めて洋式トイレに出会ったのは小学校6年の時、小樽の叔母のところに滞在していたときに近所のホテルへ遊びに行きました。そこには築地にすんでいるいとこ達親戚が宿泊していたので、皆と一緒に映画館で「007死ぬのは奴らだ」を見に行った帰りのことでした。

 

ホテルの部屋で遊んでいた時にもよおして「ちょっとトイレ」というと、トイレは中にあるからそこを使いなさいといわれたのがその洋式トイレ。私は洋式トイレのみならずユニットバスも初めて見たので、戸惑いながらも壁面に貼られた図解入の説明書を一生懸命読みました。一番抵抗があったのはやはり座ってするということです。トイレはしゃがんで踏ん張る物と思っていた私にとって、おしゃれにイスに腰掛けながら大をするというのは、ベッドに寝たまま用を足すかのような違和感があったのを憶えています。

 

しかし、今の子供達、うちの小学生の娘達もそうですが、和式を利用したことがほとんど無いので、逆に和式だと踏ん張れないそうです。驚くばかりですが、下の娘は和式では絶対に用を足しません。

 

とにかく、その道のプロフェッショナルというのは、逆に言うとその道しか知らず近視眼になっているともいえます。私もITのプロフェッショナルのつもりですが、世の中にインパクトを与えるようなITサービス(ヒット商品)を世に出せるかというと、ちょっと自信がありません。

 

世の中でヒットしたITサービスの多くは、素人が「こんなことができたらいいのに」という思いつきから始まっている気がします。エンジニアというのは、自分がそれを作れるかどうかというところから発想してしまうので、自分が「そんな厄介なものを作れといわれたらどうしよう」と思ってしまい、自然とそのような発想をしなくなります。

 

だから、時々は温泉にでも浸かりながら、頭をリセットしてこんなことができたらいいのにと思いを巡らせることも必要な気がします。自分がドラえもんの作者である藤子不二雄だったらどんな話を作るだろうか、というような人を楽しませる、助ける、喜ばせるという観点に立ち返りたい物です。

タグ

第8回折り紙ヒコーキ大会

【2011年11月21日の朝礼でのスピーチより】

□□□□

今日(20日)は私が理事となっているNPO、「大田ビジネス創造協議会:OBK」主催の「第8回折り紙ヒコーキ大会」のお手伝いに行ってきました。

□□□■

今回は天気にも恵まれ、小学生の子供を持つ70組以上の家族にご参加いただきました。今年の開催場所は大森学園高等学校であり、若干場所がわかりにくくて心配しましたが、開場の1時以前からお集まりいただき、定刻にはほとんどの参加者が集まり父兄の皆様方の熱心さがうかがわれました。

□□■□

大会の前半は飛行機に関する講義で、東大航空宇宙工学専攻の土屋准教授と、元自衛隊の戦闘機パイロットの磯様よりお話をしていただきました。小学生にわかるように飛行機の仕組みを説明した土屋教授の話で、飛行機のバランスを取る仕組みがやじろべえと同じ原理であるとか、翼の風洞実験をわかりやすく再現するために、水道から流れる水にスプーンの背をふれさせると吸いつけられるという実験映像などは大人の私でも、聞いていてなるほどそうだったのかと勉強になる内容でした。

□□■■

このイベントは小学生の子供と一緒に親も勉強したり遊んだりできるうえに無料なので、毎年多くのご家族にご参加いただいています。公共の場所(今年は大森学園さん)をお借りし、運営も同行の学生さんに手伝ってもらっているので、大会にはさほど費用をかけずに親子で半日楽しめるというイベントが実現できています。

□■□□

ところで毎年感心するのは、大森学園高等学校の学生さんの礼儀正しさです。初めてこの学校に伺ったのは10年くらい前になります。当時は大森工業高等学校という名称だったので、何となく一般的な工業高校をイメージしていたのですが、学内で我々のような校外の大人とすれ違うと必ず挨拶をしてくれるその態度にびっくりしたのを憶えています。

□■□■

特に今回のようなイベントに(休日にもかかわらず)ボランティアで参加してくれる学生さんはとても真面目で、ちょっと何かを訪ねても頼んでもきちんと対応してくれます。校長先生はじめ先生方が教育熱心な私立の高校ということで、教育が行き届いているのでしょう。地元大田区にこのようなユニークな学校があるということを、もう少し皆様に知ってもらいたいところです。

