イメージ画像

偽装社長

【2011年1月31日の朝礼でのスピーチより】

□□□□
以下は2008年6月に書いたスピーチのネタですが、そのまま話す機会を逃し未公開となっていたものです。このころは、食品を扱う有名会社の不祥事が社会問題になっていたころで、船場吉兆の産地偽装や食べ残しの使いまわし、赤福餅の製造年月日偽造、そしてミートホープ問題などが相次いで起きた時期でした。

スピーチのメモが途中で尻切れだったのですが、今回、関連した記事を新聞で見つけたので続きを付け足して発表します。

===「偽装社長(2008/6)」ここから===

□□□■
またまた牛肉の偽装問題が話題となっている。この手の事件は構図が単純で、登場する社長がユニークなのでマスコミの格好のネタになる。つまり、顧客をないがしろにして利益を追求する悪徳経営者とその被害者の客と従業員という、加害者と被害者がはっきりしていて誰にでもわかりやすいパターンである。これに対して政局ネタなどは、誰が正しくて誰が悪いとかいうような話ではないし、ニュースを見る側にもそれなりに勉強と理解力が必要なのでなかなか世間の耳目を集めることは難しい。

□□■□
それにしてもこのような事件が発生するたびにマスコミに報道される経営トップは実によく似ていると思うのは私だけだろうか。一見、いかにもやり手で仕事熱心だけれども、どこかうさんくさい、報道のされ方がそのようなストーリーなのでいたしかたないかもしれないが、今日は少し視点を変えて見てみたい。

□□■■
この手の事件の報道では、顔を隠した従業員がテレビの取材に答えて会社の内情を暴露するという、いつも見慣れた光景が映し出される。この構図は、悪徳ワンマン社長と、被害者に限りになく近い従業員、という二項対立のパターンである。しかし、この従業員たちは本当に被害者なのだろうか。

□■□□
現代は、今話題の「蟹工船」のように、会社に自由を奪われ無理やり働かされるといったアナクロな時代ではない。もちろん、社長に刃向えば職を失い、生活を脅かされるかもしれないが、労働者は基本的には様々な法的保護や社会的保護の下にあり、自分の倫理観に合わないような経営者の下で無理に働かなければならないという特殊な事情を抱えた人は極めて少数であろう。

□■□■
私が初めて就職した会社もワンマン社長が経営する中小企業であった。私はこの社長と何度も衝突し、最後は大喧嘩して辞めた口なのでこのような話をしている。
従業員がマスコミの取材に対して、「不正は社長の指示でやっていた、社長は常々自分の言うことを聞かなければクビだと脅していたので、我々は従うしかなかった。」といった証言であるが、これをそのまま「かわいそうだったね」と受け入れてよいのであろうか。

□■■□
マスコミから見るとこのような証言をしてくれる従業員は格好のネタ提供者なので同情的に扱うのは当たり前である。また、事件を視聴者に分かりやすい二項対立のパターンとするためにも従業員は被害者である方が都合がよい。

□■■■
もちろん、悪徳なワンマン経営者の肩を持つつもりはないし、そのような経営者のもとで働かざるを得なかった人たちには同情を感じるが、ここで言いたいのはそのような社長がなぜ平気でのさばるのかということである。さらに言うと、経営者の関係者や従業員はなぜ止めようとしないのか。従業員だったら社長の指示が社会正義に反していても従わなければならないとでもいうのだろうか。そんなことはないはずである。

■□□□
私は、テレビで得意げに社長や会社の悪行を述べ立てる従業員たちと、それを取り上げるマスコミに違和感を持つのである。そのようなことを今頃言うのであれば、それを上司や社長に訴えたのであろうか。もし諌めることもせず、普段は悪の片棒を担ぎながら、自分の大将が失脚したと見るや寝返って自分は被害者でしたという顔をするのであれば卑怯というしかない。これに対して、勇気を持って上層部に進言したが聞き入れられずに内部告発をする勇気ある従業員がいるのも事実であるが、それはあくまで少数であろう。

■□□■
この国は、いわゆる「善良なる被害者」に対して無批判で同情する風潮があるように思える。しかし、そうした風潮が、内には権利だけを主張して義務を果たさない国民を増やし、外には、自国の受けた被害を何百倍にも誇張して大騒ぎする国に対して腰砕けとなる国の姿勢を助長しているように感じる。

■□■□
多くの国民が、マスコミに踊らされることなく、批判を恐れずに自分の意見を言えるような国になれば、米国との開戦の時に軍部を暴走させることもなかったのではないか。自分の意見を自由に言える社会。多数派のヒステリック集団が少数意見を叩き潰すのではなく、まっとうな議論を展開できる風潮を作れないものだろうか。

===「偽装社長(2008/6)」ここまで===

とここまでが2008年のスピーチメモでした。そして、たまたま今日の新聞にその後の興味深い話が載っていました。主題としたミートホープの元常務A氏が最近になって話した内容です。(2011年1月8日の産経新聞より)

