イメージ画像

知床

【2010年8月30日の朝礼でのスピーチより】
□□□□
8月27、28、29と北海道は道東地方へ行ってきました。
□□□■
初日は父の故郷である陸別町へ墓参り、夜は知床のウトロ、翌日は川湯温泉で宿泊しました。北海道は父の出身地なのでこれまで何度も行きましたが、知床へ行ったのは初めてでした。知床という名前だけは有名な歌で知ってはいましたが、行ってみるとその自然の素晴らしさに感動しました。
□□■□
20人ほどが乗れる遊覧クルーザーで2時間ほどかけて半島の西側の海岸線沿いを回るツアーに参加しました。知床半島の先のほうの陸地は山と密林で一般人は入れないので、観光客は船で回るのです。半島は断崖絶壁で沢山の滝や川がオホーツク海に流れ込んでいます。
□□■■
そんな風景を楽しんでいると、ガイドが「クマを発見しましたのでこれから近づいてみます」とアナウンスします。この船はヒグマを見ることができるというのが売りらしいのですが、私は別に見たいとも思っていませんでした。森の中をのそのそ這い回っているクマを見ても、動物園でみるとの同じでどうということはないだろうと高をくくっていたのですが、この考えはいい意味で裏切られました。
□■□□
「ほら、海岸線のところを見てください、茶色いクマが海沿いに歩いています」ガイドの指示する方角に目をやると、しばらくしてその姿を認めることができました。私はクマといえば森の中をうろつくものという「森のくまさん」そのままのイメージしかもっていなかったので意外でしたが、そこにいたクマは石ころだらけの海岸を海沿いに歩いており、時折海の中に入って水浴びをしていました。(と、その時は思ったのでした)
□■□■
こう暑いとクマも水浴びをしたくなるのか、と感心していると、そのクマの後ろにちょこちょことついてくる2頭の小熊が見て取れました。このクマは2頭の子連れ母熊だったのです。海から上がった母熊はしばらく身震いをしたりしてうろうろしていたかと思うとまた波打ち際まで来て立ち止り、そうかと思うと突然水しぶきをあげて海にダイビングしました。と、次の瞬間、口にマスを咥えて海からあがってきました。そうです。このクマは水浴びをしたかったわけではなく、小熊たちのために魚を取ろうとしていたのでした。
□■■□
遠くてよく見えませんでしたが、母熊は2頭の小熊たちに魚を与えてやり、それを目ざとく見つけて寄ってきたカラスや鷹から小熊を守っているような様子でした。こんなシーンを間近に見て、二人の子持ちの私もなんだかこの母熊に妙な仲間意識を感じました。この後も、独り者の別の熊が川が海に流れ込む間際の場所でマスを仕留めていました。意に反して、熊に大満足のクルーズとなりました。
□■■■
船から上がり、宿泊先のウトロへ向かう途中でマスが遡上している川を見に行きました。そこには驚くほど多くのマスがまるで軍隊の行進のように隊列を組んできれいに静止していました。実際は川は勢いよく流れているわけで、上から見ると静止しているように見えるマスは流れに逆らって懸命に泳いでいるのです。こうして、産卵のタイミングを見計らっているのでしょうか。
■□□□
また、別の場所では落差3メートルほどの滝を懸命に超えようと飛び跳ねているマスたちを見ました。マスは5秒から10秒おきにあちこちから飛び跳ねてその滝に突っ込んでいきますが、激しい川の流れに押し戻されてただの一匹もこの滝を超えることはできません。どうもその様子が無駄な努力のように見えてきてかわいそうになり、事業仕分けの女性議員ではないけれども、「産卵するのにそんな川上まで行かなくても、そこじゃだめなんですか?」と言ってやりたくなりました。
■□□■
熊にしても、マスにしても、懸命に自分の子孫を残そうと厳しい大自然の中で戦っています。こうした姿をみると、子育てまっただ中の私も何か同じ動物の仲間として感じられ、野生の動物たちとの間になにがしかのつながりを感じることができました。
蛇足
これからは、イクラを食べるときにはサケの遡上に思いを致し、大自然に感謝していただくことにします。