タグ

休み

今週は所用によりお休みです。

タグ

「忘れてました」といって下さい

【2011年11月7日の朝礼でのスピーチより】

□□□□

週が明けて、A部長がBさんに

「先週頼んでおいた○○、できている?」

「あ、まだやっていません」

□□□■

ここで、Bさんがすかさず「××の仕事が急ぎだったので、終わり次第対応します」と答えてくれればいいのですが、「まだやっていません」と返事した後そのまま沈黙が流れ、どうしたのかなとBさんを見ると、何やら仕事をしている様子。A部長の質問に対する回答えは「まだやっていません」で終わりのようでした。

□□■□

ここで、「まだやっていません」という返事は間違ってはいませんが、A部長は納得しません。この仕事は大して手間のかかるものではないので、なぜやっていないのかが気になるからです。

□□■■

いくつかの理由が考えられます。単に忘れていた。他に急ぎの仕事があって後回しにしていた。Bさんの何らかの判断によりやらなかった。などです。「まだやっていません」という日本語は、厳密にいうと自分の意思でやっていないという意味合いがあるので、何かこの仕事に手を付けられない理由があるように聞こえます。もし作業の障害となるようなことがあるなら、それを取り除いてやるのが上司であるA部長の役割です。

□■□□

ここでA部長は「なんだ、忘れていたのか?」と聞きたいところをぐっと抑え、「何かできない理由があったのかな?」とやんわり聞きます。人徳のA部長と呼ばれる所以です。するとBさん。

「先週の金曜日は会議がありまして、いろいろ資料の準備が忙しくて・・」

なにやらごちゃごちゃと、どうでもいい説明を始めるBさん。

「でもその会議は午前中で終わったんでしょ?」

「あっ、はい、ですけど、その後△△の作業をやっておりまして」

「△△は1日じゃ終わらない作業でしょ、それに急ぐ仕事でもないんじゃない?」

「ああ、そうなんですね?」

□■□■

「『そうなんですね?』じゃないよ、それは前に説明したじゃないか。「そうなんですね」なんていわれると、まるで私が今はじめて言ったみたいじゃないか。

ここらへんでA部長の人徳の殻が崩れ始めます。

□■■□

この会話、大いに無駄な会話でした。Bさんが一言、「忘れていました、すみません。すぐやります」と言えば済むところを、A部長はストレスを感じながら回りくどい会話をしなければならないし、Bさんは一生懸命余計な言い訳に時間を使い、揚句に感情的なもつれまで生んでしまっています。

□■■■

今、プライベートで仕事を頼んでいる人も、何か質問しても自分の行動の内容や相手の様子などのシチュエーションを延々と説明し始めます。それも同じことを何度も。その仕事がいつ終わるのかと聞いているのに、「来週の火曜日に担当者にちゃんとアポを取ってありますから、書類をそこで受理してもらいます。○×申請書と、△□図面とをA部署に提出して、それとは別に□●※という書類も作りB部署に提示しますので・・・・」という感じ。

■□□□

あなたがお昼休みに入った中華料理屋で、頼んだAランチが30分待っているのに出てきません。痺れを切らして店員にどうなっているのか聞くと、「今ちょうどニラを切っているところなんですが、それと一緒に餃子も焼いています。両方一緒にやらないと時間の無駄ですから一緒にやれることは一緒にしないとネ。他のお客さんのオーダーも入っているので、そちらが先ですとどうしてもお客さんのはその後にせざるを得ませんしね・・」

こんなことを延々としゃべられたら、やっぱりキレるでしょ?

■□□■

こんな人が、みなさんの身の周りにもいませんか?

皆さんにも身に覚えがありませんか?

私にも身に覚えがあります。

■□■□

社長である私は、別にみなさんより頭が優れているわけでもないし、逆に年を取っている分いろいろな点で衰えている部分もあります。私は自分でも忘れっぽいと言うことを自覚しているので社員に対してもあっさり言います「忘れてた、ごめん。」と。

■□■■

格好をつけて変な言い訳をするのはみんなの迷惑であり、社内の公害と言えます。だから、忘れていたら素早く「忘れていました」、間違えたら「間違えていました、すみません」というようにしましょう。どうしても言いたい言い訳はその後で言いましょう。

タグ

このページの先頭へ