■□■■
A氏は1995年に入社して間もなく社長の偽装に感づいたそうですが、「不思議と罪悪感はわき上がらなかった」と話しています。そうした行為は業界全体で習慣的に行われていると思い、「うちだけじゃない」と感じ、販売した肉の品質にクレームをつけてきた取引先には自ら嘘をついてごまかしたそうです。A氏は自分が偽装に気づいていながらそれを追求しなかったのは、「自分が加担していることを認めたくなかったから。自分への評価を失うことへの恐れもあった」と正直に語っています。

■■□□
A氏はその後2006年に退社し、偽装を告発したことにより翌2007年にはミートホープの事業継続が不可能となりました。A氏に何があったのでしょうか。急に正義感が芽生えたのか、偽装がエスカレートしてついに堪忍袋の緒が切れたのか、はたまた社長といさかいを起こして復讐したかったのでしょうか。どれも違うようです。「正義感もひったくれもない」とはA氏の弁です。実は、他の従業員の内部告発の動きを察知したので、「このままでは自分も捕まってしまう。積極的に告発する姿を示す必要があった」というのが真相でした。

■■□■
もし偽装が発覚しなければ、この社長はこの後も活躍し続けて地元の名士として尊敬を集めていたかもしれません。そんなときにテレビが「地元で頑張るカリスマ経営者」などというタイトルで番組を作り、従業員に「社長をどう思うか」とインタビューしたら、「うちの社長は食肉のことなら何でも知っていて、お客様のため、従業員のため、地元のために私心を捨てて頑張っています。そんな社長は私たちの誇りです」などと答えていたのではないでしょうか。どこかの国とイメージがかぶりますね。

■■■□
A氏はことさら道徳観の欠如した人ということはなく、ごく普通の人だったと想像できます。前半(2008年のメモ)で、テレビのインタビューに答える従業員を別の角度からとらえて批判的に述べましたが、人間の行動というのはよほどのこだわりがない限りは多数派やブームに流されるものでしょう。スーパーのレジで今まで並んでいた列から抜け出して、空いている列に並び変えるようなもので、その人は何も責められるようなことはしていません。

■■■■
家からコンビニへ行くのに、通る道を右でも左でもいいやと思っている人に、「じゃあ車の通りの少ない左から行こうよ」と耳打ちすれば、無意識に左に行くでしょう。選挙などは同じ理屈で、何となく「自民党は長く続いて腐敗しているからフレッシュな民主党にしよう」、「2大政党制ってかっこいいじゃん」などというノリで政権交代が起ったような側面もあります。

多くの人はあなたを裏切るのではなく、流れに流されているだけなのです。

タグ

休み

客先直行のため、朝礼(スピーチ)はありませんでした。

タグ

2011年1月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

考えを捨てる

【2011年1月17日の朝礼でのスピーチより】

□□□□
ニュースでエレベーターの作業員の事故を報じていました。一人がエレベーターの昇降するピットで作業中に、もう一人が誤ってエレベーターを上昇させてしまい、降りてきた錘が作業員を直撃したというものです。誤操作を起こした作業員は「もう作業は終わったと思っていた」と話しているようですが、そこには思い込みというものがあったのでしょう。
ただ、思い込みといってもそこはプロの仕事ですから普段から安全管理教育は受けていたでしょうから、そんな単純なことではなく複合要因があったと考えられます。

□□□■
ただ、人の命がかかっているわけですから、誤動作させても押しつぶされないようにリジットラックのようなものをかませておくとか、インカムではなく無線LANなどによる音声と画像によるコミュニケーションが取れるようにしておけば未然に防げたかもしれません。

□□■□
何かであせっていたりすると、いつもの手順どおりにことが進まなくなるものです。このようなときにミスが起こり、事故を誘発します。人間、急いでいたり別のことに気をとられていたりすると、ちょっとした予測ができなくなります。つまりほんの2手先、3手先が読めなくなります。

□□■■
ある職人が、自分の興味のある仕事の話が舞い込んだことによりついついそれをどうやって作るかといった方面にばかり気が向いてしまい、実際にはまだ相談を受けたというだけの段階、つまりまだ受注をしていないのに物を作り始めてしまい、そのあとで話が流れてしまって泣きを見るということがあります。私の知人で二人ほどそういう事例がありました。一人はそれで会社に大きな損害を出しました。もう一人は、受注はしたもののさほどの予算は下りてこなかったのでもちろん赤字。それよりも、早とちりして自分勝手に物を作り始めたことにより一緒にプロジェクトに取り組んでいた仲間から顰蹙を買い、人間関係を壊してしまいました。

□■□□
他愛のない落ちものゲームで、落とす順番を考えないと高得点が得られないというものがあります。これが子供だましかと思いきや結構考えさせられます。落とせる色の組み合わせを見ているうちに、これはちょっとまとめてゲットできそうだと思うと反射的にそれを選んでしまいそうになります。もう少し別のパターンを考えなければいけないとはわかっていても、目の前の塊を落としたいという誘惑に判断が狂ってきます。人間の心理は以外に単純です。