タグ

休み

所用により、マンデースピーチはお休みです。

タグ

仁義なき戦い

最近引っ越した家の近所にレンタルビデオ屋があるので、うちの子供達がよく利用しています。一緒に店内に入ってあれこれ見ているうちに、ついつい以前から見たいと思っていたヤクザ映画を借りてしまいました。

余りにも有名な「仁義なき戦い」シリーズです。これを見ると、戦後の日本で警察と政治家とヤクザがどのような利害関係で結びつき、現在の日本の社会にどのような形で影響を与えているかなど参考になります。
当時は、ヤクザといえども特攻で死んだ英霊に対してはきちんと敬う気持ちを抱いていたというのが、事実かどうかは知りませんが少しほっとさせてくれます。

しかし、私は人の顔や名前を覚えるのが苦手で、この手の映画は一度見ただけではどういう筋書きなのかが理解できません。登場する組とその親分や子分の名前
と顔がきちんと頭に残っていないと、ただ撃ち合ったり斬り合ったりしているなと言うだけで見終わってしまいます。今のところ、第1話と広島死闘編の2本を
それぞれ2回ずつ見て概ね話の筋が理解できました。

映画の中では、初登場の人物に「後の○○組
組長だれそれ」というテロップが出ますが、ほんの一瞬で憶えられません。昔は今と違ってビデオもDVDもないので映画館で見るしかなかったでしょうから、
そう何度も見るわけにはいかなかったでしょう。昔の人は記憶力が良かったのでしょうか。

タグ

日本の規制

【2010年8月16日の朝礼でのスピーチより】

□□□□
クラウドコンピューティングの台頭によりデータセンターの重要度がこれまで以上に高まっています。日本各地にデータセンターが置かれそれを国内ユーザが利
用しているとなんとなく考えているかもしれませんが、通信インフラを流れるデータトラフィックの4割ほどが海外のサーバからのデータであるという報告が示
す通り、実際はかなりのユーザが意識しているかどうかは別として海外のデータセンターを利用しているのです。

□□□■
なぜこれほど海外のサーバに依存する割合が高いかというと、その大きな要因としてコストの問題があります。データセンターと言えば地震や災害のリスクを減
らすためにそれなりの立地条件が求められますが、ただでさえ地価の高い日本でそのような土地を求めるのは諸外国と比べて大きなハンデとなります。

□□■□
また、データセンターではシステムに安定した電力を供給すると同時に、サーバをはじめとする様々な機器が発する熱を冷却するために膨大な電力を消費しま
す。しかし、電力の価格も他国に比べて場合により10倍もの価格差があるようです。これでは国内のデータセンターに国際競争力がともなうはずがありませ
ん。

□□■■
ところで、日本の企業が国際社会でグローバルな活躍をするうえで、様々な規制が障害となっているという話を良く耳にします。日本に生まれ育った我々にとっ
ては、規制と言われても元々その環境の中で暮らしているので、普段はなかなか意識することはありません。深海で暮らしている魚が水圧を感じないとの同じで
しょう。しかし、その実例を一つご紹介します

□■□□
以前、横浜市金沢にある地球シミュレータという施設を見学させてもらったことがあります。これは、例の事業仕訳でも話題になりましたが、処理速度世界一を
目指して特別に作られたスーパーコンピュータです。といっても、クレイリサーチ社のコンピュータのような筺体ではなく、ビルディングそのものがコンピュータシステムといえるような巨大なものです。地球シミュレータはかつて処理速度で世界一の座を誇っておりましたが、現在では後発の多くのシステムに追い抜か
れております。事業仕訳で脚光を浴びたのはこの地球シミュレータの次期システムです。

