イメージ画像

食い物にされる人たち

先日、大学院にソフトバンクインベストメント(SBI)の北尾社長が来て講義をしてくれた。昨年も同氏の講義を聞いたが、そのときは人数も20名あまりと少人数だったので結構本音の部分を話されたように思う。対して今回は聴講する人数が多くメディアホールという大きな会場で行われたせいか、SB Iの企業戦略というようなオフィシャルな話であった。

しかし、北尾氏が昨年も今年も話題にしたのは日本のマスコミのひどさである。氏は細木何某という女占い師を引き合いに出して、このようないかがわしい人間をお茶の間に何度も登場させるテレビ局の姿勢を批判されていたが、私もこの手の胡散臭い人間は大嫌いで、たまたまテレビに映っていてもすぐにチャンネルを変えてしまう。しかし、テレビは視聴率さえ稼げればどんなに怪しい人間でも話題でも平気で電波に乗せ続ける。オウム真理教だって事件が発覚するまではマスコミが格好のネタにしていたのは記憶に新しい。先日の講義に出席したわれわれ学生の中には民放連の役員もいたので、北尾氏はそれを知ってか知らずか、テレビ批判を展開したのであるが私も常々サラ金のコマーシャルを平気で流し続けるテレビ局のありかたを批判しているので、大いに同感であった。

話は変わるが、なぜパチンコ店はあんなにうるさいのだろうか。それは景気のいい音楽を大音量で流すことによって人間の思考力を減退させることが目的だからである。もしもパチンコ店が静寂な場所であったら、今日一日何をすべきかとか、忘れていた買い物を思い出すとか、家に待たせている家族のことを思い出すとかして、長居をせずに店を出て行ってしまうであろう。そういったことを防ぐために馬鹿でかい音を出し続けるのである。これは、卵を産むことしか考えさせないようにしたり、早く肉として売れるように餌をひたすら食べさせたりするように仕組んだ養鶏所のようなものである。

軍隊が派手なマーチで士気を鼓舞するというのも、余計なことを考えずに皆が同じように行動することを促すという意味で、同様のやりかたではないだろうか。狭い店に押し込まれてでかい音で思考力を奪われ、財布の中を吸い上げられていくのであるから、その中にいる人間はもはや人間扱はされず、ただの獲物に過ぎない。

これはテレビでも同じである。朝から晩までくだらないバラエティー番組などを見ていると、あっという間に時間が過ぎてしまうだろう。その間、うんざりするほどのコマーシャルをインプットされることになる。うちの4歳の娘がごろ寝をして呆けたようにテレビを凝視していることがあるが、見ていてぞっとするものがある。人間は、食事も情報も選んで摂るようにしなければならない。受身でいると、収奪者のいいように食い物にされてしまうのである。うちの娘も「うざい」とか「なんてこった」などのような言葉を発するので驚いていたが、女の子向けの人気アニメ「プリキュア」が原因だということが最近わかった。

悪い言葉などは学校とかでいずれ覚えるものではあるが、子供向け番組にこういった言葉を無秩序に垂れ流すのはどう考えても大人が悪い。よく言われることであるが、「援助交際」というのもふざけた言葉である。本来はネガティブなイメージを持つ「売春」という言葉を使わなければならないのに、それを「援助交際」などと面白おかしいニュアンスの言葉でごまかすことなど、マスコミがすべきではないと思う。民放連あたりがそういった歯止めをかけるなり軌道修正するなりできないものだろうか。

本来マスコミというのは正しい情報をありのままに一般大衆に伝え、一人ひとりが自分で判断を下せるように促すのが目的のはずだが、いつの間にか大衆に迎合して受身でいても楽しめるくだらない情報を無秩序に垂れ流す脱力機関となってしまったようだ。このような現象は、本来人を正しく導く手助けをする小中学校の教師が、子供に媚びて仲良くしてもらおうと思ったり、子供と一緒になってあるいは先導していじめに加わったりという構図と酷似している。

人を自分の利益のために食い物にすることは卑しむべきことではあるが、人から食い物にされてもそうと気づかずにへらへらしているのもまた恥ずべきことである。しつこいようだが、物事を判断する目を自分自身で養っていかないと、他人に食い物にされて無様な人生を送る羽目になるということはしっかりと憶えておいてほしいのである。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 食い物にされる人たち
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