イメージ画像

打たれ弱いバイト学生

私は18から19歳の2年間、専門学校でハードウェアを中心としたコンピュータの勉強をしていましたが、同時にこの業界の会社でアルバイトを1年ちょっとやっていたので、多少の就業経験を持つことができました。

その会社はR社といって、遠心分離機の制御装置などを製作していたファーム、いわゆる組込み系を得意としていた会社です。私はここで、今から考えると貴重な体験をさせていただくことができました。

紙テープへのパンチ、ワイヤラッピング、フセン(字を忘れた)チェックなど、今の人が聞いても何のことか分からないでしょう。「阿部君、ちょっと調布へ行ってきてくれるかな?」と言われると、それは紙テープとEP-ROMを持って調布のROMライターを持っている会社へ出かけていき、紙テープの内容をEP-ROMに焼いてもらうと言う作業をしに行くことでした。いまでいうと、フラッシュメモリにデータをコピーするようなものですが、たったこれだけの事をするのに神田から調布までえっちらと出かけていった時代でした。

バイト先は最初、竹橋だったのですが、そのあと大塚に会社が引っ越し、蒲田から通うには山手線を一周する必要があり、学校が終わってから1時間掛けて通勤し、3時間ほど仕事してまた1時間掛けて帰宅するというなんとも効率の悪いバイトでした。しかも、時給は当時としてもかなり安めの480円でしたから、あまりモティベーションは上がりませんでした。

蒲田の工学院通りに370円で食べられる安いカツ丼屋があって、私はいつもここで大盛を食べていたので確か450円だったかと思います。1時間アルバイトしても一食分で消えてしまうと言うことに虚しさを感じていました。

そんなわけで、R社での私の働きはあまり芳しいものとは映らなかったようです。なぜなら、この会社では学生アルバイトをインターンのような位置づけとしており、これはという学生をリクルートするのが常だったのですが、私は一向に社員としてのお声はかからず、後からバイト生として入ってきた同級生が先に正社員として採用が決定したことからも明らかです。

R社はとても良い人たちばかりで、まだ会社というものを良く知らない私にはとてもユニークな人たちとして映りました。高校時代は寺で色々な大人と付き合いましたが、あまりに世間一般とかけ離れていたので、普通の会社の普通の人たちがとても新鮮に感じられたのでした。その中で、際立った個性を持った人がH部長でした。私より一回り年上の長髪で、見るからにジョンレノン命と言った感じの人でした。H部長はビートルズ、プレスリーあたりが好きだったようですが、私もそのあたりの音楽は好きだったのでよく話をしましたし、当時流行ったスネークマンショーのレコードを私が買うと、嗅覚の鋭いH部長はそれを聞かしてくれと私にねだったりしたものでした。

1980年の12月、バイトに出かける前に聞いたニュースでジョンレノンが射殺されたことを知り、それをR社に出勤したときに今日の話題的な軽い世間話のつもりで皆に話したとき、H部長は「嘘だろっ!」とすごい形相で私を睨んだので、その反応のすさまじさにこちらが驚いてしまいました。その後、会社中は大騒ぎになり臨時ニュースなどでそれが事実と知ると、H部長は絶句したまま放心状態になってしまいました。何か私がすごく悪いことをしたようで後味が悪かったのを覚えています。

しかしこのH部長、仕事では大変に厳しい人でした。物を聞くときにメモを持たずにいると怒られましたし、そのメモを家においてきたときには、「もう大人なんだから自分のものはきちんと管理しろ」と叱られました。その頃の私はやはり、指示待ち人間だったのでしょう。言われてもいないことはやらなくて当たり前と言う態度がH部長には気に入らなかったようで、仕事での私に対する風当たりはかなり厳しいものでした。

今考えると、H部長はバイトだからといった差別はせず、将来のことを考えて厳しく指導してくださったのでしょうが、こちらの考えとはかなりギャップがありました。まず、アルバイトの動機としては、単にお金を稼ぎたかっただけで、このバイトをする前に近所のパブのアルバイト募集に応募しましたが、酒を出す店で未成年は雇えないということで断られ、仕方なく学校の先生に相談したら紹介されたのがR社だったのです。だから、他の学生バイトのようにこの会社に正社員として入社するためのトライアルと言うような意識はまったくありませんでしたし、なにより時給が480円で通勤に1時間もかかると言うことでかなり嫌気がさしていたのでした。