□■□■
地球シミュレータの中はそれこそ巨大なデータセンター施設で、案内された場所からは数百台のラックが置かれた広大なフロアを一望に見渡すことができました。そこから見るとコンピュータラックが独特な配置で置かれており、何か現代美術のような印象を受けました。

□■■□
案内してくれたのがNECの関係者であったせいか、特別に中のフロアにも入れてもらうことができました。そこで気づくのですが、床の下には床下というには
広すぎるもう一つ別のフロアがあり、そこには無数の配線が横たわっています。ケーブルが折り重なって何十センチもの高さにうずたかく積み重なっているので
す。これらの配線を変更するときはどうやって線を識別するのかと聞いたところ、張替が必要な時は新しいケーブルをその上からどんどん積み上げていくだけ
で、特に古いケーブルを撤去することはしないそうです。これだけ積み重なっていると、当然撤去のしようが無いのです。

□■■■
そのような配線専用のフロアですが、高さが1メートル半程度という中途半端な高さで、大人がその下で作業するためには常にかがんだ状態で行わなくてはなら
ない高さです。これにも何か意味があるのかと思って質問したところ、高さを大人が普通に立って作業ができる高さにしてしまうと、そこは建築上の1フロアと
して見なされるので、消火設備や空調設備を用意しなければならなくなり、コストやら何やらで大きな負担となってしまうので居住スペースとはみなされないよ
うに低い高さにしているということでした。

■□□□
つまりそこには消防法の壁がありやむなくそのような中途半端な高さにせざるを得なかったということです。元々消防法は普通のオフィスビルを前提に考えて作
られているので、こういったデータセンターのような特殊な建物には適応していないようです。こうしたことが効率のよいデータセンターの設計ができない要因
としてあるので、土地の問題、電力の問題のほかにも規制の問題というハンデが日本には存在するようです。

■□□■
欧米でうまくいったビジネスモデルを日本に持ってこようとしても、そのままでは日本の環境に適合しないし、適合させるにはコストがかかる。コストがかかる
とビジネスモデルが成立しない。ということで、日本でビジネスを行うのは大変であり、このような方の整備に時間がかかるようでは国際競争力をどんどんと
失っていくのは当然のことです。

タグ

健康診断

【2010年8月9日の朝礼でのスピーチより】

□□□□
先週、母が腸の手術をしました。健診の際に腫瘍が見つかったのでそれを内視鏡で取り除くという簡単な手術でしたが、放っておくと癌になる可能性が高いということで、医師の勧めに従い予防的な治療として切除することにしました。
実は今年の春にも脳のMRI検査で小さな動脈瘤が見つかり、手術で対処したばかりだったので、「健康診断をするたびに手術するような羽目になるから、健診を受けるのも良いことかどうか」とぼやいていました。

□□□■
まあ、母の場合は年齢も年齢ですし、これまで検診というものを受けた試しがなかったので、そんな気になるのもわからないではありません。
しかし、最近は有名人ががんの手術をして話題となることがいくつかありましたが、割と短い期間で社会復帰しています。これらは、いずれも検診で早期発見できたからこそだといえます。

□□■■
世の中には、検診など受けず、健康に気をつけていなくてもそこそこ平均寿命までは生きて、自然死のように亡くなっていく人がたくさんいると思いますが、実際はがんにかかっていてもそれが進行する前に寿命が尽きただけで本人も気づかずにいたというケースも多いと思います。

□■□□
しかし、皆が皆そのような幸運に恵まれるとは限りません。健診を受けて予防措置をしておけば、まだまだ頑張れたのにと悔やまれる人たちがたくさんいるのも
事実です。40代、50代という人生の盛りで脳卒中や癌などで身体に深刻なダメージを負い、残りの長い人生を本来のパフォーマンスの何分の一かしか発揮で
きずに生活せざるを得ない人もたくさんいます。この人たちの中には、もっと早い時期に健診を受けていればと悔やんでいる人も多いでしょう。