□■□■
仕事の段取りでも同じです。本来の目的へ到達するための手段は色々あるのに、ひとつのものにはまり込んで多くの時間を消費してしまうのです。登山に例えると、頂上へ行くのが目的なのに、たまたま目の前に現れた沢を越えるのにこだわって、別ルートで登ることを検討しない(できない)で、結局そこで時間を無駄にしたために目的地に着けないのと同じです。

□■■□
うちの小3の長女も、テストをやるときに頭から順番にやり始めてどこかの問題で悩み始めます。すると、そこの問題を考えれば考えるほどわからなくなりパニックになり、結局ほかの問題が解けなくなります。つまり、近視眼的、視野狭窄に陥って全体が見えなくなっているのです。テストの目的は高得点を得ることですから、解けそうな問題からやればよいのに、目の前の問題から離れることができない、つまり捨てることができないのです。すぐには解けないやっかいな問題をライフワークと捕らえて、そこにすべてを捧げてしまうのは芸術家か哲学者のやることです。

□■■■
大切なのは、ちょっと手ごわいなと思ったときに冷静な自分に立ち戻り、自分のいる場所と目的地とを再確認して、この手法が効果的なのか、ほかの手段がないのかを検討することです。そして、ほかのルートがあるのなら、惜しいですが今取り組んでいる難しい問題は別の機会(趣味の時間)に取り組むことにでもして、あっさりと捨てることです。そのことについて考えることを捨てるのです。なんだか敵前逃亡みたいでいやですし、そこに山があるから登るのだというロマン派の人には許しがたい行為かもしれませんが、あなたが解決しなければならない問題は山積みなのです。時間は有限であり、人生はあっという間ですから、ひとつのどうでもよい課題にいつまでもこだわっている暇はないのです。

タグ

休み

成人の日でお休みです。

タグ

人生を考える

(いつも朝礼のスピーチは月曜日ですが、今日は仕事始めなので例外的に話をします)

□□□□
今日は1月4日、仕事始めです。

□□□■
正月を迎え、冬も真っただ中となりましたが、ついこの間まで暑い暑いと言っていたのに季節の移り変わりは速いものです。

□□■□
日本人はとかくお祭り騒ぎが好きで、キリスト教徒でもないのにクリスマスを祝い、正月になれば今度は神社やお寺に初詣。とかく節操がないと言われますが、そこには人間の、意識しないでいると時間という切れ目のない流れの中で、だらだらと生活してしまうという本質から、要所要所でけじめをつける意識が働いているように思います。

□□■■
日本は非常に四季がはっきりしており、きちんとした生活をしていないと生きていくことすらままならなくなります。まず冬になると食料の調達が困難となります。そこで、秋の収穫をため込んでおいてなんとか冬を越すことを考えます。そのために食料の備蓄が必要なります。すると保存するための食品加工技術、発酵技術などが発達します。

□■□□
冬を越せるだけの作物を得るためには、春の作付けから計画的にやっていかなければなりません。1年を無計画に過ごしていると冬を越せずに凍え死ぬか飢え死にするわけですから、一日一日を大事にして、定期的に数々のイベントをこなしていきます。二十四節気というものもこうした区切りといえます。

□■□■
こうして厳しい冬という試練を乗り越えていくところから知恵が発達し、文化も発達するわけです。お祭りというのもそうしたけじめの文化でしょう。

□■■□
そこへ行くと、赤道付近の国は1年中あったかであり、食料もいつでも手に入るし、外で寝ていても凍え死ぬことはありません。うらやましいですね。しかし、地球儀を見ていると文化というものが発達したのは気候的に厳しい場所に集中しているようです。

□■■■
日本よりもずっと厳しい気候条件の地域があります。中東の砂漠地帯などは、昼は焼け死ぬほど暑いのに、冬は凍えるほど寒くなるそうです。先日、古い映画で「アラビアのロレンス」を見ましたが、砂漠では日中の暑さにやられて死ぬことは珍しくなく、らくだも水分補給なしでは20日で死ぬそうです。このような土地だから、一神教の絶対的で強烈な宗教が発生するのかもしれません。

■□□□
太古のエジプトでは、ナイル川が氾濫し土地そのものが流されてしまうことがしばしばです。そこから、測量技術、数学、建築などの高度な文明が生まれたわけです。人間に困難が降りかかるからこそ、そこに知恵が発達し、文化も生まれるのです。今はやりの言葉で言うと、ピンチをチャンスに変えるとでもいうのでしょうか。

■□□■
世界はこの2年ほど未曾有の不況で苦しめられ、日本はさらにさまざまな悪条件が重なって会社の経営的にも非常に厳しい環境に置かれております。しかし、そうした経験をすればこそ新しい何かが生まれてくるものと信じております。

■□■□
皆さんも、人生の中で悪い運命にさいなまれることもあるでしょう。しかし、そうした時期があればこそ普段の何でもない生活のありがたさがわかりますし、ただ物質を消費して享楽的に行き当たりばったりの楽しみを追いかけるのではなく、苦しい経験をした時こそ人生を考える良いチャンスとしてほしいと思います。

タグ

このページの先頭へ