R社では、アルバイト学生に対しては担当社員がいて、直接的な作業指示はこの担当から出るのですが、あるときその担当がやさしくて人当たりの良いMさんからH部長に代わったのです。H部長は、「これからは俺の流儀でビシビシやるぞ」と妙に気合が入っていました。そして彼の言葉通り、仕事でかなり厳しく指導されるようになりました。当時は基板のパターンを何倍かに拡大したものをトレーシングペーパーに印刷して、それを元に基板を起こすのですが、その配線のチェックをH部長と組んでやらされ、あれはどうなった、これはどうなったと怒鳴るように指示されたり詰問されたりしてかなり追い込まれました。自分としては、意図的に厳しく接してモノになるかどうか試そうとしていたと言う意図は感じられたのですが、なにせそれに応えるだけのモティベーションを持ち合わせておりませんでした。なんで時給480円でここまで言われなきゃならんのだと言う思いのほうが強かったのです。

そしてまもなく私はこのバイトを辞めたいと申し出ました。それを聞いたH部長は別に表情を変えることなく「ふーん」と言う程度でしたが、期待外れで残念に思っているのだろうなということはなんとなく私にも感じ取ることができました。そしてそれ以来R社の人たちとはご縁がありませんが、自分の中では複雑な思い出として今でも忘れられずにいます。

タグ

ハード屋さん

私が大手電機メーカのソフト開発子会社に出向していたときの話。

そのころ、一つの開発案件が始まると大概は半年から長いと1年以上かかりました。新規開発案件だと20人以上のチームとなり、元請メーカーの社員と我々外注社員が一体となって開発に当たります。設計も進んで試験フェーズが近づいてくると、工場の敷地内にある専用棟に実機あるいはマシンと呼ばれるコンピュータシステムが設置され始めます。当時はまだ操作パネルには16進のキーが並び、IBMカード、半径30cm程の磁気テープなどを使用するミニコンの時代でしたから、ラックマウントの筐体が2,3本、多いと10本以上も林立することになります。プリンタ1台が事務机よりも大きなサイズとなりましたし、磁気テープ装置だけでラックマウント1本分のサイズを必要としました。ですから、当時はマシンの納入といっても空調設備やフリーアクセスを備えたマシン室が必要で、そのためにビルディングを同時に建設することもあるほどでしたから、ハードウェアの存在感というのは今とは隔世の感があります。

これらのハードウェアは、ある日突然全てが設置されるわけではなく、それぞれの部品がそれぞれの事情で異なる納期で徐々に揃ってくるのでした。しかし、それもなかなか計画通りには納品されず、試験が始まってもやれ通信ボードが来ていないとか、磁気ディスクが届いていないといったことが発生します。それらは、単純に納期が遅れたものや、初期不良があったり、発注ミスなどの要因によるものでしたが、我々ソフト開発メンバーはハードウェアが揃わないと手も足も出ないので、ハードの納品状況には大変神経質になっていました。

その電機メーカーでは同時に色々な案件が走っていたので、デバッグ作業のためにマシン棟へ出かけていくと、日本全国、時には海外へ出荷される様々なマシンが通路の左右に居並んでいるのでした。マシン設置スペースの前面には、それがどの案件で顧客が誰で出荷日がいつといった看板が立っており、最初はガランとしたスペースだった自分たちの作業スペースに徐々にマシンが構築されていくのを見ていると、次第に気分が盛り上がってくるのでした。装置の量が多いほど大規模なシステムとなりますから、自分たちのマシンが隣のより賑やかだと優越感を感じたものです。

これらのマシンを設置するのは、ハードを扱う部署の所属の人たちで、我々ソフト開発チームとは同じ電機メーカーの中でも別会社になります。いつも腰に工具類の七つ道具を下げて、作業服は上下ぴっちり着込んでいたので、上着だけ作業服を羽織っている我々ソフトチームとはひと目で見分けがつきました。そして、彼らが床に座り込んで部品を組み立てたり、細かな調整をしているのを見ると、システムが徐々に完成していくんだなと心強く思ったりしたものです。しかしながら、私は外注でもありましたので、その人たちと直接的な交流はありませんでした。だからこれらの人は皆、ハードを面倒見るという同じ目的を持った「ハード屋さん」の一群だと思い込んでいたのです。