□■□■
健診を受ければすべての病気が予防できるというものではありませんが、受けることによりリスクをかなり軽減できることは確かですし、医学は確かに日進月歩です。早期発見できればがんもさほど恐ろしい病気ではないというのが医学界の常識のようです。

□■■□
しかし、国の検診についての取り組みには首をかしげざるを得ません。会社では、雇用主に対して社員の年に一度の検診を強制していますが、その内容はかなりいい加減なものです。だまっていると、ただX線をとり血液と尿検査くらいしかやりません。また、血液検査でもがんを見つけるための腫瘍マーカー検査などは
オプションで、こちらから別料金を払って指定しないとそこまでの検査はしてくれません。ようは、お仕着せの検査はかなりざるなチェックしかしないのです。
このようなことから、健診を受けても病気が見つからないなどと不信感を持たれるのでしょう。

□■■■
しかし、それでも会社に勤めていれば曲がりなりにも毎年検査を受けることになりますが、家庭の主婦にはそのような強制力が働かないので、何年も検査をしたことがないという人がかなりいるようです。私の家内も今年、ようやく十年振りに検査を受けたくらいです。

■□□□
ここ数年、国はメタボリック対策を強化して、男性は腹囲が85cm以上あると生活指導を受けるようになりました。これは、肥満を放置しておくと糖尿病にか
かる確率が高くなり、糖尿病になるとその患者に対して国が支払う医療費が莫大なものになるからです。国民医療費は増加の一途をたどり、保険制度が破たんす
るのを防ぐために予防医療に力を入れているのです。

■□□■
よくストーカー被害や児童虐待などが伝えられますが、警察は犯罪が起きて初めてそれに対処するという傾向が強いように思います。逆に犯罪を予防するという点では動きが鈍いです。医療に関しても同じようなことが言えると思います。

■□■□
国は国民に対してきちんと健康診断を受けさせるべきで、そのための費用も健康保険適用にすればよいと思います。また、一人ひとりの既往歴や年齢に応じて検
査も細かく医師が管理すべきです。そして、そのような健診をクリアした人には生命保険料もそれなりに安い価格で入れるようにすればよいのです。健診を受け
たくないという人には、それなりのリスクが潜んでいるとみて、保険料を高く設定すればよいでしょう。

■□■■
病気が発症(つまりリスクが顕在化)したときに治療にかかるコストに対して予防にかかるコストは10分の1で済むでしょう。そのようにすれば、国全体の医療費を下げることになると思います。

タグ

サイパン慰霊法要2010

【2010年8月1日の朝礼でのスピーチより】

今年もサイパンへ慰霊法要に行ってきました。7月28日から8月3日の日程ですが、私は現地での準備のために1日早く出発し、逆に早く(8月1日)帰ってきました。

昨年まではずっと中学校の教室で雑魚寝だったのですが、今回はサイパン市の取り計らいでホテルを取っていただいたので、ずいぶんと楽な訪問となりました。

ざっと現地での活動内容です。

参加者:小学、中学、高校生男女32名

・7月27日
深夜移動

<7月28日>
・現地での準備:市役所打合せ、宿泊場所確認、慰霊法要ルートの確認と掃除など
・深夜、本体を受入れ。

<7月29日>
・マリアナ連邦知事を訪問
・慰霊法要
・昼食の後島内観光
・サイパン市長を表敬訪問

<7月30日>
・アメリカンメモリアルパークにて記録映画鑑賞
・灯籠作り
・慰霊法要と灯籠流し

<7月31日>
・マニャガハ島にて海水浴
・ホームステイ送りだし

<8月1日>
・終日ホームステイ

<8月2日>
・ホームステイより帰着
・ショッピング
・サイパン市役所主催さよならパーティー

<8月3日>
・帰国

今回も大過なく無事に帰って参りました。関係者、参加者の皆さんお疲れ様でした。

タグ

このページの先頭へ