あるとき、部品の納期が遅れていて、デバッグ作業がなかなか進まずにイライラしているときがありました。ハードの納期遅れで迷惑を蒙るというのは日常よくありまして、先輩がハードの担当者にいつ納品されるのか聞いている姿も良く見かけました。そのような中、私がいつものようにマシン棟に出かけていくと、よく見かけるハードウェア部隊の一人がなにやら作業をしていました。彼は傍から見ても部下にとても優しい感じの、頼れるリーダーといった風でしたので、私も何気なく、「○×のパーツはいつ届くんでしょうか」と聞きました。すると、彼は「なぜ私にそのようなことを聞くんですか」と昂然と怒りだしたのです。もしかすると、私の口調が「納期遅れでこちらは迷惑しているんだ」といった非難のニュアンスがあったのかもしれませんが、よく知らない人にあえてそのようなことを聞くというのは、やはりそれだけ切羽詰っていたからだと思います。しかし、普段の彼の態度からは想像できないような勢いで怒り出したので、私は驚きすっかり動転してしまいました。

「なぜそのようなことを聞くのか」と問いただされて、他に言いようもなく「いや、部品が届かないとデバッグ作業が進まないので」などとしどろもどろに答えると、「私はハードの調達を担当しているのではありません」と切り返されます。「いや、てっきりハードの担当の方だと思い込んでいたものですから、組織関係をよく知らなかったもので申し訳ありません」と謝っても、「知らないのならきちんと教育を受けてください」と手厳しい。納期遅れのイライラを多少なりともスッキリさせようとして話しかけ、あわよくば納期の見通しとお詫びの言葉でももらえると思ったつもりが、すっかり形勢逆転でやり込められてしまいました。

彼がどういう部署の所属だったのか未だにわかりませんが、恐らく「品質保証部」というようなポジションだったのではないかと思います。ここで私が反省しなければならないのは、誰もが同じような格好をしているからと言って勝手にハードの担当者だと思い込んだことと、納期遅れを聞く相手を間違えたことです。彼は、この件について恐らく一番聞いてはいけない人だったのでしょう。もしかすると、納期遅れに苛立っていたのは私よりもむしろ彼の方だったのかもしれません。もし彼が「品質保証部」の人間だとすると、そういうことも十分考えられます。

人は自分を中心にモノを考えます、だから天動説が最初に考案されました。しかし、世の中は自分を中心に回っているのではないと言うことを自戒しなければなりません。狭い道路を歩いていると、こちらは十分に端に寄っているのに、あえて自分に向かってコースを取って対向してくる歩行者がいます。一瞬、わざとぶつかって因縁をつける気かなと思ったりしますが、実は後ろから車が来ていて、それをよけるにはそのコースしかないということが後から分かったりします。向こうからすると、車が来ているのに道を空けてくれない不親切な歩行者として私が映っているかもしれません。

自分の目に見えない部分には、とかく物事を単純化して考えがちですが、実はそこには複雑な事情があることが間々あります。ですから、自分の目に見えない部分にたいしては、「なんだか分からん理解しがたいもの」という固定観念を持つのは危険です。そのような先入観があると、相手もこちらを同様に扱います。見えない部分を全て理解することはできませんが、まずは敬意をもってその部分に接する態度が必要だと思います。
これは、夫婦生活でも同様ですね。

タグ

インターフェイステスト

前回はハードウェアとソフトウェアの担当部所間でのギャップについて話しましたが、今日も関連する話です。

以前に関わっていた道路関係のシステムでは、様々なシステム間でのインターフェイスが必要で、他組織のシステムとのやり取りもありましたし、同じシステムでも、その中には多くのベンダーが色々なシステムを納入し、それぞれのシステムがお互いに通信を行っていました。

その道路関係のシステムで現地調整をしていたときのことです。私はその日の仕事を終えて帰ろうとしていました。私はビルの3階にあるコンピュータルームで作業していましたが、仲間が5階で作業していたのでちょっと様子を見ようと思って帰り際に5階に立ち寄りました。

そこでは、私たちのチームのメンバー数名がなにやら深刻な様子で働いていました。明らかに何かトラブルが発生したようです。その日は私たちと、A社との間でインターフェイス試験をする予定になっていましたが、それがスムーズに進んでいないようでした。

私たちのチームはまだ経験も浅いメンバーが多く、放っては置けないのでしばらく状況を聞いて、私も全面的に応援することになりました。問題はTCP/IPによる通信がA社との間でうまく通らないということで、この手のトラブルは非常によくある話でした。

障害が発生したときというのは、大概はまず自分を疑うものです。このときもまずは自分たちの機能に問題がないか、基本的な部分から順を追って動作の検証をしていきました。全てが自分たちのシステム上だけで確認できれば良いのですが、通信のようなインターフェイス部分となると、どうしても通信相手の方にお願いしてデータを投げてもらわなければなりません。まだ20代と思えるA社の担当者(ここでは仮にBさんとします)は、明らかに自分たちは間違っていない、悪いのは私たちのシステムで、そのために遅くまで付き合わされて迷惑だといった様子が、イヤミな言動にありありと出ていました。

そのようなBさんの態度に私もむかっ腹が立ちましたが、それまでのいきさつを知らないので、おいそれと抗議するわけにも行きません。ひたすら下出に出て、「申し訳ありませんがもう一度テストデータを流してもらえないでしょうか」と何度もお願いをしました。露骨にいやな顔をしながらも何回かは対応してくれましたが、そのうちに「うちのマシンをデバッグに使おうとしているなー」とまで言うようになりました。そして、時間も遅くなってきたので本社の上司がA社の上層部とも交渉した結果、A社とのテストは明日に延期となりました。Bさんは、帰り際に「明日はつながることを祈っていますよ」と言い捨てて、先に帰りました。

さすがにこのヤローと思いましたが、この頃になるとかなり調査も進み、私は十中八九A社の問題だろうと思い始めていたので、逆にさっさと帰って欲しいと思っていました。そして、Bさんが帰ると、本当はこのようなことはいけないのですが、こっそりとA社のマシンの端末を叩いて、ネットワーク設定がどうなっているかを確認しました。すると、案の定ネットワーク設定が間違っていました。とても単純なミスでした。

この後私は、A社に対して、またBさんに対してもきちんと反論ができるストーリーを作りました。翌日私は別の場所で作業する予定だったので、仲間の若い技術者に申し送りをしておきました。元はといえばこの若い技術者がこの作業の責任者ですから、これだけ侮辱的な対応をされたのだから、きちんと証拠を突きつけて謝罪させろ、そして誠意が見られないようであれば、会社対会社でクレームを出すことも視野に入れろと、重ね重ね言い含めました。そして、どういう資料を提示して、どのように相手に非を認めさせるかという段取りを噛んで含めるように伝えたのですが、今一つ彼らには手ごたえが感じられませんでした。相手にバカにされて、悔しいとも思っていないようだったので、もっと怒れというようなことを言ったと思います。

それから数日後にその申し送りをしておいた技術者にどうなったか聞いたところ、翌日に遅刻をしてしまい、肝心の相手にはぎゃふんといわせる事もできなかったということでした。しかし、どうも彼の態度を見ていると、私一人がエキサイトしていたようで、彼らは別にどうとも思っていなかったようです。返って私が面倒な申し送りをしたことを迷惑がってすらいたように思えたので、私もそれ以上何も言わず、ただ脱力感を感じたことを憶えています。

とにかく、会社が別であろうと、仮にそれがライバル会社であろうと、仕事は助け合って行うべきで、Bさんのような態度はとるべきではないと思います。彼のような対応は天につばを吐くようなもので、いつか自分自身にツケが戻ってくることでしょう。

このシステムはかなり大規模なものだったので、その後も色々と開発の仕事がありました。そのなかで、ある改造作業が入ったときに、業務責任者が作業の切り分けをする際、マシンを境界として分割しようとしていました。これはよくある話で、物理的に分かれている部分で仕事を分割するのはとても自然なことでした。つまり、AというマシンはAチーム、BというマシンはBチームに開発させて、インターフェイス試験でAとBの接続テストをするというものです。

しかし、私はこれに反対しました。そのような切り分け方ではなく、システムAとシステムBとの通信部分だけを一つの機能として切り出して、1チームにやらせるべきだと主張したのです。そうでないと、システムの境界で非効率な作業が発生する、つまり2チームが同じことで悩むことになるのです。

かくして、言いだしっぺの私がその部分を担当することになりましたが、AシステムにもBシステムにも共通のAPIを提供する通信パッケージとして設計し、トラブルもなく完成を見ました。開発中は、A、Bどちらかで通信の問題があっても、各担当者はそれがどちらの問題かを検証する必要なしに私に報告すればよかったので、彼らも私の主張を理解してくれたと思います。

タグ

(休み)

現場直行が続いたため休み

タグ

このページの先頭へ